ドイツのTSEコンプライアンス

2021年4月1日以降、ドイツのすべての小売マーチャントは、ドイツの新しいKassenSichV規定に準拠する必要があります。この規定は、実店舗販売を行い、キャッシュ決済が可能なデジタルキャッシュレジスターを持っているドイツのすべてのマーチャントに適用されます。マーチャントは、この規定に基づいて、監査目的のため、電子キャッシュレジスターをテクニカルセキュリティシステム (TSE) に接続する必要があります。

Shopify アプリストアのTSE (KassenSichV) アプリを使用すると、TSE規定の遵守に役立ちます。月額のサブスクリプション料金については、TSE (KassenSichV) アプリでは、財務関連のすべてのストア内取引を外部のクラウドストレージロケーションに保存します。外部のクラウドストレージソリューションは、サードパーティのコンプライアンスサービスプロバイダーであるFiskalyが提供します。

TSE (KassenSichV) アプリに税務情報と関連する小売店のロケーションを設定した後、監査目的で税務当局が要求するTSEデータをエクスポートできます。

認定

TSE (KassenSichV) アプリは準拠したソリューションであり、認定済みのTSEをサポートしています。

サブスクリプション価格設定

マーチャントは、ストアのロケーションごとに月額9米ドルのサブスクリプション料金を支払います。この料金は、POS ProまたはPOS Liteのサブスクリプション料金に追加されます。

請求額は、インストール日に基づいて、Shopify アプリストアの請求システムを通じて請求されます。

チェックアウトと返金用にShopify POSを統合する

TSE (KassenSichV) アプリは、Shopify POS Lite、Shopify POS Pro、Shopify Plusのマーチャントに対応しています。TSE (KassenSichV) アプリとの統合を有効にするには、POSアプリを最新バージョンに更新する必要があります。

次の制限が適用されます。

  • TSE (KassenSichV) アプリではPOS Classicをサポートしていません。
  • AndroidデバイスのShopify POSはサポートされていません。

小売店のロケーションでTSEサポートが有効になっている場合、TSE情報がお客様のレシートに印刷されます。最新のShopify POSでサポートされているレシートプリンターを使用できます。

小売店のロケーションで、TSE (KassenSichV) アプリを利用可能なiOSデバイスと統合する権限を許可すると、ストアのレジスターで、該当するTSE情報が記載されたレシートを印刷することができます。

TSE (KassenSichV) アプリをインストールする

Shopify アプリストアからTSE (KassenSichV) アプリをインストールできます。

  1. [TSE (KassenSichV) アプリ] ページに移動します。
  2. [アプリを追加する] をクリックします。Shopifyアカウントにログインしていない場合は、ログインするよう求められます。
  3. [アプリをインストール] をクリックします。

TSE (KassenSichV) アプリを設定する

TSE (KassenSichV) アプリをインストールした後、VAT IDと税番号 (TIN) を入力する必要があります。

  1. 管理画面で、[アプリ管理] をクリックします。
  2. [TSE (KassenSichV)] をクリックします。
  3. [TSEを設定する] をクリックします。
  4. [VAT ID][税番号 (TIN)] を入力し、[次へ] をクリックします。
  5. 返金や交換を含む小売取引を行うすべてのストアロケーションを選択し、[確認] をクリックします。
  6. [サブスクリプションを承認] ページで、サブスクリプションの請求額と請求頻度を確認します。
  7. [サブスクリプションを承認] をクリックして、サブスクリプションを確定します。

TSE (KassenSichV) アプリの設定を変更する

必要に応じて、VAT IDと税番号 (TIN) を変更できます。

  1. 管理画面で、[アプリ管理] をクリックします。
  2. [TSE (KassenSichV)] をクリックします。
  3. [設定] をクリックします。
  4. [税IDセクション] で、[VAT ID][税番号 (TIN)] を更新します。
  5. [保存] をクリックします。

有効なロケーションを管理する

TSEコンプライアンスエクスポートで使用する、有効なストアロケーションのリストを管理できます。返金や交換を含む小売取引を行うすべてのロケーションを有効にする必要があります。

  1. 管理画面で、[アプリ管理] をクリックします。
  2. [TSE (KassenSichV)] をクリックします。
  3. [ロケーション] セクションで、[TSEを管理する] をクリックします。
  4. ストアのロケーションを選択および選択解除して、有効なロケーションを追加または削除します。サブスクリプション請求額は、ストアのロケーションごとに表示されます。
  5. [保存] をクリックします。
  6. [サブスクリプションを承認] ページで、サブスクリプションの請求額と請求頻度を確認します。
  7. [サブスクリプションを承認] をクリックして、サブスクリプションを確定します。

TSE (KassenSichV) アプリを使用してTSE情報をエクスポートする

監査目的で税務署が要求するTSEデータをエクスポートできます。エクスポートしたTSEデータはメールで届きます。

手順:

  1. 管理画面で、[アプリ管理] をクリックします。
  2. [TSE (KassenSichV)] をクリックします。
  3. [TSEデータをエクスポート] セクションで、エクスポートする日付範囲を選択し、[適用] をクリックします。
  4. [エクスポート] をクリックします。

DSFinV-Kエクスポートの情報をエクスポートする

監査目的で税務署からTSEデータを要求された場合、DSFinV-K (Digitale Schnittstelle der Finanzverwaltung für Kassensysteme) エクスポートのTSEデータをエクスポートできます。エクスポートしたTSEデータはメールで届きます。

手順:

  1. Shopify POSアプリで、[≡] > [設定] をタップします。
  2. [接続されたハードウェアを管理する] をタップし、デバイスを選択します。
  3. DSFinV-Kエクスポートの横にある [ハードウェアの詳細] 画面で、[エクスポートを開始する] をタップします。
  4. エクスポートする正しい期間とメールアドレスを選択します。
  5. [エクスポート] をタップします。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す