POSのShopify ペイメントを設定する

Shopify ペイメントは、決済を受け付ける最も簡単な方法です。外部決済サービスやマーチャントアカウントの設定や、Shopifyで資格情報を入力する面倒を取り除きます。Shopify ペイメントを使用すれば、ストアを作成後すぐにすべての主要な決済方法を受け付けるように自動的に設定されます。

Shopify ペイメントの設定後に、顧客はストアでクレジットカード決済を実行できます。Shopify設定の決済サービスページから、Shopify ペイメントを有効化できます。Shopify ペイメントを設定する場合、以下の情報が必要です。

  • (13桁の) 法人番号
  • 銀行情報
  • 注文の平均額
  • 注文の平均配送時間

Shopify ペイメントは、特定の国や地域のストアでのみご利用いただけます。Shopify ペイメントを使用すれば、ストアを作成後すぐにすべての主要な決済方法を受け付けるように自動的に設定されます。

POSアプリでShopify ペイメントを有効にする

Shopify ペイメントがストア用に設定されている場合は、クレジットカード決済を実店舗で受け付けることができます。Shopify ペイメントを設定した後、Shopify POSアプリでShopify ペイメントを有効にする必要があります。

手順:

  1. Shopify POSから [≡] > [設定] > [決済設定] をタップします。
  2. [デフォルトの決済タイプ] セクションで、クレジット/デビットのオプションに承認済みと表示されているのを確認します。

署名なしのカード決済を承諾する

次の要件を満たしている場合、お客様の署名なしでカード決済を受け付けることができます。

  • ストアの拠点がアメリカに置かれている。
  • あなたはShopify ペイメントを使用しています。
  • EMVカードリーダーを使用しています。

このオプションはデフォルトでオフになっていますが、Shopify POSの決済設定画面で有効にすることができます。

手順:

  1. Shopify POSから [≡] > [設定] > [決済設定] をタップします。
  2. [デフォルトの決済タイプ] セクションで、[クレジット/デビット] をタップします。
  3. トグルをタップして、[可能な場合はお客様の署名を省略します] を有効または無効にします。

サポートされている国と地域

ビジネスを運営している国で、Shopify POSアプリでShopify ペイメントを利用できるかどうか、以下のリストで確認してください。

Shopify ペイメントでサポートされていない国でビジネスを運営している場合は、Shopifyがサポートする他の決済ゲートウェイサービスのリストを確認してください。

対面販売に関する国と通貨のコンプライアンス

Shopify ペイメントとShopifyカードリーダーを使用したPOS取引を対面で処理する場合、取引を処理する国の決済ルールに従う必要があります。複数の国で対面のPOS決済を受け付けるには、追加する国ごとに別個のShopifyストアとShopify ペイメントアカウントを作成する必要があります。

必要事項

Shopify POSを使用すると、ビジネスが次の要件を満たしている限り、国の要件にも準拠できるようになります。

  • Shopifyストアの国は、実店舗のロケーションの国と一致している必要がある
  • Shopifyアカウントの通貨は、実店舗のロケーションの通貨と一致している必要がある

Shopifyカードリーダーを使用して決済を受け付けるには、ShopifyアカウントとShopify ペイメントアカウントで、通貨、ロケーション、および国を同じ設定にする必要があります。

別の国で、POS決済を受け付ける新しいShopifyストアを設定する

Shopify ペイメントとShopifyカードリーダーを使用した対面のPOS決済を受け付けることができるのは、1つのShopifyアカウント当たり1つの国でのみです。倉庫業務や在庫管理のためのロケーションなど、対面のPOS決済を受け付けない海外のロケーションに、追加のストアを設定する必要はありません。他の国からオンラインで決済を受け付ける際も、別のShopifyアカウントは必要ありません。

たとえば、Janeの小売店はアメリカにあり、在庫を保管する倉庫はカナダにあります。Janeはカナダで対面の決済を受け付けていないため、カナダで倉庫用に新しいストアを作成する必要はありません。JaneがイギリスでShopify POSを使用した対面販売を始めることを希望する場合、Janeはイギリスに拠点を置いたイギリスポンドで販売するShopifyストアを新しく作成する必要があります。

手順:

  1. 対面のPOS決済を受け付ける国で、また該当する通貨で登録する新しいストアを作成します。
  2. 新しいストアを設定します。CSVファイルを使用して、元のストアから商品情報をエクスポートできます。
  3. 対面のPOS決済を受け付ける国で、また該当する通貨で登録する新しいShopify ペイメントアカウントを作成します。

Shopify ペイメントの銀行口座要件

Shopify ペイメントと銀行口座を連携する前に、銀行口座が以下の要件を満たしていることを確認してください。

  • その口座は制限のないアメリカなどの当座預金口座、あるいはイギリスとアイルランドにある当座預金口座である。
  • その口座はストアの地域の支払い通貨を使用している。
  • その口座は電子銀行送金を受け付けている。

各地域にはその銀行口座が遵守していなければならない地元の要件もあります。

  • オーストラリア - 銀行口座は、オーストラリアにある現実の銀行口座かつオーストラリアドル (AUD) 建てで、BECS送金を利用可能である必要があります。
  • オーストリア - 銀行口座はユーロ建てで、SEPA送金を利用可能であり、次の文字で始まるIBANコードを持っている必要があります。 AT、BE、BG、CH、CY、CZ、DE、DK、EE、ES、FI、FR、GB、GR、GI、HU、IE、IT、LT、LU、LV、MT、NL、NO、PL、PT、RO、SE、SI、SK。
  • ベルギー - 銀行口座はユーロ建ての標準的な当座預金口座で、SEPA送金を利用可能であり、次のIBANコードを持っている必要があります。AT、BE、BG、CH、CY、CZ、DE、DK、EE、ES、FI、FR、GB、GR、GI、HU、IE、IT、LT、LU、LV、MT、NL、NO、PL、PT、RO、SE、SI、SK。他のタイプの銀行口座、および仮想通貨交換業者の口座もサポートされていますが、支払いの失敗の増加を招く可能性があります。
  • カナダ - 支払い通貨がカナダドル (CAD) の場合、銀行口座がカナダに店舗を構える銀行のものであり、カナダドル建てで、ACH送金を利用可能である必要があります。
    支払い通貨が米ドル(USD) の場合、銀行口座がカナダに店舗を構える銀行のものであり、米ドル建てで、ACH送金を利用可能である必要があります。
  • デンマーク - 支払い通貨がユーロの場合、銀行口座はユーロ建てで、SEPA送金を利用可能であり、次の文字で始まるIBANコードを持っている必要があります。AT、BE、BG、CH、CY、CZ、DE、DK、EE、ES、FI、FR、GB、GR、GI、HU、IE、IT、LT、LU、LV、MT、NL、NO、PL、PT、RO、SE、SI、SK。支払い通貨がデンマーククローネの場合、銀行口座はデンマーククローネ建てで、SEPA送金を利用可能であり、DKで始まるIBANコードを持っている必要があります。
  • ドイツ - 銀行口座はユーロ建てで、SEPA送金を利用可能であり、次の文字で始まるIBANコードを持っている必要があります。AT、BE、BG、CH、CY、CZ、DE、DK、EE、ES、FI、FR、GB、GR、GI、HU、IE、IT、LT、LU、LV、MT、NL、NO、PL、PT、RO、SE、SI、SK。
  • 香港特別行政区 - 銀行口座は、香港特別行政区にある現実の銀行口座かつ香港ドル (HKD) 建てである必要があります。
  • アイルランド - 銀行口座は、アイルランドにある現実の銀行口座かつユーロ (EUR) 建てで、FPS送金を利用可能である必要があります。
  • イタリア - 銀行口座はユーロ建てのビジネス用銀行口座で、SEPA送金を利用可能であり、次の文字で始まるIBANコードを持っている必要があります: AT、BE、BG、CH、CY、CZ、DE、DK、EE、ES、FI、FR、GB、GR、GI、HU、IE、IT、LT、LU、LV、MT、NL、NO、PL、PT、RO、SE、SI、SK。
  • 日本 - 銀行口座は、日本にある現実の銀行のもので普通預金口座 (海外の一般的な普通預金口座とは異なる) かつ円 (JPY) 建てである必要があります。
  • オランダ - 銀行口座はユーロ建てのビジネス用銀行口座で、SEPA送金を利用可能であり、次の文字で始まるIBANコードを持っている必要があります。AT、BE、BG、CH、CY、CZ、DE、DK、EE、ES、FI、FR、GB、GR、GI、HU、IE、IT、LT、LU、LV、MT、NL、NO、PL、PT、RO、SE、SI、SK。
  • ニュージーランド - 銀行口座は、ニュージーランドにある現実の銀行口座かつニュージーランド (NZD) 通貨建てで、BECS振替の対象となる必要があります。
  • シンガポール - 銀行口座は、シンガポールにある現実の銀行口座かつシンガポールドル (SGD) 建てである必要があります。
  • スペイン - 銀行口座はユーロ建てで、SEPA送金を利用可能であり、次の文字で始まるIBANコードを持っている必要があります: AT、BE、BG、CH、CY、CZ、DE、DK、EE、ES、FI、FR、GB、GR、GI、HU、IE、IT、LT、LU、LV、MT、NL、NO、PL、PT、RO、SE、SI、SK。
  • スウェーデン - 支払い通貨がユーロの場合、銀行口座はユーロ建てで、SEPA送金を利用可能であり、次の文字で始まるIBANコードを持っている必要があります。AT、BE、BG、CH、CY、CZ、DE、DK、EE、ES、FI、FR、GB、GR、GI、HU、IE、IT、LT、LU、LV、MT、NL、NO、PL、PT、RO、SE、SI、SK。支払い通貨がスウェーデンクローナの場合、銀行口座はスウェーデンクローナ建てで、SEPA送金を利用可能であり、SEで始まるIBANコードを持っている必要があります。
  • イギリス - 銀行口座は、イギリスにある現実の銀行口座かつイギリスポンド (GBP) 通貨建てで、FPS振替の対象となる必要があります。
  • アメリカ - 銀行口座は、アメリカに店舗を構える銀行のものであり、米ドル (USD) 建てで、ACH送金を利用可能である必要があります。

ほとんどの当座預金口座は、上記に記載されている種類の電子銀行送金を受け付けています。電信送金だけを受け入れるように設定されている当座預金口座はShopify ペイメントでは機能しません。お住まいの地域で、記述されている種類の振替を受け付けることができるかどうかを確認するには、銀行にお問い合わせください。

銀行口座情報を編集する

銀行を変更した場合、または銀行口座の詳細が変更された場合、Shopify ペイメントの設定で情報を更新できます。

Shopify ペイメントからの支払いを受け取る際、銀行口座の資格情報としてプリペイド式の銀行カードを使用することはできません。

手順:

  1. 管理画面から、[設定] > [決済サービス] に移動します。
  2. Shopify ペイメントセクションで、[管理] をクリックします。
  3. 支払いの詳細セクションの支払い銀行口座で、[銀行口座を変更する] をクリックします。
  4. 銀行口座情報を入力して、[保存] をクリックします。

禁止されているビジネス

一部の種類のビジネスとサービスでは、Shopify ペイメントを利用できません。Shopify ペイメントを利用できるかどうか確認するには、ビジネス拠点の国の禁止対象ビジネスタイプリストを参照してください。

詳細は、Shopify ペイメント利用規約 (TOS) およびShopify ペイメントのよくある質問に記載されています。

運営するビジネスの種類がShopify ペイメントでサポートされていない場合、Shopifyがサポートする他の決済ゲートウェイサービスのリストを確認してください。

詳しくはこちら

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す