外国の関税と輸入税を徴収する

国外に配送する場合、お客様は荷物を受け取る際に追加の関税と輸入税を請求される場合があります。

関税と輸入税を管理する方法の選択肢は、国際貿易条件またはインコタームズと呼ばれます。以下は、最も頻繁に使用される2つのインコタームズです。

  • 関税持ち込み渡し条件 (DDP)。この条件では、商品が越境したときに支払わなければならない輸入の費用 (VATや関税など) が存在する場合、売り手が費用を負担する責任を負います。チェックアウトプロセス中にこれらの請求に対する支払いを徴収することができます。DDPインコタームが適用可能な場合、DDPインコタームに則ることで、お客様に商品の合計価格を提示し、配送の遅延を防ぐのに役立ちます。
  • 仕向け地持ち込み渡し条件 (DAP)。仕向け地持ち込み渡し (関税抜き) 条件 (DDU) とも呼ばれます。この条件の場合、売り手は商品の配送にのみ責任を負い、輸入の費用 (VAT、関税、決済手数料など) についてはお客様が配達時に支払いの義務を負うことになります。前もって関税が支払われていない場合、配送業者によっては配達時に関税を徴収するための追加料金を請求することがあります。そのため、DAP (またはDDU) インコタームに則った場合、お客様は追加料金の請求をされる可能性があります。

お客様が追加料金を支払わなくてもよいようにするため、チェックアウト時に該当する関税と輸入税を請求できます。これにより、配送業者は関税と輸入税の請求書を後で発行し、お客様から徴収した料金で支払いを行うことができます。

チェックアウト時に関税と輸入税を徴収する

ストアが次の要件を満たしている場合、ストアのチェックアウト時に関税と輸入税を徴収できる場合があります。

  • プレミアムまたはShopify Plusのプランを契約している
  • Shopify Shipping以外の配送サービスを使用する
  • Shopifyフルフィルメントネットワークを使用しない
  • 商品にHSコードが適用されている

beta版プログラムの詳細については、Shopify サポートにお問い合わせください。ストアがbeta版プログラムを利用する要件を満たしていない場合、外部アプリを使用して関税と輸入税を計算することができます。

チェックアウトで関税と輸入税の徴収を有効にした後、DDP配送ラベルを印刷して、関税と輸入税がお客様によってすでに支払われていることを示すことができます。配達のインコタームとして商業送り状にDDPを表示するようにしてください。関税がかからない注文を配送する場合でも、DDP配送ラベルを使用し、商業送り状にDDPを表示して、お客様が追加料金に対して責任を負わないようにしてください。

チェックアウト時の関税と輸入税の徴収に関する留意事項

チェックアウトで関税と輸入税を徴収する前に、次の留意事項を確認してください。

Shopifyの他の機能との互換性

  • チェックアウトのカスタマイズの内容によっては、関税と輸入税の徴収の設定に影響が及ぶ可能性があります。チェックアウトをカスタマイズした場合は、関税と輸入税の機能を有効にする前に、カスタマイズの内容をよく確認してください。

税金の設定

  • 関税と輸入税の機能で、税の優先適用や手動設定の税率は考慮されません。税の優先適用や手動設定の税率がある場合、自社の地域内での販売にのみ適用されます。国際販売の優先適用や手動設定の税率は、関税と輸入税の機能により上書きされます。
  • 関税と輸入税の機能を有効にしてから無効にすると、以前の税金の設定が復元されます。
  • 関税と輸入税の徴収は、税金の設定に影響する可能性があります。 - ストアで登録に基づく税金を使用している場合、国外の注文に対するVATや物品税などの税金の徴収は、その国や地域の関税と輸入税の徴収を有効にしている場合にのみ行われます。国外の注文に対して、その国や地域の税金を徴収する必要がある場合は、関税と輸入税の徴収も有効にする必要があります。このような国や地域に対してDDU/DAPインコタームに則った配送を行う場合、税務登録は使用されません。
    • ストアでロケーションに基づく税金を使用している場合、国外の注文に対するVATや物品税などの税金は徴収されません。関税と輸入税の徴収に、手動で入力された税率は適用されません。

配送要件

  • チェックアウト時に関税と輸入税を徴収する場合、国や地域の設定にはDDPまたはDAP/DDUのいずれかしか使用できません。同一の国や地域の購入者に、両方のインコタームを使用することはできません。
  • Shopify ShippingではDDPをサポートしていません。
  • すべての配送業者がDDP配送ラベルをサポートしているわけではありません。特定の配送先にのみ対応している業者もあります。配送業者に連絡して、DDP配送ラベルに対応しているかどうかを確認してください。
  • その他の国配送エリアでは、関税と輸入税を徴収できません。ある国や地域で関税と輸入税を徴収するには、既存の配送エリアに追加するか、新しい配送エリアを作成します。
  • Shopify フルフィルメントネットワークではチェックアウト時の関税と輸入税の徴収をサポートしていません。

関税と輸入税の見積もり

  • お客様が注文を行ったときの最新情報に基づいて、関税と輸入税の請求額が見積もられます。関税の支払いに間違いがあった、またはHSコードが不正確であったなどのさまざまな理由により、追加の関税が請求される場合があります。
  • 仲介手数料と支払い手数料は関税と輸入税の計算には含まれません。配送業者との契約に免除された支払い手数料が含まれていない場合は、その手数料の金額を商品価格または配送料に追加することを検討してください。

関税と輸入税の請求をサポートしていない国と地域

関税と輸入税の請求は、次の国と地域ではサポートされていません。これらの地域では関税と輸入税を徴収できません。

アフリカ

  • カーボベルデ共和国 (CV)
  • スーダン共和国 (SD)
  • 南スーダン共和国 (SS)
  • ソマリア連邦共和国 (SO)

南極大陸

  • サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島 (GS)

アジア

  • イラク共和国 (IQ)
  • シリア・アラブ共和国 (SY)
  • 東ティモール民主共和国 (TL)
  • トルクメニスタン (TM)

欧州

  • 北アイルランド (XI)
  • ロシア連邦 (RUS)

オセアニア

  • ミクロネシア連邦 (FM)
  • マーシャル諸島共和国 (MH)
  • パラオ共和国 (KM)

北アメリカ

  • サンピエール島およびミクロン島 (PM)
  • プエルトリコ自治連邦区 (PR)

南アメリカ

  • ブラジル連邦共和国 (BR)
  • フォークランド諸島 (FK)

チェックアウト時に関税と輸入税を徴収する

関税と輸入税の徴収を有効にすると、国外の注文に関税と輸入税が課されます。フルフィルメントのロケーションがある地域からの注文は対象ではありません。

手順:

  1. 商品に配送元の地域とHSコードを追加します。
  2. 管理画面から、[設定] > [税金と関税] に移動します。
  3. [関税と輸入税] セクションで、[設定] をクリックします。
  4. 関税と輸入税を徴収する国と地域にチェックを入れます。
  5. [設定] をクリックします。

価格

  • Shopify ペイメントを使用しているストアで関税と輸入税が計算されている注文に対しては、0.85%の取引手数料が適用されます。
  • その他の決済サービスを使用しているストアで関税と輸入税が計算されている注文に対しては、1.5%の取引手数料が適用されます。

関税と輸入税が計算されているすべての注文には、計算後の税額がゼロの場合でも取引手数料が適用されます。次の場合は、取引手数料が請求されることはありません。

  • ストアが所在している場所と同じ国や地域に配送される注文。
  • EU加盟国内に配送される注文。
  • カゴ落ち。

関税の計算

注文ごとに、配送先、各商品の配送元の国、各商品のHSコードに基づいて関税と輸入税が計算されます。

商品にHSコードがない場合は、商品タイプを指定するようにしてください。注文の商品にHSコードまたは商品タイプが含まれていないと、国や地域からの注文で関税と輸入税を徴収するように設定した場合でも、関税と輸入税は計算されません。

無料商品の関税の計算

お客様に無料商品やサンプルを提供したり、Xを購入するとYをプレゼント (BOGO) セールを実施したりすると、荷物の一部のアイテムにかかる関連費用は実際には0です。関税と輸入税を計算する際、アイテムの申告金額を0ドルとすることはできません。2個目または3個目のアイテムが無料になる、Xを購入するとYをプレゼントのディスカウントの関税と輸入税の計算では、すべてのアイテムの費用がすべてのアイテムに均等に分割されます。たとえば、1着のシャツが100ドルで2着目のシャツが無料の場合、関税と輸入税を計算するために、シャツはそれぞれ50ドルと表示されます。また、荷物に無料の商品またはサンプルが複数含まれている場合、無料アイテムは1ドルと表示され、荷物の他のすべての商品から1ドルが均等割で差し引かれます。たとえば、荷物にアイテムが5個含まれており、そのうち1個が無料の場合、無料アイテムは1ドルと表示され、注文に含まれる他の4つのアイテムの価格から0.25ドルが差し引かれます。

関税と輸入税の対象となる注文

すべての注文が関税と輸入税の対象となるわけではありません。多くの国では、関税と輸入税を課す前に、最低注文金額である非課税基準が適用されます。

たとえば、メキシコまたはアメリカからカナダに配送される商品には、商品の価値が150カナダドル (CAD) 以上の場合は関税が課され、商品の価格が40ドル以上の場合は輸入税が課されます。配送先の国や地域の非課税基準額が不明な場合は、その国または地域の税務当局のウェブサイトを確認するか、お近くの税務専門家に相談してください。

チェックアウト時の関税と輸入税の徴収を有効にした場合に考慮すべき作業

チェックアウト時の関税と輸入税の徴収を有効にした場合、以下の作業を検討してください。

DDP配送ラベルを購入して使用する

チェックアウト時の関税と輸入税の請求を開始した後、国外の注文には、通常の配送ラベルではなくDDP配送ラベルを購入して使用する必要があります。通常の配送ラベルを使用している場合、チェックアウト時に関税を請求していても、お客様は配達時に関税と税金を請求されてしまいます。つまり、お客様は関税と輸入税の支払いを2回行うことになります。

関税が国外の注文に対して徴収された場合、注文の詳細に関税項目が含まれます。DDPラベルを購入する前に、国外の各注文で関税と輸入税が徴収されていることを確認してください。関税がかからない注文品を配送する場合、DDP配送ラベルを使用して、お客様が追加料金に対して責任を負わないようにすることができます。チェックアウト時にエラーが発生した場合は、関税と輸入税が徴収されていない可能性があります。その際には通常の配送ラベルを使用する必要があります。

商業送り状を作成する

国際注文には商業送り状が必要です。配送業者のウェブサイトで、配送業者が提供するデジタルの商業送り状に記入できます。注文によっては、以下のいずれかの方法で商業送り状を処理する必要があります。

  • 注文で関税と輸入税が支払われている場合は、関税と輸入税が支払われたことを示すために商業送り状の引渡し条件をDDPとマークします。
  • 注文で関税と輸入税が支払われていない場合は、商業送り状の引渡し条件をDDUまたはDAPと表示して、関税と輸入税がまだ支払われていないことを示します。

配送ポリシーと通知を更新する

チェックアウト時の関税と輸入税の徴収を有効にした場合は、配送ポリシー通知テンプレートを更新し、お客様が国際販売に関するポリシーと請求を確認できるようにしてください。

[設定] > [法務関連] に移動して、管理画面で配送ポリシーを更新します。

デフォルトの [注文の確認][注文の返金] メールテンプレートを使用している場合、メールは自動的に更新され、[関税] 項目が含まれようになり、変更をする必要はありません。[注文の確認][注文の返金] メールテンプレートをカスタマイズした場合、コードを通知テンプレートに追加して、[関税] 項目を追加できます。

フラッシュセールに向けて準備する

フラッシュセールを実行する場合は、セールが完了するまで関税と輸入税の徴収を無効にすることを検討してください。セール中に関税と輸入税を徴収することにした場合、セール商品にHSコード、配送元の国や地域、および商品タイプが指定されていることを確認してください。セール商品のこれらのフィールドが入力されるようにすると、関税と輸入税の費用を見積もるうえで役立ちます。

返金を管理する

関税と輸入税の返金処理方法は自由に決めることができます。

関税と輸入税の返金を行う場合は、以下の点を念頭に置いてください。

  • まだ発送済みでない注文を返金する場合は、関税を返金できます。
  • すでに発送済みの注文を返金する場合は、関税と輸入税をお客様に返金できます。DDPラベルの購入にかかった費用が配送業者から返金されることはありません。

注文に対する異議申し立てを未然に防ぐには、全額を返金することが唯一の方法であるということを念頭に置いてください。

外部アプリを使用してチェックアウト時に関税と輸入税を計算する

ストアがチェックアウト時に関税と輸入税を請求する要件を満たしていない場合は、Shopify アプリストアの外部アプリを使用して、チェックアウト時に注文に対する関税と輸入税の見積もり額を表示できます。これらのアプリでは、商品の配送元の国や地域およびHSコードなど、商品の詳細を使用して関税と輸入税を計算します。外部アプリを使用すると、定期的な手数料や取引手数料を追加で請求される場合があります。

手順:

  1. 商品に配送元の国または地域とHSコードを追加します。
  2. 関税と輸入税を計算するアプリをShopify アプリストアからインストールします。

一部のアプリでは、追加の設定手順が必要な場合があります。設定のサポートが必要な場合は、Shopify アプリストアのアプリページを参照するか、アプリの開発者にお問い合わせください。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す