注文処理とアーカイブを設定する

Shopifyのチェックアウト設定ページから注文の自動/手動フルフィルメントおよび注文のアーカイブを注文することができます。

Shopifyで注文を発送すると、注文をお客様に発送するプロセスが開始されます。お客様は、その商品を配送したことを知らせるメールを受け取り、注文のフルフィルメント状況注文ページに配送済として表示されます。

異なる配送先住所および請求先住所を有効にする

デフォルトでは、チェックアウト時に、お客様の配送先住所が請求先住所フィールドとして自動的に使用されますが、あなたは別の請求先住所を入力できます。あなたは請求先住所が自動入力される、または空欄のままとされるかを変更できます。

手順:

  1. 管理画面から、[設定] > [チェックアウト] に移動します。
  2. [注文処理] セクションで、[デフォルトでは、配送先住所を請求先住所として使用する] のチェックを外します。

住所フィールドに自動入力を提供する

お客様が配送先住所または請求先住所を入力すると、住所の候補が表示されます。この機能により、お客様はより迅速かつ正確に住所情報を入力することができます。これらの住所の候補はお客様のブラウザーによるものではなく、Googleオートコンプリートなどのサービスから表示されます。この機能が無効になっている場合や、あなたのお客様がこの機能がまだサポートされていない国に住んでいる場合、お客様は住所を手動で入力していつでもチェックアウトできます。

この機能はすべてのShopify加盟店で利用でき、デフォルトで有効になっています。この機能は、チェックアウトの設定ページで [住所フィールドに自動入力を提供する] を選択解除することで無効にできます。

住所の自動入力機能は、次の国のお客様が利用できます。

住所の自動入力を行える国
オーストラリア オーストリア ベルギー ブラジル カナダ
デンマーク フランス ドイツ 香港特別行政区 インド
イタリア 日本 ルクセンブルク オランダ ニュージーランド
ノルウェー サウジアラビア スペイン スウェーデン スイス
イギリス アメリカ

Shopifyチェックアウトのサブスクリプション機能

サブスクリプションアプリは、チェックアウト時にお客様にサブスクリプション情報を表示します。たとえば、サブスクリプション商品を購入する場合、注文の頻度が注文サマリーに表示されます。

チェックアウトの配送段階では、お客様に配達ごとの配送費用と配送方法セクションにあるサブスクリプションの利用頻度が表示されます。お客様が複数のサブスクリプションベースの商品を購入している場合、注文の各項目の下に、配送料とそのサブスクリプションの利用頻度が表示されます。

お客様は、チェックアウトの決済段階で、サブスクリプション商品を理解して購入していることを確認する必要があります。お客様は確認内容に同意することなく購入を完了することはできません。

サブスクリプションの詳細については、「サブスクリプション」を参照してください。

注文フルフィルメント設定を構成する

注文を完了するためのオプションは3つあります。

自動で注文をフルフィルメントする

自動フルフィルメント機能は、注文を発送する最も手軽な方法ですが、自動フルフィルメントに適しているのは、一部のタイプの商品のみです。自動フルフィルメント機能を備えた自動決済確定を利用できるのは、予約注文に利用可能な商品がない場合、デジタルダウンロード商品を販売している場合、またはフルフィルメントサービスを使用している場合です。注文を自動的にフルフィルメントする設定は、店舗受取の注文には適用されません。

すでに注文処理セクションを設定している場合、このステップは完了です。それ以外の場合は、以下の手順に従って各注文に自動注文処理を設定します。

手順:

  1. 注文処理セクションを見つけます。

  2. [注文の支払い後] 見出しの下で、[注文の項目を自動で発送する] を選択します。また、注文が自動的に完了したときにメールを送信する場合は、[お客様に配送情報を通知する] を選択することもできます。

  3. [保存] をクリック

ストアへのすべての新規注文が自動的に完了されるようになりました。

Shopifyチェックアウトで購入した後のアップセル機能

購入後アップセルのアプリを使用すると、お客様が決済を完了した後、最初の注文に商品を追加するよう促すことができます。お客様は、完了した購入に影響を与えることなくオファーを辞退できます。オファーを承諾した場合は、元の注文が編集されて新しい商品が含められます。

次の状況では、購入後アップセルオファーは表示されません。

  • Shop Pay、Apple Pay、Google Payなどの簡単な決済方法を使用して注文の支払いを行う場合。
  • 現地の決済方法や分割払いの決済サービスなど、追加の決済方法を使用して注文の支払いを行う場合。
  • 注文にサブスクリプション商品が含まれる場合。
  • 注文に関税と複数通貨が含まれる場合。

チェックアウト時のお客様にアップセルオファーが提示されると、注文のフルフィルメント状況は一時的に保留中に設定されます。これは、フルフィルメント保留が解除されるまで注文をフルフィルメントできないという意味です。

自動注文アーカイブを設定する

デフォルトでは、注文の処理が残っていない場合、多くの注文は自動的にアーカイブされます。アーカイブされた注文は、[クローズ済み] 注文ビューに表示されます。

自動注文アーカイブが有効化されている場合、以下の注文が自動的にアーカイブされます。

  • 支払い済みで発送済みの注文
  • 全額返金済みの注文

注文を追跡するために、手動でのアプロ―チの方がいいと判断する場合は、以下の手順に従って自動アーカイブを無効にします。自動アーカイブを無効にすると、完了した注文を手動でアーカイブすることができます。

手順:

  1. [注文処理] エリアまでスクロールします。

  2. [注文のフルフィルメントと支払いが終了した後、またはすべてのアイテムが返金された時] で、以下のいずれかの操作を行ってください。

  • [注文を自動でアーカイブする] のチェックを外して、自動アーカイブを無効にします。
  • [注文を自動でアーカイブする] にチェックを入れて、自動アーカイブを有効にします。
  1. [保存] をクリック

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す