バーコードスキャナー

iPad用のShopify POSを使用していて、Shopifyプランまたはそれ以上の場合は、サポートされているBluetoothバーコードスキャナーを使用してクーポンコードをすばやく入力し、チェックアウト時にカートに商品を追加することができます。コードレスのバーコードスキャナーは、iPadから最大100メートル離れたバーコードをスキャンすることができ、これにより、小売店の自由な移動が可能になります。

対応しているバーコードスキャナーのBluetoothモデルは、以下のとおりです。

一次元バーコードか、ニ次元バーコードか

バーコードスキャナーの選択は、1次元バーコードか2次元バーコードのどちらをスキャンするかによって異なります。この2種類のバーコードは区別しやすく、使い方が違います。Socket Mobile S740およびCHS 7Qi 2次元バーコードスキャナーを使用して、1次元バーコードおよび2次元バーコードの両方をスキャンすることもできます。

一次元バーコード

一次元バーコードは、厚さの変化する平行線の列です。

Shopify POS - バーコードの例

商品に1次元バーコードのバーコードラベルを作成すると、お客様のチェックアウト時にSocket Mobile S700およびCHS 7Ci 1次元バーコードスキャナー、またはiOSデバイスやAndroidデバイスのフロントカメラを使用して、Shopify POSカートに商品をすばやく追加することができます。

Shopify POS - バーコードスキャナーのラベル

ニ次元バーコード

ニ次元バーコードは、白黒のパターンの正方形のブロックです。

Shopify POS - ニ次元バーコードの例

Shopify POSでは、ニ次元バーコードを次の方法で使用できます。

  • ギフトカードのバーコードをスキャンして、物理的なギフトカードを販売したときにカートに追加します。
  • ギフトカードを交換する際に、チェックアウト時に物理的または紙のバーコードをスキャンします。
  • クーポンコードをスキャンして注文に適用します。
  • 領収書プリンターを使用して、ニ次元バーコードを持つ紙製のギフトカードを印刷します。
  • お客様の領収書にニ次元バーコードを含めて、将来それらをスキャンすることで関連する注文を見つけることができます。

Shopify POSアプリにデバイスカメラへのアクセスを許可する

iOSデバイスやAndroidデバイスのカメラを使用して、以下のような1次元バーコードと2次元バーコードをスキャンできます。

  • 商品
  • 領収書
  • ギフトカード (2次元のみ)

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す