フラッシュセール

フラッシュセールを使用すると、短時間で大量の商品を販売できる可能性が大いにありますが、チェックアウトの大幅な増加が予想される場合、ある程度の準備が必要なことがあります。ほとんどの場合、特別な準備が推奨されるのは、フラッシュセールを実行しており、数分以内に数万人のお客様がチェックアウトを始めることを予想している場合に限られます。

たとえば、Shadiには通常、1日あたり1万人の訪問者と100件の注文が来ます。フラッシュセールを実行して、24時間の間に5万人の訪問者と1000件の注文を予想します。この場合には、販売のための特別な準備は必要ありません。後日、Shadiのビジネスは大手ネットワークで特集され、この特集を活用してフラッシュセールを企画することにします。かなりの需要の増加と、何万人ものお客様が在庫に殺到し、補充しても数分で在庫が売り切れるという状況が見込まれます。これは大幅な増加であり、フラッシュセールを円滑に進めるための準備が必要です。

事前に計画する

事前準備が必要なほど多数の注文がフラッシュセールで発生すると判断した場合、できるだけ早く準備を開始する必要があります。適切な場合は、時間を確保するため、何週間か前から準備を開始してください。

プレビュー商品を準備する

フラッシュセール中に販売する商品のプレビューを提供する場合、イベントが始まったときにセールで実際に提供するものとは別に、固有のプレビュー商品を作成します。在庫がある商品をオンラインストアに公開すると、お客様はこれらの商品でチェックアウトを完了できます。一部のテーマ変更により、カートに追加するアクションを非表示にできますが、お客様が購入しないようにするためにこの機能を使用すべきではありません。

国際販売向けの商品情報を確認する

国外でも販売を行なっており、関税と輸入税を徴収している場合は、セールが完了するまで関税と輸入税の徴収を無効にすることを検討してください。セール中に関税と輸入税を徴収することにした場合、セール商品に次の情報が含まれていることを確認してください。

販売商品のこれらのフィールドに記入すると、関税と輸入税費用の見積もりを計算するのに役立ちます。商品にHSコードまたは商品タイプが記入されていない場合、その商品の関税と輸入税は計算されません。

ブランドのパスワードページを作成する

外部サービスの技術的な問題により、お客様へのサービスに悪影響が及ぶ場合、問題の悪化を防ぐためにストアフロントをロックすることをおすすめします。パスワードページを有効にすると、新しい訪問者はあなたのストアで新しいチェックアウトを作成できませんが、チェックアウトプロセス中のお客様は購入を完了できます。ストアフロントをロックすることにより、バックグラウンドで変更を加えたり、問題を解決したりすることができ、あなたが問題を解決し販売を再開するために作業していることをユーザーに知ってもらうことができます。

イベント固有のコレクションと商品ページでテーマを作成する

可能であれば、セール商品専用のコレクションと商品ページを強調表示して簡略化したテーマを作成します。セール中に、合理化されたコレクションおよび商品ページを表示することで、お客様のチェックアウト体験をより簡単に、また迅速化することができます。特に、以下のメニューを無効にすることを検討してください。

  • コレクションの絞り込みメニュー
  • おすすめ商品
  • ソーシャルネットワークのフィード
  • スライドショーまたはカルーセルビュー
  • ポップアップまたはアップセル関数

フルフィルメントのロケーションを確認する

ストアで複数のロケーションが有効かどうかを確認してください。有効である場合、セール期間中、オンライン注文をフルフィルメントしていないフルフィルメントロケーションを無効にすることを検討するべきです。セールが完了した後にそれらを再度有効にすることができます。

支払いを手動で確定する

自動で支払いを確定している場合、フラッシュセール期間中、手動で支払いを確定する設定に変更することを検討してください。手動で支払いを確定することで、過剰販売や注文のキャンセルが発生した場合でも高額なクレジットカード手数料を回避することができ、決済が完了しフルフィルメント処理が開始する前に、注文を見直してそれが道理にかなったものであることを確認できます。

外部サービスの機能を確認する

大規模なフラッシュセールでは、外部サービスの統合により、ストアへのトラフィック増加を処理できることかどうかを確認する必要があります。

アプリ

チェックアウトプロセスの一部に外部アプリを使用している場合、予想される注文量の見積もりとセールの期間について開発者に連絡してください。開発者は、アプリの処理能力についての情報を提供してくれます。開発者が、予想されるチェックアウトの量にアプリが対応できない可能性を指摘する場合、セール期間中はアプリを無効にすることを検討してください。

配送アプリ

取引量が非常に多いイベントの期間中は配送アプリのパフォーマンスが通常、低下します。配送料が提示されなければチェックアウトを完了できないため、販売期間中は配送アプリと配送業者による計算済み配送料を無効にすることを検討してください。代わりに、管理画面で直接、カスタムの一定料金を設定してください。たとえば、お客様に計算済み配送料を提供する配送アプリを管理画面にインストールしている場合、アプリを無効にし、代わりにカスタムの一定料金を使用することを検討してください。ご自身のカスタムの一定料金を使用することで、お客様は配送料の計算を待たずにチェックアウトを完了することができます。

プライベートアプリ

ストアにプライベートアプリがインストールされている場合は、それらを確認して、できる限り効率的で、APIコールレートが十分であることを確認する必要があります。アプリが期待している量を処理できるかわからない場合は、イベント期間中にアプリを無効にすることを検討してください。詳細については、Shopify APIの使用を最大限に活用するためのガイドを参照してください。

決済サービス

Shopify ペイメントを使用していない場合、予想される販売量に対応できることを確認するために、決済サービスに連絡してください。使用している決済サービスが注文を十分に処理できない場合のために、予備の決済サービスを設定することを検討してください。お客様のチェックアウト時に問題がないことを確認するために、あらかじめプロバイダーをテストしてください。

外部の決済サービス

外部の決済サービスは、お客様がShopify以外での支払いを完了するように誘導するサービスで、後払いや一部決済ができる決済オプションが含まれます。これらの決済オプションでは、チェックアウトを外部サービスに送信し、完了した支払い情報を再度受信する時間が必要なため、マーチャンダイズの売り越しが発生する場合があります。この決済オプションを提供している場合、セール期間中はオプションを無効にすることを検討してください。

関連リンク

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す