注文処理とアーカイブを設定する

Shopifyのチェックアウト設定ページから注文の自動/手動フルフィルメントおよび注文のアーカイブを注文することができます。

Shopifyで注文をフルフィルメントすると、注文をお客様に発送するプロセスが開始されます。お客様は、その商品を出荷したことを知らせるメールを受け取り、注文のフルフィルメント状況注文ページに発送済として表示されます。

デフォルトで違う配送先および請求先住所になる

お客様が配送先住所を入力すると、デフォルトでは同じ住所が請求先住所として使用されます。お客様は別の請求先住所を指定することができます。デフォルトは、[注文処理] セクションで変更できます。

デフォルトのチェックボックスで配送先住所を請求先住所として使用する

デフォルトを変更するには、配送先住所が自動的に請求先住所にコピーされないように、[配送先住所と請求先住所を同一とする] チェックボックスをオフにします。

住所フィールドに自動入力を提供する

お客様が配送先住所または請求先住所を入力すると、Googleオートコンプリートから住所の候補が提示されます。この機能により、お客様はより迅速かつ正確に住所情報を入力することができます。これらの住所の候補はお客様のブラウザーによるものではなく、Googleから表示されます。この機能が無効になっている場合や、お客様がこの機能がまだサポートされていない国に住んでいる場合は、お客様は住所を手動で入力していつでもチェックアウトできます。

顧客が住所を入力し始めると、Googleオートコンプリートでアドレス情報が入力されます。

この機能はすべてのShopify加盟店で利用でき、デフォルトで有効になっています。この機能は、チェックアウトの設定ページで [住所フィールドに自動入力を提供する] を選択解除することで無効にできます。

この機能では、多くの国で住所を自動入力できますが、対象外の国もあります。住所のサポートが利用可能になると、新しい国が追加されます。たとえばこの機能は、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、デンマーク、フランス、ドイツ、香港特別行政区、インド、イタリア、日本、ルクセンブルク、オランダ、ニュージーランド、スペイン、スイス、アメリカの顧客が利用可能です。

注文フルフィルメント設定を構成する

注文を完了するためのオプションは3つあります。

注文を自動でフルフィルメントする

自動フルフィルメントは、注文を完了する最も不干渉な方法ですが、一部の種類の商品のみに適しています。事前注文に利用可能な商品がない、デジタルダウンロードの販売またはフルフィルメントサービスを使用している場合、自動フルフィルメントを使用した自動支払回収を使用することができます。

すでに注文処理セクションを設定している場合、このステップは完了です。それ以外の場合は、以下の手順に従って各注文に自動注文処理を設定します。

手順:

  1. 注文処理セクションを見つけます。

  2. [注文の支払い後] 見出しの下で、[注文を自動でフルフィルメントする] を選択します。また、注文が自動的に完了したときにメールを送信する場合は、[お客様に配送情報を通知する] を選択することもできます。

自動フルフィルメント

  1. [Save] をクリック

ストアへのすべての新規注文が自動的に完了されるようになりました。

自動注文アーカイブを設定する

支払いが完了して発送されたら、注文を自動的に終了させるよう選択することもできます。

注文を正確に管理したい場合や、注文を詳細に追跡したい場合は、このチェックボックスをオフのままにして注文を手動でアーカイブします。

手順:

  1. [注文処理] エリアまでスクロールします。

  2. [注文のフルフィルメントと支払いが終了した後] の下には、オプションが1つあります。

- 注文を自動でアーカイブする。このオプションは、支払いが完了して発送された後、自動的に注文をアーカイブします。発送と支払いが完了した後、すべての注文を手動でアーカイブするのが面倒な場合はこの機能を選択します。

  1. [Save] をクリック

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す