メールマーケティングキャンペーンのデータプライバシーと法令順守

データプライバシーと法令順守はどちらもメールマーケティングを使用してビジネスを成長させる際に考慮し、知っておくべき重要な課題です。

注意すべきどんなスパム法がありますか?

一括送信される迷惑メールなどのスパムに関連する規定、規制、および法律は、お客様のロケーションによって異なります。メールマーケティングキャンペーンを開始する前に、地域、州、国の法律に精通してください。

メールに郵送先住所を含める必要がありますか?

所在地に応じて、プロモーションメールに物理的な郵送先住所を含める必要があります。これらの法律の例としては、アメリカの迷惑メール防止法と、カナダのCASL法/PIPEDAがあります。メールマーケティングとスパム (一括送信された迷惑メールなど) に関連する規定、規制、および法律は、地域によって異なります。メールマーケティングキャンペーンを開始する前に、地域、州、国の法律に精通してください。

デフォルトでは、メールのフッターにストアの住所が表示されます。ストアの住所をメールで表示することを希望しない場合、最寄りの郵便局かUPSストアの私書箱を利用して、私書箱を郵送先住所として使用できます。メールの郵送先住所を変更するには、管理画面で [設定] > [一般] に進み、私書箱の住所をストアの住所として入力します。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す