メタフィールドを移行する

既存のさまざまなメタフィールドに検証ルールを追加する場合は、メタフィールドを定義に移行することができます。既存のさまざまなメタフィールドのカスタム定義を作成する際、指定した検証ルールにより、あなたやアプリが無効な値を追加するのを防ぐことができます。

特定のネームスペースとキーを持つメタフィールドセットのカスタム定義を作成して、メタフィールドを移行します。ファイル、リファレンス、およびtrueまたはfalseを除いて、ほとんどのコンテンツタイプにメタフィールドを移行することができます。カスタム定義の作成について詳しくは、以下を参照してください。

定義を追加できるのは、正しい形式のネームスペースとキーのあるメタフィールドのみです。ネームスペースとキーに特殊文字が使用されている場合、そのメタフィールドを定義に移行することはできません。

まだ定義されていないメタフィールドの定義を作成する

  1. 管理画面から、[設定] > [メタフィールド] の順に移動します。
  2. メタフィールド定義を追加するストアの構成部分を選択します。たとえば、[商品管理] です。
  3. [定義のないメタフィールド] をクリックし、定義を追加するネームスペースとキーの横にある [定義を追加] をクリックします。
  4. [サンプルメタフィールド] を確認して、ネームスペースとキーの正しいタイプと検証ルールを決定してください。追加のサンプルの値を表示するには、[詳細を表示] をクリックしてください。
  5. メタフィールド定義に関連して、以下の情報を入力します。

    1. [名前] フィールドに、定義の名前を入力します。
    2. オプション: [説明] フィールドに、メタフィールドの説明を入力します。
  6. [コンテンツタイプを選択する] をクリックして、リストからメタフィールドの値に一致するコンテンツタイプを選択します。

  7. 次の操作を実行して、コンテンツタイプと検証情報を設定します。

    1. コンテンツタイプに追加の設定オプションがある場合、メタフィールドに適したオプションを選択します。たとえば、測定のタイプです。
    2. [検証] セクションで、定義の [追加ルール] を設定します。
  8. [保存] をクリックします。

  9. 検証結果を確認し、[保存して続行する] をクリックします。

メタフィールドの値が新しい定義と一致しない場合は、メタフィールドの値を修正する必要があります。定義を保存すると、自動的に一括編集画面にリダイレクトされ、検証エラーを確認して修正できます。

定義のないメタフィールドを編集する

アプリによる外部サービスのメタフィールドは管理画面に移行することはできますが、非表示になります。非表示になっているメタフィールドは、そのメタフィールドが表示されるリソースページで編集できます。

手順:

  1. 管理画面から、移行済みのメタフィールドが含まれるリソースに移動します。
  2. メタフィールドセクションまでスクロールします。
  3. [すべて表示] をクリックします。
  4. 編集する定義のメタフィールド行をクリックして値を追加します。
  5. [保存] をクリックします。

リソースページにメタフィールドセクションが表示されていない場合は、[設定] > [メタフィールド] に移動し、少なくとも1個のメタフィールド定義が存在することを確認します。メタフィールド定義が1個も作成されていない場合、メタフィールドがリソースに表示されることはありません。

メタフィールド定義を追加した後のステップ

メタフィールドの定義を追加した後、以下の事柄を実行できます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す