メタフィールドを使用した自動コレクション

自動コレクションでは、選択条件を使用して一致する商品を自動的に組み込みます。1つのコレクションに選択条件を60個まで追加できます。また、コレクションに含めるには、商品がすべての条件に一致する必要があるか、または一部の条件に一致する必要があるかを選択できます。

メタフィールドによる自動コレクションを作成する前に、以下の手順を実行する必要があります。

メタフィールドを使用した自動コレクションの利点

メタフィールドを使用した自動コレクションは、商品タグを使用する場合と比較して、商品やバリエーションのより正確なコレクションを作成するのに役立ちます。たとえば、redを含むタグを使用してコレクションを設定できます。ただし、redは商品の色に使用され、urgency-redはフルフィルメントの緊急事態を示すために使用されます。この例では、コレクションに、色がredの商品とフルフィルメントの緊急事態を示すurgency-redの両方が含まれています。どちらにも、redが含まれているためです。この例では、タグは色がredのコレクションでは機能しません。

メタフィールドはデータモデルの一部であるため、オンラインストアなど、Shopify全体でこの同じデータを統合できます。メタフィールドを使用して、コレクションを具体的に設定できます。色に関するメタフィールド定義を作成して、コレクションに含める色の値を持つ商品のみを取り込むコレクションを作成できます。フルフィルメントの緊急度を示すメタフィールド定義を作成し、緊急フルフィルメント値でマークされた商品のみを取り込むコレクションを作成できます。メタフィールドは、タグよりも柔軟性があり構造的な機能を備えています。

メタフィールドを使用して、自動コレクションに特定のバリエーションを追加できます。商品タグではこのようなことは実行できません。たとえば、2つの異なる材料を持つ商品がある場合、その特定の材料のタグを使用してコレクションを作成することはできません。商品タグは、その商品の両方のバリエーションに自動的に追加されます。つまり、商品タグを使用して特定の材料に基づくコレクションを作成するには、2つの異なる商品を作成する必要があります。特定のバリエーションに素材のメタフィールド定義を追加すると、そのバリエーションの自動コレクションを作成できます。そのコレクションには、その商品のもう1つのバリエーションは取り込まれません。

制限事項

メタフィールド条件による自動コレクションには、以下のような制限があります。

  • 自動コレクションでは、商品またはバリエーションのメタフィールド定義と値のみを使用できます。

  • 自動コレクションを有効にする設定には、商品およびバリエーションのメタフィールド定義ごとに、最大128件の定義があります。

  • コレクションが更新されてメタフィールド定義が条件から削除されるまで、メタフィールド定義を削除することはできません。

メタフィールド定義とサポートされる条件

特定の条件下では、商品とバリエーションの一部のメタフィールド定義のみがサポートされます。

自動コレクションのメタフィールド定義とサポートされる条件
メタフィールド定義のタイプ サポートされる条件
trueまたはfalse 等しい
Integer 等しい
より大きい
より小さい
等しい
より大きい
より小さい
評価 等しい
より大きい
より小さい
単一行テキスト (1つの値と値のリスト) 等しい

自動コレクションの設定を有効にする

自動コレクションにメタフィールド定義を使用するには、メタフィールド定義に含まれる設定を有効にする必要があります。

カスタムのメタフィールド定義の作成について詳しくは、こちらをご覧ください。

メタフィールド定義の条件を使用して自動コレクションを作成する

特定のメタフィールドを持つ商品またはバリエーションを含めるように条件を追加できます。

自動コレクション条件のドロップダウンリストの最初の列は、メタフィールド定義の名前です。2番目の列は、サポートされる条件です (等しいなど)。3番目の列は、メタフィールドの値に関するドロップダウンリストまたはテキストボックスです。自動コレクションの設定が有効になっているメタフィールド定義のみが表示されます。

たとえば、メタフィールド定義がColorで、値が#FF0000の商品を選択する条件を設定するには、以下の手順に従います。

手順:

自動コレクションの詳細については、こちらをご覧ください。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す