CSVファイルによる在庫のエクスポートまたはインポート

ロケーションの在庫数量が含まれる在庫CSVファイルをエクスポートできます。エクスポートしたCSVファイルをテンプレートとして使用して、在庫数量を更新することができます。次に、CSVファイルをインポートして、Shopifyの各ロケーションにおける各商品の在庫数量を更新することができます。

在庫をエクスポートする

在庫CSVファイルをエクスポートして、そのロケーションまたは指定したロケーションの固有識別商品や商品バリエーションが含まれるテンプレートを作成したり、他のシステムやプロセスで使用するために在庫数量をエクスポートしたりすることができます。

複数のロケーションがある場合、すべてのロケーションのデータをエクスポートするか、特定のロケーション1か所のデータをエクスポートするか指定できます。

手順:

  1. [商品管理] > [在庫] に移動します。
  2. [エクスポート] をクリックします。
  3. エクスポートする行と、1か所のロケーションまたはすべてのロケーション (ロケーションが複数ある場合) からエクスポートするかを指定します。
  4. [在庫をエクスポートする] をクリックします。

在庫数量を更新する

CSVファイルをエクスポートしてテンプレートを取得した後、ファイルの在庫数量を更新する必要があります。

CSVファイルには、商品の識別に役立つ複数の列が、在庫のCSVファイル形式で記載されています。複数のロケーションを使用するようにストアを変換する場合、ロケーションの列のみを編集してください。

手順:

  1. エクスポートされたCSVファイルをスプレッドシートプログラムで開きます。

  2. 在庫を更新しないロケーションの列がCSVファイルに含まれている場合、そのロケーションの列全体を見出しも含めて削除します。

  3. 残っているロケーションの列の数量を更新します。各行に入力する数値は正数、負数、あるいは0となります。またNot stockedと入力し、商品がそのロケーションに保管されていないこと表示できます。

  4. CSVファイルを保存します。

在庫をインポートする

在庫をインポートする前に、正しいファイル形式でCSVファイルが作成されていることを確認してください。

ロケーションの数量を更新しない場合、そのロケーションの列を、列見出しとともにCSVファイルから削除してください。

インポート処理では、在庫数量のみが更新および上書きされます。ロケーションが作成されたり、商品を識別する値が更新されることはありません。

在庫数量をインポートすると在庫データが上書きされるため、進行中の販売や手動変更などの他の在庫調整が行われていない場合にのみ在庫をインポートしてください。

手順:

  1. [商品管理] > [在庫] に移動します。
  2. [インポート] をクリックします。
  3. CSVファイルを選択します。
  4. [在庫をインポートする] をクリックします。
  5. インポートする内容を確認し [インポートを開始] をクリックします。

在庫CSVファイル形式

在庫CSVファイルには、あなたのロケーションや指定したロケーションの商品や商品バリエーション、在庫数量を固有に識別する情報が含まれています。Shopifyで使用する他のCSVファイルと似ていますが、列が異なります。

在庫量をインポートする場合は、次の列を持つCSVファイルを作成する必要があります。

  • Handle - ハンドルは各商品固有の名前です。文字、ダッシュ記号、数字は使用できますがスペースは使用できません。ハンドル名は各商品のURLで使用されます。
  • Title タイトル列はオプションです。それを含めると、値を空白のままにすることができます。
  • Option1 Name 商品にオプションがある場合は、その名前を入力します。例えば、Color。商品にオプションがない場合は、Titleに設定する必要があります。
  • Option1 Value - 商品にオプションがある場合は、その値を入力します。例えば、Black。オプションがない商品の場合は、Default Titleに設定する必要があります。
  • Option2 Name - 上記と同様ですが、空白のままにしても構いません。
  • Option2 Value - 上記と同様ですが、空白のままにしても構いません。
  • Option3 Name - 上記と同様ですが、空白のままにしても構いません。
  • Option3 Value - 上記と同様ですが、空白のままにしても構いません。
  • SKU - SKU (最小管理単位) は、在庫を追跡して売上を報告するために社内で使用できるコードです。SKU列はオプションです。SKU列を含める場合、値は空白にできます。正確な在庫追跡と在庫報告を行うために、一意のSKUを追加する必要があります。
  • HS Code - HSコード (統計品目番号) 列は、海外のお客様向けに関税や税金を見積もる際に使用されます。この列はオプションです。これを含めた場合、値を空白のままにすることができます。
  • COO - COO (配送元の国または地域) の列は海外のお客様の関税金額と税金を見積もるために使用します。入力できる値は、ISO 3166-1 alpha-2の国コードです。この列はオプションです。この列を含める場合、値を空白のままにすることができます。
  • <Name of location> - 列名で指定されたロケーションの在庫量。

バリエーションを特有のものとして識別するには、HandleOption1 ValueOption2 Value、またOption3 Value列の値を指定します。

在庫CSVファイルは正しい形式で、.csvのファイルの拡張子が付いている必要があります。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す