ABC在庫分析

一般的に、ビジネスではたった数点の商品が収益の大部分を占めることがよくあります。一方で、その他の商品はめったに注文が入らず、不要な倉庫管理費用、メンテナンス費用、広告費用などが発生している可能性があります。これにより、本来ならストアに費やせるキャッシュが無駄になっているかもしれません。また、別のタイプの商品として、売上の一部を占めているものの、その後一時的にトップセラーになったり、全く売り上げが出なかったりと変動がある商品もあります。

このような結果は、システムのアウトプットの大部分が少量のインプットによって行われている複数の領域で見られます。これは、一般的には8対2の法則、またはパレートの法則と呼ばれます。

在庫管理において、ABC分析はこの法則を使用して商品を3つのシンプルなカテゴリーに分類し、どのビジネスの取り組みに重点を置くべきか優先順位を付けやすくします。ストアがスタンダードプランまたはそれ以上に加入している場合は管理画面の商品別のABC分析にアクセスできます。ストアがBasic ShopifyまたはShopify Liteプランに加入している場合は、Shopify アプリストアから、ABC分析を使用したレポートアプリをダウンロードできます。

概要

ABC分析では、商品を以下のクラスに分類します。

  • Aクラス: トップセラーの商品で、ご自身の収益の80%を占めています。
  • Bクラス: ご自身の収益の15%を占める商品です。このカテゴリーの商品は、時折AクラスまたはCクラスに移動する場合があります。
  • Cクラス: ご自身の収益の5%を占める商品です。

Aクラスの商品は、最も重要な商品と見なされます。

アプリケーション

最も注意を払うべき商品は、Aクラスの商品です。これらの商品は、ご自身の収益の大部分を占めるものであり、これらの商品の在庫が不足すると、売上を著しく損ねてしまう可能性があります。これに対し、Cクラスの商品の在庫を必要以上に抱えたり、在庫の確保に関心を払いすぎてしまうと、不要な保管費用を被ることがあります。

Aクラス商品向けの戦略

Aクラスの商品はご自身の収益の80%占める、ベストセラーの商品です。これらの商品については、以下の戦略を適用することを検討してください。

  • 損害や盗難を避けるために、Aクラスの在庫には他の商品より強力な管理と保護を実施します。
  • 常に手持在庫を確保します。Aクラスの在庫にはバックアップの在庫を用意し、在庫がなくなる前に十分な期間を確保して再注文します。
  • マーケティングコンテンツやキャンペーンでは、Aクラスの商品が目立つようにします。

Bクラス商品向けの戦略

Bクラスの商品は、収益の中程度の割合を占める商品です。これらの商品はAクラスとCクラスの間で変動することがよくあります。一般的には、Aクラスの商品ほど価値が高くないものの、時折AクラスやCクラスに移動する商品について注意を払うようにします。

これらの商品については、以下の戦略を適用することを検討してください。

  • 常にBクラスの手持在庫を確保します。再注文は、在庫切れになる直前に新しい在庫が届くようなタイミングで行います。
  • Bクラスの商品をAクラスの商品にバンドルするか、Aクラスの商品のアドオンとしてプロモーションを行います。
  • 時折Aクラスに移動する商品について、Aクラス向けの戦略を使用することを検討します。
  • 時折Cクラスに移動する商品について、Cクラス向けの戦略を使用することを検討します。

Cクラス商品向けの戦略

Cクラスの商品は、収益のごく一部を占めるものです。多くの場合、これらの商品は「死んだ」または「動きの遅い」在庫と見なされることがあります。ただし、それでも売上の一部を占めており、完売してしまうと結果的にカスタマーエクスペリエンスが下がるかもしれません。在庫を処分してカタログから商品を削除したほうが、収益性が高くなる場合があります。

これらの商品については、以下の戦略を適用することを検討してください。

  • Cクラスの在庫をディスカウント価格で販売し、完売後にカタログから商品を削除します。
  • Cクラスの在庫を他の購入商品に無料で追加し、販売を後押しします。
  • Cクラスの在庫を慈善団体に寄付します。
  • Cクラスの在庫注文回数を少なくする、またはギリギリのタイミングで注文し、倉庫管理費用を削減します。
  • Cクラスの在庫注文を停止します (ご自身のビジネスで収益確保以外の役割を果たす場合を除く)。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す