Shopify POS用キャッシュドロワー

キャッシュレス決済のみを処理するのでない限り、小売店の立ち上げには安全で信頼性の高いキャッシュドロワーを入手する必要があります。

必要事項

Shopifyストアでこのハードウェアを使用するには、以下の要件を満たす必要があります。

  • 最新のShopify POS
  • iOS 12.5.1以降を搭載する互換性のあるiPad、iPadOS 12.5.1以降を搭載するiPhone、あるいはバージョン7.0 (Nougat) 以降を搭載する互換性のあるAndroidデバイス

サポートされているキャッシュドロワー

対応キャッシュドロワーは、以下の国で、Shopify ハードウェアストアから購入できます。

サポートされているキャッシュドロワー
キャッシュドロワー 色のオプション モデル番号 利用可能な地域
Arlo 13"キャッシュドロワー 黒または白 EKDS320 アメリカ
Star Micronics 14インチキャッシュドロワー 黒または白 CD4-1416 カナダアメリカ
VPOS 14"キャッシュドロワー EC350 オーストラリア
Star Micronics 16"キャッシュドロワー 黒または白 CD3-1616 カナダアメリカ
Star Micronics 16"キャッシュドロワー 黒または白 CB-2002FN ベルギーデンマークドイツアイルランドイタリアオランダスペインイギリス
VPOS 16"キャッシュドロワー EC410 オーストラリアニュージーランド

これらの対応キャッシュドロワーは、多数の正規リセラーから購入することもできます。

キャッシュドロワーを取り付ける

Star Micronicsのキャッシュドロワーを使用している場合、次のインストールビデオを確認してください。

付属のキャッシュドロワーケーブルを使用して、キャッシュドロワーをレシートプリンターに接続します。ケーブルの大きい方の端をキャッシュドロワーに差し込み、ケーブルの小さい方の端をレシートプリンターに差し込みます。

キャッシュドロワーを開く

付属のキーを使用して手動でキャッシュドロワーを開くか、iPadから無線で開くことができます。iPadはレシートプリンターを介してキャッシュドロワーに接続しています。毎回の販売の後、キャッシュドロワーは自動的に開きます。またはShopify POSアプリで [カートに移動][その他のアクション][ドロワーを開く] をタップすると開きます。

キャッシュドロワーの接続をテストする

レシートプリンターキャッシュドロワーを設定したら、機器間の接続が機能していることを確認できます。

手順:

  1. Shopify POSから [≡] > [設定] の順にをタップします。

  2. [接続されたハードウェアを管理する] をタップします。

  3. テストするプリンターをタップします。

  4. [キャッシュドロワーをテストする] をタップする。キャッシュドロワーが開きます。

よくある問題

一般的な問題を回避するために、次の点を確認してください。

  • キャッシュドロワーのケーブルがレシートプリンターに差し込まれている

  • レシートプリンターに用紙がセットされている

  • レシートプリンターは正常にiPadまたはiPhoneとペアリングされている

  • ハードウェア同梱のキャッシュドロワーケーブルを使用して、キャッシュドロワーをプリンターに接続している。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す