カゴ落ちへのリカバリーメールに自動ディスカウントを適用する

カゴ落ちへのリカバリーメールに自動的にディスカウントを適用することができます。カゴ落ちをディスカウント価格ですばやく完了できるように、決済情報を入力するだけの事前入力されたカートをこのメールでお客様に送信します。

開始する前に

カゴ落ちへのリカバリーメールのディスカウントを設定するには、以下の手順に従ってください。

  1. 提供するプロモーションのタイプに応じて、割合クーポンコードまたは金額クーポンコードを作成します。

  2. クーポンコードを作成するときに、そのクーポンコードにつけた名前をWelcomeBackのようにメモしておきます。ディスカウントを作成するときに、クーポンコードに名前を割り当てます。

  3. カゴ落ちへのリカバリーメールが、チェックアウトページで思いどおりに設定されていることを確認します。

カゴ落ちへのリカバリー通知を編集する

手順:

  1. 注文下で [カゴ落ち] をクリックします。

  2. 以下を含む行を探します。

<td class="button__cell"><a href="{{ url }}" class="button__text">Items in your cart</a></td>

{{ shop.url }}を含む行:

  1. 以下のコードスニペットをコピーします。
{% if url contains '?' %}{{ url | append: '&discount=ABC' }}{% else %}{{ url | append: '?discount=ABC' }}{% endif %}
  1. コードスニペットを貼り付けて、{{ url }}を置換します。

  2. 以下を含む行を探します。

<td class="button__cell"><a href="{{ shop.url }}" class="button__text">Items in your cart</a></td>

{{ shop.url }}を含む行:

  1. 以下のコードスニペットをコピーします。
{% if shop.url contains '?' %}{{ shop.url | append: '&discount=ABC' }}{% else %}{{ shop.url | append: '?discount=ABC' }}{% endif %}
  1. コードスニペットを貼り付けて、{{ shop.url }}を置換します。

  2. 上記の例にあるABCを、WelcomeBackなどのクーポンコードに置き変えます。

  3. [保存] をクリック

これで、カゴ落ちへのリカバリーメールすべてには、discount=ABCで終わるURLが含まれ、そのディスカウントが自動的にチェックアウトに適用されます。適切に適用するには、クーポンコードを設定していることを確認してください。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す