ドイツのTSEコンプライアンス

2021年4月1日以降、ドイツのすべての小売マーチャントは、ドイツの新しいKassenSichV規定に準拠する必要があります。この規定は、実店舗販売を行い、キャッシュ決済が可能なデジタルキャッシュレジスターを持っているドイツのすべてのマーチャントに適用されます。マーチャントは、この規定に基づいて、監査目的のため、電子キャッシュレジスターをテクニカルセキュリティシステム (TSE) に接続する必要があります。

Shopify アプリストアのTSE (KassenSichV) アプリを使用すると、TSE規定の遵守に役立ちます。月額のサブスクリプション料金については、TSE (KassenSichV) アプリでは、財務関連のすべてのストア内取引を外部のクラウドストレージロケーションに保存します。外部のクラウドストレージソリューションは、サードパーティのコンプライアンスサービスプロバイダーであるFiskalyが提供します。

TSE (KassenSichV) アプリに税務情報と関連する小売店のロケーションを設定した後、監査目的で税務当局が要求するTSEデータをエクスポートできます。

認定

TSE (KassenSichV) アプリは、まだ全面的に認証されたソリューションではありません。私たちは、全面的な認証を取得するために、当社の外部サービスプロバイダーであるFiskaly GmbHと連携しています。Fiskalyは一部の認証 (ISO 27001およびCSP-L認証) しか取得しておらず、2021年3月31日までに認証を完了することはできません。個々の納税者は、管轄の税務署に問い合わせ、現在のところ2021年4月1日に設定されているコンプライアンスの期限の延長申請を提出することをおすすめいたします。申請の提出について詳しくはこちらをご覧ください。

サブスクリプション価格設定

マーチャントは、ストアのロケーションごとに月額9米ドルのサブスクリプション料金を支払います。この料金は、POS ProまたはPOS Liteのサブスクリプション料金に追加されます。

請求額は、インストール日に基づいて、Shopify アプリストアの請求システムを通じて請求されます。

チェックアウトと返金用にShopify POSを統合する

TSE (KassenSichV) アプリは、Shopify POS Lite、Shopify POS Pro、Shopify Plusのマーチャントに対応しています。TSE (KassenSichV) アプリとの統合を有効にするには、POSアプリを最新バージョンに更新する必要があります。

次の制限が適用されます。

  • TSE (KassenSichV) アプリではPOS Classicをサポートしていません。
  • AndroidデバイスのShopify POSはサポートされていません。

小売店のロケーションでTSEサポートが有効になっている場合、TSE情報がお客様のレシートに印刷されます。最新のShopify POSでサポートされているレシートプリンターを使用できます。

小売店のロケーションで、TSE (KassenSichV) アプリを利用可能なiOSデバイスと統合する権限を許可すると、ストアのレジスターで、該当するTSE情報が記載されたレシートを印刷することができます。

TSE (KassenSichV) アプリをインストールする

Shopify アプリストアからTSE (KassenSichV) アプリをインストールできます。

  1. [TSE (KassenSichV) アプリ] ページに移動します。
  2. [アプリを追加する] をクリックします。Shopifyアカウントにログインしていない場合は、ログインするよう求められます。
  3. [アプリをインストール] をクリックします。

TSE (KassenSichV) アプリを設定する

TSE (KassenSichV) アプリをインストールした後、VAT IDと税番号 (TIN) を入力する必要があります。

  1. 管理画面で、[アプリ管理] をクリックします。
  2. [TSE (KassenSichV)] をクリックします。
  3. [TSEを設定する] をクリックします。
  4. [VAT ID][税番号 (TIN)] を入力し、[次へ] をクリックします。
  5. 返金や交換を含む小売取引を行うすべてのストアロケーションを選択し、[確認] をクリックします。
  6. [サブスクリプションを承認] ページで、サブスクリプションの請求額と請求頻度を確認します。
  7. [サブスクリプションを承認] をクリックして、サブスクリプションを確定します。

TSE (KassenSichV) アプリの設定を変更する

必要に応じて、VAT IDと税番号 (TIN) を変更できます。

  1. 管理画面で、[アプリ管理] をクリックします。
  2. [TSE (KassenSichV)] をクリックします。
  3. [設定] をクリックします。
  4. [税IDセクション] で、[VAT ID][税番号 (TIN)] を更新します。
  5. [保存] をクリックします。

有効なロケーションを管理する

TSEコンプライアンスエクスポートで使用する、有効なストアロケーションのリストを管理できます。返金や交換を含む小売取引を行うすべてのロケーションを有効にする必要があります。

  1. 管理画面で、[アプリ管理] をクリックします。
  2. [TSE (KassenSichV)] をクリックします。
  3. [ロケーション] セクションで、[TSEを管理する] をクリックします。
  4. ストアのロケーションを選択および選択解除して、有効なロケーションを追加または削除します。サブスクリプション請求額は、ストアのロケーションごとに表示されます。
  5. [保存] をクリックします。
  6. [サブスクリプションを承認] ページで、サブスクリプションの請求額と請求頻度を確認します。
  7. [サブスクリプションを承認] をクリックして、サブスクリプションを確定します。

TSE (KassenSichV) アプリを使用してTSE情報をエクスポートする

監査目的で税務当局が要求するTSEデータをエクスポートできます。

  1. 管理画面で、[アプリ管理] をクリックします。
  2. [TSE (KassenSichV)] をクリックします。
  3. [TSEデータをエクスポート] セクションで、エクスポートする日付範囲を選択し、[適用] をクリックします。
  4. [エクスポート] をクリックします。
  5. TSEエクスポートデータがメール送信されます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す