Inventory management basics

在庫管理では、原材料、コンポーネント、完成品など、ビジネスの在庫を監視します。このガイドでは、在庫を効果的に管理するための戦略と作業方針を紹介します。

在庫の管理と監視は、管理画面の [在庫] ページから行います。

在庫の販売サイクルを理解する

在庫を適切に管理するには、販売サイクルを理解する必要があります。過去の販売データを分析すれば、パターンを把握して今後の売上を予測することができます。

在庫の販売サイクルとは、ビジネスにおいて、在庫を受領してからその在庫を最終的なお客様に販売するまでのプロセス全体を指します。このサイクルには、在庫の受領、保管、管理、販売の各段階が含まれます。サイクルは、新しい在庫アイテムごとに繰り返されます。

商品ページの商品在庫分析バーでは、在庫の管理、補充、計画に役立つ、商品在庫に関する指標を確認できます。在庫分析の使用方法の詳細はこちらをご覧ください。

アイテムの在庫に関する一般的な販売サイクルには、以下のような各段階が含まれます。

  1. 調達:ストアで需要のある商品を特定し、その商品をサプライヤーに注文して調達します。
  2. 受領と検品:在庫の品質と数量を検査し、注文内容と合致していることを確認して、相違や損傷がある場合はサプライヤーに報告します。
  3. 保管:種類と要件に基づいてアイテムを保管します。在庫の損傷や紛失を防ぐため、在庫を適切に保管することが重要です。
  4. 在庫管理:管理画面の [在庫] ページで在庫レベルを管理して、ストア内の各アイテムの数量を追跡します。アイテムを分類してSKUを設定し、在庫記録を定期的に更新します。
  5. 販売:お客様が注文を行うと、在庫の商品がお客様に販売され、在庫レベルは管理画面で自動的に更新されます。
  6. 配達:商品を梱包してお客様に配送します。顧客満足度を維持するには、商品を迅速に発送し、信頼できる配達サービスを利用してください。
  7. 再注文:販売データと現在の在庫レベルに基づいて、商品をいつ再注文するか決定します。Shopifyでストア在庫の分析機能を使用すると、販売率を把握して売上を予測できます。
  8. お客様のフィードバックと返品の管理:お客様のフィードバックを収集し、返品や交換に対応します。お客様からのフィードバックは、今後の在庫計画にも役立ちます。

在庫管理の方法

適切な商品を適切なタイミングで提供できるようにすると同時に、費用を最小限に抑えてお客様の需要を満たすには、さまざまな方法があります。

適切な在庫管理の方法は、ビジネスモデル、商品の種類、需要の変動、サプライヤーの信頼性など、さまざまな要因に応じて決定します。多くの場合は、複数の方法を組み合わせて在庫管理を最適化します。

以下の表で、在庫管理に使用される一般的な方法の概要を確認してください。

在庫管理の方法
方法 説明
経済的発注量 (EOQ) EOQは、最も費用対効果の高い注文数を計算する方法です。その目的は、在庫の注文と保管に関連する費用を最小限に抑えることです。この方法により、在庫保管の費用と注文の費用のバランスを取ることができます。
ジャストインタイム (JIT) JIT方式は、生産プロセスで必要になった商品のみを受領することにより、効率を高めて無駄を減らし、在庫維持費用を削減することを目的としています。正確な予測および信頼できるサプライヤーとの連携が不可欠です。
ABC分析 この方法では、在庫を重要度に基づいて3つのクラスに分類します。「A」のアイテムは販売頻度が低い高額商品、「B」のアイテムは販売頻度と価格が中程度の商品、そして「C」のアイテムは販売頻度が高い低額商品です。これにより、最も価値のある商品の管理に集中することが可能になります。詳しくはこちら
安全在庫 安全在庫とは、市場需要の変動や供給遅延に対応するため、余分に確保しておく少量の手持ち在庫のことです。これにより、在庫切れを防ぎ、顧客満足度を維持することができます。
永久在庫管理 この方法では、販売や購入が行われるたびに在庫記録を継続的にリアルタイムで更新します。在庫管理ソフトウェアを使用することにより、正確な在庫数の把握を自動化できます。
先入先出法 (FIFO) FIFOは、最初に生産または入荷されたアイテムが先に販売、使用、処分される、在庫評価の方法です。これは生鮮品の取り扱いで特に重要ですが、一般に、アイテムが古くなったり劣化したりすることを防げるため、あらゆるタイプの商品に対して有効な方法です。
ドロップシッピング ドロップシッピングは、ストアが、販売する商品の在庫を保管しないフルフィルメントの方法です。代わりに、ストアが商品を販売する際は、そのアイテムを外部サービスから購入し、お客様に直接配送してもらいます。この方法によって、在庫を管理する必要がなくなります。
委託販売 委託販売の場合、商品は荷受人に配送されますが、その商品の所有者は、販売されるまで荷受人 (サプライヤー) になります。この方法を採用する小売業者は、販売する在庫分のみの費用を支払うので、リスクを軽減できます。

在庫確認を行う

記録と手持ちの在庫数が一致していることを確かめるため、在庫は定期的および物理的に確認します。在庫確認は在庫調査とも呼ばれ、物理的な商品を扱うすべてのビジネスにおいて必要不可欠な作業です。正確な在庫管理は、ビジネスを成功させるうえで重要であり、お客様の需要を満たす十分な在庫の確保、盗難や紛失などの問題の把握と防止、在庫計画に欠かせない重要情報の入手に役立ちます。

以下は、在庫調査プロセスの基本的な手順です。

  1. 計画:在庫調査をいつ誰が行うか、およびどのエリアまたはアイテムに関して在庫をカウントするかを決定します。カウント中に販売が処理されて記録の不一致が生じないよう、在庫調査は多くの場合、閑散期か営業時間外に実施するのが最適です。
  2. 整理:在庫が適切に整理されていることを確認します。すべてのアイテムにラベルを付け、カウントしやすいように整理します。アイテムは、タイプ別やロケーション別、またはビジネスに適したその他の方法で整理します。
  3. ツールの用意:在庫管理用のツールやソフトウェアを使用して、プロセスを合理化します。ペンと紙、スプレッドシート、専用の在庫管理ソフトウェアなどを使用できます。バーコードスキャナーを使用すると、プロセスをスピードアップし、エラーを減らすことが可能です。
  4. カウント:各アイテムを注意深くメモし、数量を記録します。通常、このプロセスは2人で行うことが推奨され、1人はカウント、もう1人は記録を担当します。保管エリア、ショップの店舗内、オフサイトのロケーションなど、在庫が保管されている可能性のあるすべての場所を確認します。
  5. 再カウント:確認のため、2回目のカウントを実施します。このプロセスは、カウントした数量とシステムに記録した数量が一致しないアイテムに関して特に重要です。
  6. 記録の更新:カウントの実施と確認が完了した後は、在庫記録を更新して新しい数量を反映させます。
  7. 分析:在庫調査の結果を在庫記録と比較します。深刻な不一致がある場合は、考えられる原因を調査します。盗難、損傷、紛失、購入記録や販売記録の間違いなどの問題が表面化する場合があります。
  8. 定期的な調査:在庫を定期的に確認します。在庫確認の頻度は、ビジネスのタイプと規模によって異なります。一部のビジネスでは、総合的な在庫調査を1年に一度行い、高額アイテムについてはより頻繁に小規模な調査を実施しています。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す