ロケーションの設定

持つことができる最大ロケーション数はプランによって異なります。

  • Shopify Lite - 3
  • Basic Shopify - 4
  • スタンダード - 5
  • Advanced Shopify - 8
  • Shopify Plus - 20 (20以上のロケーションが必要な場合は、Shopify Plusサポートにお問い合わせください)

在庫を保有しているか、注文を発送するアプリは、ロケーションとみなされますが、ロケーションの制限数にはカウントされません。このようなアプリをストアに追加するか、最初にロケーションを有効にすると、アプリは自動的にロケーションとして追加されます。

ロケーションを作成し変更する

手順:

ロケーションを作成すると、フルフィルメント優先度リストの一番下に追加されます。

注文のフルフィルメントに関するロケーションの優先度を設定する

有効なロケーションが複数ある場合は、注文フルフィルメントの優先度を指定する必要があります。

どれかのオンライン販売チャネルを通して発注があると、優先順位リストと提供可能な在庫に基づいて、フルフィルメントのロケーションが割り当てられます。どんなロケーションでも全体の注文をフルフィルメントできる場合、そのロケーションから在庫を引き出します。どのロケーションも全体の注文をフルフィルメントできない場合、優先順位が最も高いロケーションが商品を過剰販売します。

たとえば、2つのロケーションがあり、ロケーションAを最優先にし、ロケーションBを2番目の優先にしたとします。ロケーションAには1枚のシャツがあり、ロケーションBにはシャツが2つあります。2枚のシャツの注文を受け取った場合、ロケーションBが注文をフルフィルメントします。3枚のシャツの注文を受け取った場合は、ロケーションAはシャツを過剰販売して、マイナス2の在庫で完了します。

[注文] ページで、フルフィルメントのロケーションを切り替えることができます。

Shopify POSにおいてストア内で発生した注文では、販売が行われたロケーションで利用可能な在庫を使用します。注文がお客様の住所に配送されるように手配されている場合は、ストアのロケーションではなく、フルフィルメント優先順位に基づいて在庫を使用します。

手順:

配送元を変更する

複数のロケーションを有効にすると、配送料の計算は、配送元として設定されたロケーションに基づいて行われます。

アクティブなロケーションのいずれかを配送元として設定することができます。アプリや非アクティブなロケーションは配送元として設定することはできません。

配送元を配送業者がサポートしていないロケーションに変更すると、チェックアウト画面にその配送業者の料金が表示されなくなります。たとえば、配送元をアメリカの住所に変更した場合、チェックアウト画面にCanada Postの料金は表示されなくなります。

管理画面から配送ラベルを購入した場合の料金は、配送元ではなく、フルフィルメントのロケーションに基づいて計算されます。

手順:

ロケーションでのオンライン注文のフルフィルメントを避ける

一部のビジネスでは、実店舗販売のみの在庫を保有しているロケーション、または保管用のみのロケーションを設定しています。ロケーションでのオンライン注文のフルフィルメントを避けることにより、オンラインストア、Amazon、およびFacebookショップなどの販売チャネルからの注文では、これらのロケーションの在庫が使用されません。

ロケーションでオンライン注文をフルフィルメントできないようにすると、Shopify POSでお客様に発送する注文もこれらのロケーションからその在庫を使用できないようになります。

ロケーションの在庫は、他の販売チャネルからの下書き注文と注文のフルフィルメントにも使用できます。販売チャネルにチェックを入れて、注文の作成時にストアの在庫ポリシーに従っているかどうかを確認してください。

手順:

ロケーションの無効化と再有効化

一定期間または恒久的に、あるロケーションでの販売、フルフィルメント、在庫保管を停止する場合は、ロケーションを無効にすることができます。

ロケーションを無効にすると、そのロケーションは絞り込みやメニューに表示されなくなります。そのロケーションの在庫を管理したり仕入れたりできなくなり、配送元として使用できなくなります。常に1つ以上のロケーションを有効にする必要があります。

無効化されたロケーションは、ロケーションの上限数には含まれません。

プライベートアプリまたは外部アプリのロケーションを無効にすることはできません。その代わりにアプリを削除してください。

配送元として現在、設定されているロケーションを無効にすることはできません。まずは、別のロケーションに配送元を変更する必要があります。

ロケーションを無効化する前に、割り当てられているすべての注文と仕入管理を完了し、別のロケーションに再割り当てする必要があります。その操作を行わないと、注文をフルフィルメントし在庫数量を再割り当てするよう求められます。

手順:

ロケーションを再有効化するには、同じ手順を実行しますが、[ロケーションを再度有効にする] をクリックします。

ロケーションを削除する

あるロケーションで販売、フルフィルメント、在庫保管をしたくない場合は、ロケーションを完全に削除することができます。

履歴データは、レポート目的で保存されます。

ロケーションを削除するには、そのロケーションを無効にする必要があります。配送元として設定されているロケーションを無効にするには、別のロケーションに配送元を変更する必要があります。

手順:

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す