サポート対象外のアプリ

ShopifyのAPIの変更により、ストアでお使いのアプリの一部がサポート対象外となり、使用できなくなることがあります。インストールしたアプリがサポート対象外のAPIを使用している場合は、管理画面に警告が表示されます。アプリの開発者に連絡するか、代替のアプリを見つけることで、サポート対象外のアプリを管理することができます。

アプリがサポート対象外になる理由

ShopifyのAPIに適用された変更にアプリ開発者が対応しない場合、アプリがサポート対象外となります。API (アプリケーションプログラミングインターフェイス) は、アプリがShopifyと通信できるようにするシステムです。ストアにインストールするアプリは、Shopify APIを使用してストアのデータを取得および更新し、ビジネスを運営しています。

Shopify APIの新しいバージョンは、3か月ごとにリリースされています。これらのバージョンでは、新しい機能が導入されるほか、既存の機能が変更されたり削除されたりすることがあります。Shopify APIの各バージョンは、変更後も1年間は作動するようになっており、アプリ開発者はその間に最新バージョンに合わせてアプリを更新する必要があります。

特定のバージョンのShopify APIに、アプリを中断させるような重大な変更が導入された場合、Shopifyはそのアプリの開発者に通知し、更新に9か月の期間を確保します。9か月が経過した後、開発者が必要な変更を行っていない場合、アプリはサポート対象外となり、想定通りに作動しなくなる可能性があります。

サポート対象外のアプリの管理

アプリを更新する責任を負っているのは、サポート対象外のアプリの開発者です。アプリ開発者に連絡する方法は、お使いのアプリのタイプによって異なります。

サポート対象外の公開アプリ

Shopify アプリストアからインストールするアプリは、すべて公開アプリです。Shopifyは、サポート対象外となる前にアプリを更新できるよう、重大な変更について公開アプリの開発者に早い段階で通知します。

使用している公開アプリがサポート対象外となった場合は、開発者に連絡してアプリを更新するようにリクエストすることができます。開発者と連絡が取れない場合、または使用しているアプリを別のものと差し替える必要がある場合は、Shopify アプリストアで他のアプリを探すこともできます。

公開アプリは外部の開発者によって管理されているため、Shopifyでは開発者に代わってこれらのアプリに変更を加えたり、更新したりすることはできません。

サポート対象外のプライベートアプリ

プライベートアプリは、開発者または開発会社によってShopifyストア専用に作成されています。Shopifyは、あなたのアプリを中断しかねないAPIの変更が近日中に行われる場合、アプリ開発者の連絡先メールに情報を送信します。開発者がこれらの警告を確かに受信できるようにするには、管理画面のプライベートアプリページで、開発者の連絡先メールを表示および更新することができます。

お使いのプライベートアプリがサポート対象外となった場合は、アプリの開発者に連絡して更新をリクエストする必要があります。また、警告を受信し次第、すぐにアプリ開発者に転送する必要があります。
開発者用の連絡先メールアドレスをお持ちでない場合、またはストアにインストールされているプライベートアプリの開発者が分からない場合は、Shopify サポートにお問い合わせください。

アプリの元の開発者と連絡が取れない場合、Shopify Expertを雇って必要な変更を行ってもらうことができます。

プライベートアプリがサポート対象外となり、それを使用していない、または更新する予定がない場合は、アプリを削除して、管理画面で警告を表示させないようにすることができます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す