Shopify Tax

Shopify Taxを使用すると、アメリカのお客様に商品を販売するアメリカのマーチャントは、最低の費用で最高度の物品税コンプライアンスを得られます。Shopify Taxを使用する場合、以下の機能を利用できます。

  • 物品税の納税義務に関するインサイトは、各州の税規制を正しく理解し、税金の徴収が必要な場所を特定するのに役立ちます。
  • 11,000以上の米国税務管轄区域内でお客様の住所に基づいて税金を徴収するために、非常に正確な税率計算を可能にする精密な計算技術を使用します。郵便番号に基づく計算が向上したことにより、地域によって異なる可能性がある税率をより正確に把握し、不正確な税計算によって追加費用が発生することを防げるようになりました。
  • 商品カテゴリーでは、確認、承認、修正が可能な各商品のカテゴリーを自動的に提案し、お客様の地域の税法規に基づいて、その商品に最も正確な税率が適用されます。
  • 高度な物品税レポート (2023年上旬に公開) を使用すると、絞り込み可能な販売データが提供されるため申告が大幅に簡単になり、各管轄区域に送信する準備のできたレポートを生成できます。

また、Shopifyの無料の従来の税務サービス (Basic TaxかManual Tax) のいずれかを選択できます。これらのサービスでは、自動化されたコンプライアンスのレベルが低く、税率を最新の状態に保ち、規制変更を監視するために、かなり多くの作業があなたの側に求められます。そのため、アメリカの管轄区域では、ビジネスがより多くの納税義務を負う可能性があります。アメリカの税務サービスのオプションと切り替え方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

Shopify Taxの価格

アメリカのすべてのストアでは、暦年ごとにアメリカのオンライン販売における最初の100,000米ドルに対して、Shopify Taxを無料で使用できます。2023年1月15日現在、この基準額を超えると、以下の手数料が適用されます。

  • スターター、Shopify Lite、ベーシック、スタンダード、プレミアムの各プランのストアで税金が計算される注文には、0.35%の計算手数料が請求されます。
  • Shopify Plusプランのストアで税金が計算される注文には、0.25%の計算手数料が請求されます。

Shopify Taxの手数料の支払い基準額

税の計算に手数料がかかるのは、ストアが1暦年で100,000米ドル以上を売り上げた場合に限られます。ストアの売上が100,000米ドルを下回る場合、手数料はかかりません。1暦年とは、1月1日から12月31日までです。

手数料の支払い基準額にカウントされるのは、発注元と配送先がアメリカ国内の注文から得られた売上です。たとえば、次のようなものがあります。

  • ギフトカードの売上
  • Shopでの売上
  • 非課税商品を含む売上
  • すべての決済ゲートウェイサービスでの売上
  • 売上に対する税金と配送手数料

POS販売は限界値のカウントに入りません。

Shopify Taxの手数料

手数料は、実店舗販売や税金を徴収していない州での売上には適用されません。さらに、以下の手数料上限額が適用されます。

  • 0.99米ドルの注文上限額です。注文の合計金額がどんなに大きくても、1回の注文あたり0.99米ドルを超えた請求は行われません。
  • 年間上限額は5,000米ドルです。1年間の売上額にかかわらず、年間5,000米ドルを超えた請求は行われません。

ストアの販売額合計が手数料の支払い基準額以上の場合、ストアでの取引のうち税金が計算されるものに対して手数料率が発生します。手数料は、税金の徴収が有効になっている州からの注文に適用されます。手数料の適用は、商品やお客様が非課税対象であるために注文に課税されない場合も対象となります。以下の場合は手数料が適用されません。

  • 税金を徴収しない州からの注文
  • POS注文
  • 発注元と配送先がアメリカ国外の注文
  • Shopify以外からインポートされた注文
  • ギフトカードで支払われた注文または注文の一部

この手数料は、Shopifyのサブスクリプション請求書で請求されます。お客様には請求されず、お客様の請求書に表示されることはありません。

アメリカの税務サービスのオプションに関して詳しくはこちらをご覧ください。

Shopify Taxを使用する際の考慮事項

Shopify Taxを使用して税金を計算できるのは、特定の取引だけです。Shopify Taxを使用して税の計算を実行できない場合は、登録に基づいた、精度がそれほど高くない計算機能を使用して税金が計算されます。詳細については、「アメリカの税金」または「登録に基づく税金の設定」を参照してください。

Shopify Taxを使用して税金を計算できるのは、以下の注文のみです。

  • 発注元と配送先がアメリカ国内の注文。
  • 次の決済方法を使用する注文。
    • クレジットカード
    • ギフトカード
    • 手動で支払い済としてマークされた注文

以下の場合には、Shopify Taxを使用して税金を計算できません。

  • 発注元がアメリカ国外の注文
  • 配送先がアメリカ国外の注文
  • 今すぐ購入して後で支払うことができるアプリを使用した注文
  • 税込価格の注文
  • 関連する商品や配送料の税の優先適用がある1つ以上の商品を含む注文
  • 課税対象外として設定されている1つ以上の商品を含む注文
  • 次の決済方法を使用する注文
    • POS
    • 銀行送金
    • 複数の決済方法
    • 後払い決済

このセクションにあるもの

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す