お客様の連絡先情報を収集する

メールマーケティングやSMSマーケティングを実施してビジネスを成長させ、お客様との関係を構築することができます。メーリングリストにサインアップしているお客様にニュースレターを送ることは、新商品や予定されているセールについて知らせる優れた方法です。

メールマーケティングを行ってビジネスを成長させる方法について詳しくは、Shopifyブログをご覧ください。

お客様から連絡先情報を収集する

法律上およびプライバシー上の理由により、オンラインストアから送られるマーケティングコンテンツを受信することに同意したお客様にのみ、プロモーション用コンテンツを送信してください。お客様は、オンラインストアのニュースレター登録に連絡先情報を追加するか、チェックアウトのチェックボックスをオンにすると、マーケティングコンテンツのサブスクリプションに登録できます。その後、メールのチェックアウト設定またはSMSのチェックアウト設定を変更して、お客様がサブスクリプションの確認メッセージを受け取れるようにします。

ショップでカゴ落ちの通知を送信できるように設定している場合、同意チェックボックスの横に表示される情報を変更する必要があります。メールマーケティングおよびSMSマーケティングのオプトインに関する情報は、テーマの言語エディターを使用して変更できます。

お客様がオンラインストアから送られるマーケティングコンテンツの受信に同意すると、管理画面の [顧客管理] ページにお客様のメールアドレスまたは電話番号が表示されます。プロモーション用コンテンツをメールで受け取ることに同意したお客様のみを表示するには、デフォルトの [メール購読者] セグメントをクリックします。または、新しいお客様セグメントを作成し、メールマーケティングの受信に同意した特定のタイプのお客様を表示することができます。

チェックアウトからお客様のメールを収集する

このオプションを有効にした場合、お客様のサブスクリプションに関する設定を保存するには、お客様がチェックアウトを完了する必要があります。

手順:

  1. チェックアウト画面にサインアップのチェックボックスを追加するには、[メールマーケティング] セクションで、[チェックアウト時に登録するオプションを表示する] にチェックを入れます。

  2. オプション: [オプションをあらかじめ選択する] にチェックを入れると、アカウントを取得していないお客様、またはメールサブスクリプションのリストに登録されているお客様の場合、チェックアウト時に表示されるメールマーケティングの登録チェックボックスはデフォルトでオンになります。メールマーケティングをオプトアウトしたお客様、またはメールサブスクリプションのリストに登録されていないお客様の場合、メールマーケティングの登録チェックボックスはオンになりません。

  3. [保存] をクリックします。

チェックアウトからお客様の電話番号を収集する

チェックアウトからお客様の電話番号を収集するには、[設定] でSMSのチェックアウトオプションが有効になっていることを確認する必要があります。詳細な手順については、「お客様のSMS通知を設定する」を参照してください。

手順:

  1. チェックアウトにサインアップのためのチェックボックスを追加するには、[SMSマーケティング] セクションで [チェックアウト時に登録するオプションを表示する] にチェックを入れます。

  2. チェックアウト時に電話番号を追加することをオプションとするか、それとも必須とするかを選択します。決済サービスや配送業者がチェックアウトを完了するためにお客様に電話番号の入力を要求する場合は、電話番号を [必須] に設定してください。

  3. [保存] をクリックします。

ドイツでお客様のメールを収集する

ストアがドイツにある場合、通知設定ページのメールマーケティングセクションに、 [お客様にサブスクリプションを確認するように要求する] チェックボックスが追加で表示されます。お客様がマーケティングメールを受信したい場合にオプトインできるようにすることで、関心のないお客様のメールアドレスや不正確なメールアドレスが購読者リストに追加されないようになり、よりエンゲージメントの高い購読者リストを作成できます。

ホームページからお客様のメールを収集する

ホームページからお客様のメールを収集するには、オンラインストアにニュースレターの登録セクションを追加します。ニュースレターの登録機能を使用して収集したお客様のメールアドレスは、管理画面の [顧客管理] ページにある[メール購読者] お客様セグメントに保存されます。

オンラインストアにメールマガジンセクションを追加する方法については、「テーマのドキュメント」を参照してください。

購読者のダブルオプトインを有効にする

ダブルオプトインでは、お客様がメール内のリンクをクリックして、メールマーケティングとSMSマーケティングの両方の受信を希望していることを意思表示する必要があります。オンラインストアでメールアドレスを入力して登録すると、確認メールが自動的に届きます。一部の国では、ダブルオプトインは法律によって義務付けられており、よりエンゲージメントが高い購読者を獲得するベストプラクティスでもあります。ダブルオプトインを有効にする前にメール購読を登録しているお客様は、ステータスを確認する必要はありません。

ダブルオプトインを有効にするには、オンラインストアの販売チャネルをインストールしている必要があります。

管理画面で [設定] >[通知] をクリックして、ダブルオプトインのメールをカスタマイズできます。法律上の理由により、このメールにはマーケティングコンテンツを含めることはできません。

ダブルオプトインを有効にした場合、オンラインストアのニュースレターフォームの確認メッセージを更新する必要があります。そうすることにより、フォローアップの確認メールを確かめるようお客様に知らせることができます。確認メッセージを更新すると、さらに多くのオプトインを確保できます。たとえば、確認メッセージで「メールをチェックしてサブスクリプションを確認してください。」といったメッセージを伝えることができます。

管理画面で確認メッセージを編集するには、[オンラインストア] > [テーマ] > [言語を編集する] に進みます。テーマに応じて、このフィールドには、[ニュースレターフォーム] セクションの [確認] または [サインアップ] セクションの [成功表示を投稿する] のいずれかが表示されます。

手順:

  1. 管理画面で、[設定] > [通知] に移動します。
  2. メールのダブルオプトインセクションで、[お客様にサブスクリプションを確認するように要求する] のチェックボックスをオンにします。

メールマーケティングの用語集

メールマーケティングについて調査または準備していると、以下のような用語を見聞きすることがあります。

  • A/Bテスト: 2つ以上のバージョンのメールを送信して、どのバージョンが適しているかを判断するための実験
  • カゴ落ちメール: チェックアウトを開始したものの購入を完了しなかったお客様に、自動で送信されるメールのリマインダー
  • 顧客関係管理 (CRM): 顧客および見込み客とのインタラクションを管理するために使用するソフトウェア
  • 行動喚起 (CTA): ニュースレターの登録フォームにある [Subscribe] ボタンなど、特定の操作を行うよう訪問者に促すボタンまたはテキストの一部
  • クリック率: リンクを表示している人の総数と比較して、リンクをクリックした人の数
  • メールキャンペーン: 特定のテーマに関するメールまたは連続して送信されるメール
  • メールサービスプロバイダー (ESP): メールマーケティングソフトウェアを提供する会社
  • Googleアナリティクス (GA): ウェブサイトのトラフィックおよびコンバージョンを計測するために使用できる、Googleが作成したツール
  • ライフサイクルマーケティング: 大量に購入するお客様向けのVIPディスカウントを含むメールなど、お客様が購入を決定するまでのどの段階であるかに基づいて送信されるメール
  • 開封率: 受信者の総数に対して、受信者が開封したメールの割合
  • オプトイン: メーリングリストに参加するまたはサービスに同意するための特定の行動喚起
  • 購読者: あなたから連絡を受けることに同意した人、またはあなたからマーケティングを受けている人
  • 最新購入日、購入頻度、購入金額 (RFM) の分析: メール購読者に関連付けられている、最新購入日 (お客様の直近の購入)、購入頻度 (お客様の購入回数)、購入金額 (お客様の支払い金額) を理解するために収集するデータ。
  • 投資利益率 (ROI): 投資した費用から得られた利益の割合
  • セグメント またはセグメンテーション: 幾つかの条件によりお客様をより小さなグループに分けることで、ターゲットをさらに絞ったメールコンテンツを作成することが可能
  • ターゲティング: マーケットをセグメントに分割し、カスタマイズされたコンテンツを送信することでマーケティング活動を集中
  • ウェルカムメール: メーリングリストにサインアップする見込み客との関係を構築するために使用する自動送信メール

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す