ロケーションの設定

使用可能なロケーションの最大数は、ストアのShopifyサブスクリプションプランによって以下のように異なります。

  • Shopify Lite - 3
  • ベーシック - 4
  • スタンダード - 5
  • プレミアム - 8
  • Shopify Plus - 20 (20以上のロケーションが必要な場合は、Shopify Plusサポートにお問い合わせください)

無効にしたロケーションは、ロケーション制限の数にカウントされません。[ロケーション] の設定ページで、ロケーション制限および使用した数を確認できます。

在庫を物理的に保管するためにアプリを使用している場合、アプリをロケーションとして扱えます。ドロップシッピングアプリ、外部ロジスティクスサービス、カスタムフルフィルメントサービスなどが、在庫管理アプリに含まれます。たとえば、アプリをユーザーの代わりに注文のフルフィルメントを実行する倉庫とすることができます。ロケーションアプリは [アプリとカスタムフルフィルメントのロケーション] セクションの [ロケーション] 設定に表示されます。このようなアプリはロケーションとして扱われるものの、ロケーション制限の数にはカウントされません。

ロケーションを作成し変更する

手順:

ロケーションを作成すると、フルフィルメント優先度リストの一番下に追加されます。

ロケーションの無効化と再有効化

そのロケーションで在庫を販売、フルフィルメント、または保管しない場合は、ロケーションを一時的または完全に無効にできます。

ロケーションを無効にすると、そのロケーションは絞り込みやメニューに表示されなくなります。そのロケーションの在庫を管理したり仕入れたりできなくなり、デフォルトのロケーションとして使用できなくなります。常に1か所以上のロケーションを有効にする必要があります。

無効化されたロケーションは、ロケーションの上限数には含まれません。

プライベートアプリまたは外部アプリのロケーションを無効にすることはできません。そうする代わりにアプリを削除してください。

現在デフォルトとして設定されているロケーションを無効にすることはできません。まずは、デフォルトのロケーションを別のロケーションに変更する必要があります。

ロケーションを無効化する前に、割り当てられているすべての注文と仕入れを完了し、別のロケーションに再割り当てする必要があります。その操作を行わないと、注文をフルフィルメントし、在庫数量を再割り当てするよう求めるメッセージが表示されます。

ロケーションにPOS Proサブスクリプションプランが適用されている場合、ロケーションを無効にするには、まずそのロケーションをPOS Liteプランに変更する必要があります。

手順:

ロケーションを再有効化するには、同じ手順を実行しますが、[ロケーションを再度有効にする] をクリックします。

ロケーションを削除する

あるロケーションで販売、フルフィルメント、在庫保管をしたくない場合は、ロケーションを完全に削除することができます。

履歴データは、レポート目的で保存されます。

ロケーションを削除する前に、そのロケーションを無効にする必要があります。

手順:

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す