データプライバシー

Shopifyでは、マーチャントとそのお客様のプライバシーは最高レベルに設定されます。Shopify Audiencesを使用する場合、マーチャントとそのお客様のデータプライバシーは保護されます。

以下の手順は、マーチャントとそのお客様がデータを管理できるようにし、データの安全性を確保するためのものです。

Shopify Audiencesのデータの安全性を確保するために必要な手順
手順 詳細
法令順守 アメリカとカナダのShopify Plusマーチャントが現在利用できるShopify Audiencesは、カリフォルニア州消費者プライバシー法 (CCPA) など、地域の適用されるプライバシー法をマーチャントが順守できるように構築されました。
匿名データとハッシュ化されたオーディエンス オーディエンスを生成すると、オーディエンスに含まれるお客様情報は、ハッシュ化されてから、マーケティングプラットフォームに送信されます。マーケティングプラットフォームでは、ハッシュ化された情報とハッシュ化されたオーディエンスを比較します。ハッシュ化された両方の情報が一致すると、目的のオーディエンスに広告を配信できます。
参加の選択 Shopify Audiencesアプリを追加し、データ提供を有効にすることで、お客様データをShopify Audiencesのネットワークに提供するかを選択できるようになります。データ提供はいつでも無効にできます。
参加の秘匿 ビジネスの機密情報を保護するために、どのストアがShopify Audiencesを使用しているかは、ほかのストアから分からない設定になっています。マーチャントが他のマーチャントの顧客ベース全体でオーディエンスを作成することはできません。
ネットワークへの提供 どの時点においても、各マーチャントが、Shopify Audiencesのお客様プール全体に対して5%を超える情報を提供することはありません。これにより、単一のオーディエンスのリバースエンジニアリングを行ってお客様リストを作成することができなくなります。
情報のリクエスト お客様は、自分の情報がどこで誰に共有されているかを知ることができます。お客様から求められた情報は、お客様に提供されます。
情報の消去 お客様がオプトアウトをリクエストした場合など、お客様の個人情報を削除すると、ストアがオーディエンスネットワークに提供したデータからもその情報が削除されます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す