テスト注文を行う

テスト注文を行うことで、注文処理、在庫、配送、メール通知、および税に関するチェックアウトプロセスと設定がすべて正しいことを確認できます。

テスト注文には料金がかかりません。キャンセルや返金が行われた注文は、支払われないかまたは取引手数料がかかります。ストアの設定中、または支払い設定を変更するたびに、少なくとも1つのテスト注文を行う必要があります。

テスト注文を送信する方法は3つあります。

  • ShopifyのBogus Gatewayを使用して取引のシミュレーションを行います。
  • 実際の決済サービスを使用してから、注文を直ちにキャンセルまたは返金ます。
  • Shopify ペイメントを使用している場合、手順を有効にして設定をテストできます。

取引のシミュレーションを行ってテスト注文する

オンラインチェックアウトで取引のシミュレーションを行うために、ShopifyのBogusゲートウェイを設定できます。Bogusゲートウェイは、どのストアでもテスト注文を使用できる決済サービスです。Bogusゲートウェイを設定している間は、作成するすべての注文はテスト注文になります。

注文を作成するには、チェックアウト時にテスト支払い情報を入力する必要があります。入力する情報に応じて、さまざまな種類で取引のシミュレーションを行えます。

手順:

  1. クレジットカード決済サービスを有効にしている場合、続行する前に無効にします。[編集][無効化する] の順にクリックしてから、無効化を確認します。

    Shopify - テスト注文無効化プロバイダボタン

  2. 表示された [クレジットカードを受け付ける] セクションで[プロバイダを追加する] をクリックします。

  3. [外部クレジットカード決済会社] を選択し、[プロバイダ] ドロップダウンメニューを開きます。

  4. [その他] から、[(for testing) Bogus Gateway] を選択します。

    Shopify - テスト注文ゲートウェイのドロップダウン

  5. [続行][有効化する] の順にクリックします。

  6. オンラインストアへ移動し、お客様と同じように注文を行います。チェクアウトでは、本物の番号ではなく次のクレジットカード情報を入力します。

カード上の名前 Bogus Gatewayと入力します。
クレジットカード番号

さまざまなタイプを取引のシミュレーションを行うため、これらを順番に入力します。

  • 成功した取引のシミュレーションを行うには、1を入力します。
  • 失敗した取引のシミュレーションを行うには、2を入力します。
  • 例外をシミュレートするには3を入力します (プロバイダにエラーが発生したことを示すメッセージが生成されます)。
CVV 任意の3桁の数字を入力します (たとえば、111)。
有効期限 将来の日付を入力します。
  1. テストを完了した後、管理画面の [決済設定][プロバイダを変更する] をクリックしてから、決済サービスをリセットします。

実際の取引を使用してテスト注文する

手順:

  1. テストしたい決済サービスを設定済みであることを確認します。

  2. お客様が注文する場合と同じようにストアから購入し、本物のクレジットカード情報を使用してチェックアウトを完了します。

  3. 外部の決済サービスを使用している場合は、お使いの決済サービスにログインして、資金が処理されていることを確認します。

  4. 返金を行い、取引手数料の支払いを回避するため、できるだけ早急に注文のキャンセルおよび返金を行ってください。

配送設定をテストする

テスト注文を実施することにより、配送設定が正しく設定されていることを確認できます。たとえば、一定の注文額に対して送料無料を提供する場合、送料無料の対象となる金額の注文をテストすることにより、配送ディスカウントが適用されることを確認できます。

配送設定についての詳細はこちらをご覧ください。

メール通知をテストする

テスト注文を実施することにより、メール通知の確認ができます。メール通知を受け取るには、チェックアウト時にメールアドレスを入力します。管理画面から、メールテンプレートのカスタマイズが可能です。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す