Shopify メールのベストプラクティス

お客様へのマーケティングメールの送信は、ストアへのトラフィックを増加させる優れた方法となる可能性があります。ストアへの訪問者数を増加させることで、販売機会を増加させることができます。お客様があなたのコンテンツに接し、ストアへの訪問に興味を持ち続けるようにするためのいくつかの方法をご紹介します。

メール購読者リストを作成して管理する際に考慮すべきこと

  • 新しい購読者を獲得するためにメールリストを購入すると、オプトインしていないお客様にスパムメールを送信してしまい、あなたの評判が損なわれる可能性があります。より良いアプローチは、オンラインストアで、チェックアウト時に、POS上で、また実際のイベントといった場で、ニュースレターへの登録を呼びかけ、あなたのビジネスや商品により高い信頼を寄せる顧客に購読者になってもらうことです。
  • 購読者のリストを定期的に確認して、info@domain.comまたはsales@domain.comなど、汎用または役割ベースのインボックスに送信していないことを確認します。これらのインボックスから、あなたのメールとのエンゲージメントが発生する可能性は低く、時間の経過とともに送信者としての評価を下げてしまう場合があります。
  • お客様グループを作成して、特定のお客様をターゲットとすることができます。たとえば、帽子の販売を計画している場合は、過去に帽子を購入したお客様だけにメールを送信して、別の商品を購入するよう促すことができます。
  • 購読者のダブルオプトインを有効にした場合、オンラインストアのニュースレターフォームの確認メッセージを更新する必要があります。そうすることにより、フォローアップの確認メールを確かめるようお客様に知らせることができます。確認メッセージを更新すると、さらに多くのオプトインを確保できます。たとえば、確認メッセージには「メールをチェックしてサブスクリプションを確認してください。」のようなメッセージが表示されます。
  • 購読者が、受信したメールに記載されている [購読を解除する] リンクをクリックした場合や、ストアからのメールをスパムとしてマークした場合、その購読者は購読者リストから自動的に削除されます。メールアドレスの間違いによってメールが不達として差し戻された場合、そのメールアドレスに対する今後のメール送信は自動的に停止されます。

メールキャンペーンに含める内容

  • お客様に送信するメールの種類には、新商品やストアで実施中のセールに関する告知が含めることができます。お客様にどのようなコンテンツを送信したらよいかよくわからない場合、購読しているメールの種類を確認し、特筆すべき内容を取り上げ、ストアのブランドと一致するものを決定します。さらに多くのアイデアについては、Shopify ブログのメールマーケティングセクションを参照してください。
  • 購読者にまだメールキャンペーンを送信していない段階であれば、挨拶メールを作成することが、あなたのストアを紹介してお客様との関係を新たに構築するための最適な方法となります。挨拶メールの中で、自己紹介をして、ストアを宣伝し、1番の人気商品を特集することで、お客様があなたのブランドを好む理由を思い出してもらう、あるいは新商品を発見してもらう上で役立てることができます。顧客管理セクションで独自の購読者グループを作成して、最近の購読者だけにメールを送信することもできます。
  • メールキャンペーンの目的は、購読者がストアを訪問できるようにすることです。購読者がクリックしてストアにアクセスできるリンクを少なくとも1つ含める必要があります。
  • ストアのSNSサイトへのリンクを含めます。これにより、お客様がメールから離れても、ブランドに関する最新情報を確認できるようになります。

メールキャンペーンを送信する場合

  • 少なくとも月に1回、購読者にメールを送信して、エンゲージメントを保つようにします。一部のビジネスでは、送信するメールまたは更新情報の種類のカレンダーを作成しています。メールを送信するスケジュールを作成することにより、読者が定期的に新しいコンテンツを見つけ、ストアを訪問するように促すことができます。頻繁にお客様と連絡を取りすぎないように注意してください。メールによってお客様が関心を失う可能性があります。
  • 購読者にメールメッセージを送信する前に、自分にテストメールを送信して、リンク先とディスカウントの詳細が正しいことを確認できるようにしてください。

メールのデザインを決める

メールの見た目と雰囲気を検討することにより、ブランドのその他の部分とメールをマッチさせることができます。ストアで表示されるのと同じような色、フォント、ロゴを使用してください。読者がメールを開いたときに、あなたのビジネスからのメールであることがはっきり分かることが目標です。

配信率やブランドの認知度を向上させるために、購読者にメールを送信する際には、カスタマイズした送信者メールアドレスを使用してください。送信者のメールアドレスを変更する方法に関して詳しくはこちらをご覧ください。

画像を追加する場合、画像がストアで販売しているものと関連している必要があります。Shopifyは、商品画像とコレクション画像を自動的に取り込みますが、ストアの全体について読者に知らせるために役立つ画像を追加することもできます。メールやオンラインストアで使用するためのストックフォトを探している場合、burst.shopify.comから探し始めるのが最適です。

ただし、一部のメールクライアントではメールで画像を無効にするため、メールの重要な内容をテキストで表示するために、画像を使用しないでください。たとえば、お客様のメールクライアントで画像がブロックされる可能性があるため、「50%オフ」というテキストを含む画像のみを使用してセールを宣伝しないでください。

使用する画像には、代替テキストを含めるようにしてください。すべてのオーディエンスがメールにアクセスできるようにするには、代替テキストが重要です。読者をストアに誘導することがメールの目標なため、読者がストアの関連コンテンツに移動できるように、追加する画像にリンクを含めることもおすすめします。

効果的なメールコンテンツを書くためのヒント

メールの内容を作成している場合、ターゲットにするオーディエンスについてよく知るようにします。たとえば、若いオーディエンス向けの内容の場合、若い人が引き付けられるような言い回しに調整してください。

メールの上部セクションに、宣伝や重要な情報を配置します。モバイルデバイスでは、読者の関心を高めるために、最初の2回のスクロールの中にその情報を配置します。読者の関心を引くための時間は数秒しかないため、主要な情報がメールの最初に表示されることを確認してください。

メールの長さを200ワード以下または約20行となるようにします。メールが長すぎる場合、メールプロバイダーがメールをカットして、内容の一部しか表示されなくなるということがあります。たとえばGmailでは、102KBより大きいメッセージのメールはカットされ、残りの内容は非表示となります。

大文字または過度に感嘆符を使用した内容を避け、8年生の読解レベルで書くようにします。これにより、幅広い読者にメールの内容を理解してもらうことができます。コンテンツを読みやすくする方法については、ニールセンノーマングループをご覧ください。

購読者の注意を引く件名を使用する

受信箱を確認する際に最初に読者に表示されるのは、件名とプレビューテキストです。この時点で、読者はメールを開くか削除するかを決定します。件名とプレビューテキストの書き方が読者の決定に影響を及ぼし、読者がメールを開くかどうかを左右します。

以下のような考慮すべき点がいくつかあります。

  • メールを作成した後に、最後の手順として件名とプレビューテキストを作成します。これにより、件名とプレビューテキストがメールと関係があることを確認できます。
  • メールの内容と関係がある件名で、読者にメールを開かせるような十分な説得力が必要です。
  • プレビューテキストを含めるようにします。プレビューテキストは、読者に操作を促す際に効果的です。
  • 件名とプレビューテキストは、フレーズがまったく同じである必要はありません。むしろ、それぞれを補いつつメールの内容を読者に知らせるものです。たとえば、「春の新しいファッションをご覧ください」という件名の後に、「シャツやタンクトップなど、暖かい気候のファッションが10%引きです。お見逃しなく」というプレビューテキストを表示できます。
  • 3~6ワード、または50文字以下で件名を入力します。これにより、モバイルデバイスでメールを確認する際に、読者に件名が表示されるようになります。

メールに郵送先住所を含める

所在地に応じて、プロモーションメールに物理的な郵送先住所を含める必要があります。これらの法律の例としては、アメリカの迷惑メール防止法と、カナダのCASL法/PIPEDAがあります。メールマーケティングとスパム (一括送信された迷惑メールなど) に関連する規定、規制、および法律は、地域によって異なります。メールマーケティングキャンペーンを開始する前に、地域、州、国の法律に精通してください。

デフォルトでは、メールのフッターにストアの住所が表示されます。最寄りの郵便局かUPSストアの私書箱を利用して、私書箱を郵送先住所として使用できます。ストアの住所をメールで表示することを希望しない場合、最寄りの郵便局かUPSストアの私書箱を利用して、私書箱を郵送先住所として使用できます。メールの郵送先住所を変更するには、管理画面で設定 > 一般に進み、私書箱の住所をストアの住所として入力します。

追加リソース

メールマーケティングに関する詳細情報については、以下の記事を参照してください。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す