アプリの種類

Shopifyストアには、公開、カスタム、プライベートの3種類のアプリを追加できます。Shopifyアプリを使用して、管理画面を強化したり、新しい機能を追加したりすることができます。

公開アプリ

公開アプリには、登録と未登録の2つの種類があります。Shopify アプリストアから登録アプリをインストールすることができます。未登録アプリは、Shopify アプリストアの検索結果またはカテゴリーには表示されません。代わりに、アプリのアプリストアのリストまたは開発者のウェブサイトからインストールできます。

登録アプリと未登録アプリの両方が、Shopify アプリの審査プロセスに合格する必要があります。

カスタムアプリ

カスタムアプリ使用し、管理画面に機能を追加したり、カスタムストアフロントによるオンラインストアの他のプラットフォームへの拡張を行ったりすることができます。カスタムアプリは、Shopifyストア専用に作成されており、アプリストアには掲載されません。

外部アプリ開発者は、ストアにAPIアクセスしたり、管理画面にアクセスしたりすることなく、カスタムアプリを作成することができます。アプリ開発者が提供するインストールリンクをクリックして、カスタムアプリをインストールすることができます。

信頼できる開発者と共に作業している場合、またはあなた自身がカスタムアプリを作成している場合は、カスタムアプリを作成して管理画面にインストールすることもできます。

プライベートアプリ

プライベートアプリは、あなたのストアでのみ利用可能で、Shopify アプリストアには掲載されません。

外部アプリ開発者を利用している場合は、ストアへのAPIアクセスと管理画面へのアクセスを許可する必要があります。このアクセス権を開発者に提供することに不安を感じる場合は、カスタムアプリの開発の依頼を検討してください。

下書きアプリ

下書きアプリは開発中にShopify パートナーによって使用され、テスト目的で開発ストアにのみインストールできます。開発ストアに下書きアプリをインストールすると、ストアの移行が永続的に無効になります。

下書きアプリは、Shopifyの審査後、あるいはカスタムアプリに変換された後にのみ、ストアにインストールすることができます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す