オンラインストア上でメタフィールドを表示する

メタフィールドの定義を追加し、ストアの部分にメタフィールド値を割り当てると、メタフィールドとテーマを連携させて、オンラインストア上で特定の情報をさまざまな方法で表示できます。たとえば、キャンドルの販売者は、商品ページにキャンドルの燃焼時間を表示したいと思う場合があります。一方で、食料雑貨店では、缶詰商品の賞味期限を表示したいと思う場合があります。

オンラインストアに表示できる特定の情報のその他の例には、以下のものが含まれます。

  • 型番
  • 色見本
  • 商品の発売日
  • 関連する商品やバリエーション
  • 商品の星評価
  • ダウンロードファイル

無料のShopifyテーマであるDawnなどのOnline Store 2.0テーマを利用している場合、テーマエディタを使用して、ほとんどのメタフィールドとテーマを連携させることができます。以前のテーマを利用している場合、または利用中のテーマがサポートしていないメタフィールドタイプを追加したい場合は、テーマコードを編集するか、Shopify Expertを雇ってサポートを受けることができます。

テーマエディタを使用してメタフィールドとテーマを連携させる

テーマがメタフィールドをサポートしている場合、テーマエディタを使用してオンラインストア上でメタフィールドを表示させる方法を選択できます。テーマで利用可能なメタフィールドを確認するには、テーマのドキュメントを参照するか、テーマの開発者にお問い合わせください。

動的ソースをサポートするセクションまたはブロックを追加して、メタフィールドとテーマを連携させることができます。たとえば、[商品情報] セクションでは、商品のメタフィールドをサポートできます。

セクションまたはブロックを追加した後、「動的ソースを接続する」のアイコンをクリックして、単一のメタフィールドを選択できます。

「動的ソースを連携する」のアイコン

「動的ソースを接続する」のアイコンに+が表示される場合、アイコンをクリックして一度に1つのメタフィールドを選択することで、最大20のメタフィールドを追加できます。

「動的ソースを挿入する」のアイコン

ステップバイステップの手順については、「メタフィールドと動的ソースを使用する」を参照してください。

テーマコードを編集してメタフィールドを追加する

テーマコードを編集してオンラインストア上でメタフィールドを表示する場合、Liquidを使用してページテンプレートのメタフィールド参照することができます。

コーディングの経験がある場合にのみ、テーマコードを編集してください。テーマコードの編集でサポートが必要な場合は、Shopify Experts マーケットプレイスから、Shopify Expertを雇う必要があります。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す