税務サービスを選択する

アメリカで税の設定をする場合、あなたのビジネスに最も適した税務サービスを選択できます。Shopify Tax、Basic Tax、Manual Taxのいずれかを選択して、チェックアウト時に税を計算してお客様から徴収します。使用する税務サービスはいつでも変更できます。

2023年1月15日から、Shopify Taxのみ新機能が搭載されて更新されます。Basic TaxおよびManual Taxのサービスは、継続的に利用でき、税率に関する更新は行われますが、新機能は搭載されません。

以下の表を確認して、ニーズに合った税務サービスを選択してください。

税務サービスの機能の概要
Shopify Tax Basic Tax Manual Tax
消費税の計算
税務登録を使用した自動税率計算
商品カテゴリーを使用した自動税率計算
商品カテゴリーの自動推奨
最高度に正確な税率
州納付金のサポート
タックスホリデー
Markets Pro
レポートとインサイト
税務レポート
納税義務に関するインサイト
高度なレポート (2023年公開)
免税と優先適用
B2B免税
お客様の免税
手動の税率優先適用
州の消費税が徴収されない州で税を徴収する

税務サービスを選択する

各税務サービスの機能と考慮事項を確認した後で、使用するサービスを選択できます。

手順:

  1. 管理画面から、[設定] > [税金と関税] に移動します。
  2. [アメリカ] をクリックします。
  3. [税務サービスを管理] をクリックします。
  4. 使用する税務サービスを選択して [保存] をクリックします。

ストアで税務サービスとしてBasic Taxを選択すると、2023年1月15日まで無料でShopify Taxの使用を継続できます。2023年1月15日以降は、Basic Taxに自動で切り替えられるか、選択する税務サービスによってShopify Taxの使用が継続されます。

登録に基づく税の徴収

マーチャントが納税登録を行っている州では、税が自動で徴収されます。

商品カテゴリーを使用した料金の計算

免税および修正は、商品カテゴリーに基づいて自動で計算されます。

商品カテゴリーの自動推奨

商品の商品カテゴリーは自動推奨されます

最高度に正確な税率

最高度に正確な税計算とは、郵便番号だけでなく詳細な住所に基づいて行われる税計算です。この機能はShopify Taxでのみ利用可能です。

州納付金のサポート

一部の州では、税に似た手数料を徴収しています。たとえば、コロラド州では、自動車を使用して配達される課税対象商品を含む注文には、0.27ドルの返金不可の小売配達手数料が課せられます。この機能はShopify Taxでのみ利用可能です。

タックスホリデー

特定の日付に適用される特別な税率が、自動的に計算されます。たとえば、テキサス州では、毎年8月5日から7日まで消費税が免除されます。この機能はShopify Taxでのみ利用可能です。

Markets Pro

Basic TaxまたはShopify TaxのみがMarkets Proに対応しています。Manual TaxではMarkets Proを使用することはできません。

税務レポート

このレポートを見ると、徴収した税額を確認できます。

納税義務に関するインサイト

配送先および販売先の場所に基づいて、自動推奨および納税義務が発生する可能性についてのインサイトが提供されます。

高度なレポート

高度な税務レポートには、徴収した税額に関する追加情報が記載されており、税務署に提出するのに役立ちます。

B2B免税

免税となったライセンス商品を販売できます。

お客様の免税

特定のお客様を免税対象として指定できます。

商品と配送に対する税の優先適用

商品に対する税の優先適用または配送に対する税の優先適用を割り当て、特定の税率を選択された商品または配送先の他の税計算より優先して適用します。優先適用は、Manual Taxを使用する場合に州レベルでのみ適用可能です。

州の消費税が徴収されない州で税を徴収する

定額税率が定められていない州で税を徴収できるようにします。たとえば、ニューハンプシャー州にいるマーチャントが、そこで準備されて消費される食品を販売する場合、9%の税率を適用しなければならない可能性があります。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す