Shopify ペイメントFAQ

支払い

  • どのように支払いを受けることができますか?
  • 支払いを早く受け取ることはできますか?
  • 営業日にあたるのはいつですか?
  • 支払いに「支払い済」と表示されていても資金が入金されていないのはなぜですか?
  • 支払いが失敗しました。どうすればよいですか?
  • なぜ支払いはすべて30日の差があるのですか?

どのように支払いを受けることができますか?

Shopify ペイメントは、管理画面の決済サービスページに入力した銀行口座に資金を送金します。資金の受け取りは、UKとアイルランドにある制限のない当座預金口座で行われる必要があります。使用できる銀行口座の詳細については、Shopify ペイメントの設定を参照してください。

もっと早く私のお金を手に入れることはできますか?

Shopify ペイメントからお客様の銀行口座への送金にかかる時間は、支払期間によって異なります。個々のアカウントの支払期間を短縮することはできませんが、すべてのアカウントの支払期間を短縮するために積極的に取り組んでいます。Shopify ペイメントからお客様の銀行口座への送金すべてについて、管理画面の支払いスケジュールで確認できます。

営業日にあたるのは、いつですか?

アメリカのマーチャントの場合は連邦休日、カナダ、イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランドのマーチャントの場合は法定休日を除いて、営業日は月曜日から金曜日までです。顧客がストアに注文する日は、UTCタイムゾーンの発注時刻に基づいて決定されます。

支払いに「支払い済」と表示されていても資金が入金されていないのはなぜですか?

当社は毎日資金を送金しますが、ほとんどの銀行は営業日にのみ送金を処理します。つまり、資金が休日や週末に送金された場合は、銀行が営業を開始した翌日にその金額が表示されます。営業日の送金は、翌日までに資金が表示されます。

送金が営業日に送信され、その金額が2日以内に銀行口座に表示されない場合は、送金が失敗した可能性があります。銀行は、失敗した返金について通知するために3~5営業日かかることがあり、その時点で返金通知が送信され (Shopify ペイメントのアカウント設定で有効になっている場合) 支払いが失敗した理由を管理バナーに反映します。

支払いが失敗しました。どうすればよいですか?

送金に失敗した場合、銀行口座への支払いは、問題が解決されるまで保留されます。送金が失敗する問題を解決するには、[支払い] ページの [Transfer failed (送金に失敗)] バナーの指示に従ってください。たとえば、銀行の詳細を更新するか、[支払いを再試行する] をクリックするよう求められる可能性があります。

銀行口座を有効な普通預金口座に更新すると、続く72時間以内に、失敗した送金が自動的に再試行されます。現在の口座が有効で、送金が失敗した理由が分からない場合は、銀行に連絡して問題を調査してください。失敗した支払いの詳細については、Shopify ペイメントで支払いを受けるを参照してください。

なぜ支払いはすべて30日の差があるのですか?

特定のケースでは、販売している商品が理由で注文に30日の支払い期間が適用されます。これは、特定のビジネスに対して当社の決済パートナーが求める支払い期間です。アカウントに通常の支払い期間ではなく30日間の支払い期間が必要な場合は、直接通知されます。

Shopify ペイメントアカウント

  • Shopify ペイメントのアカウントが保留中です。どうすればよいですか?
  • 処理制限や準備資金はありますか?
  • 複数の署名者を持つ銀行口座を使用することはできますか?
  • Shopify ペイメントの使用が禁止されている特定のビジネスはありますか?
  • Shopify ペイメントの利用規約はどこで確認できますか?
  • Shopify ペイメントアカウントの所有権を移管するにはどうすればよいですか?

Shopify ペイメントの私のアカウントが保留中です。どうすればよいですか?

Shopify ペイメントのアカウントが保留中の場合、Shopifyアカウント保有者には追加情報が記載されたメールが送信されます。問題を解決するには、このメールを確認して直接返信してください。

処理制限や準備資金はありますか?

Shopify ペイメントを使用して、月または取引ごとに受け付ける金額に制限はなく、資金は金額に関係なく同じスケジュールで銀行口座に送金されます。

まれに追加の準備金をリクエストすることがあります。当社が、この措置が御社に対して必要であると判断される場合、話し合いのために引き受けチームからすぐにご連絡して話し合います。

複数の署名者を持つ銀行口座を使用することはできますか?

はい。銀行が提供する複数の署名者によるセキュリティの強化は、アカウント自体の変更を保護するために使用され、標準的な取引には使用されません。Automated Clearing House (ACH) 転送を受け付けるようにアカウントが設定されている場合、Shopifyはそのアカウントに資金を転送できます。

Shopify ペイメントの使用が禁止されている特定のビジネスはありますか?

はい、Shopify ペイメントを使用できないビジネスやサービスがいくつかあります。禁止ビジネスを参照し、そのビジネスを運営している国で禁止されているビジネスタイプのリストを確認してください。

Shopify ペイメントの利用規約はどこで確認できますか?

Shopify ペイメントの利用規約 (TOS) および関連する法的文書は、Shopifyリーガルから入手できます。

Shopify ペイメントアカウントの所有権を移管するにはどうすればよいですか?

Shopify ペイメントアカウントの所有権を移管する場合は、Shopify サポートにお問い合わせください。ShopifyのExchangeマーケットプレイスを使用してストアを販売する場合、処理はExchangeチームによって行われます。

ロケーションと通貨

  • どの通貨で販売できますか?
  • カナダでアメリカドルを使用して販売できますか?
  • 国内カードとは何ですか。
  • 国際カードとは何ですか。
  • 欧州のカードとは何ですか。
  • オーストラリアではShopify ペイメントの手数料にGST (物品サービス税) が含まれますか?
  • Shopify ペイメントの手数料のうち、どれくらいのGSTが徴収されているかをどこで確認できますか?
  • Shopify ペイメントの手数料にヨーロッパのストアに課される付加価値税 (VAT) が含まれていますか?
  • PSD2とは何ですか?
  • 3Dセキュアチェックアウトとは何ですか?

販売可能な通貨を教えてください。

販売通貨はビジネス拠点の国によって異なります。Shopify ペイメントでサポートされている国と通貨の組み合わせリストについては、サポートされている通貨を参照してください。

カナダでアメリカドルを使用して販売できますか?

はい、ただし、銀行口座で取り扱い可能かどうかを確認する必要があります。通貨に対する銀行口座の要件については、Shopify ペイメントの設定を参照してください。

国内カードとは何ですか。

国内カードは、ご自身のビジネスと同じ国または地域で発行されて使用されるクレジットカードです。これは、クレジットカードを発行した金融機関が、ご自身のビジネス拠点がある国または地域と同じであることを意味します。

たとえば、ご自身のビジネスの拠点は日本にあり、お客様が日本のクレジットカードを使用して購入するとします。これは国内のクレジットカードによる購入となります。

国際カードとは何ですか。

国際カードは、ご自身のビジネスと異なる国または地域で発行されて使用されるクレジットカードです。これは、クレジットカードを発行した金融機関が、ご自身のビジネスと異なる国にあることを意味します。

たとえば、ご自身のビジネスの拠点はドイツにあり、お客様がアメリカのクレジットカードを使用して購入するとします。これは国際カードによる購入となります。それは、お客様のクレジットカードが、ご自身のビジネス拠点のある場所とは異なる国または地域のものであるためです。

欧州のカードとは何ですか。

欧州のカードは、ヨーロッパの特定の国または地域で発行されて使用されるクレジットカードです。これは、クレジットカードを発行した金融機関が、ご自身のビジネスと異なる国または地域に所在する場合があることを意味します。欧州のカードは、国内のカードと同じように扱われます。

たとえば、ご自身のビジネスの拠点はオランダにあり、お客様がアイルランドのクレジットカードを使用して購入するとします。これは欧州のクレジットカードによる購入となります。サポートされている欧州の国または地域で発行されたため、お客様のクレジットカードは欧州のクレジットカードです。

欧州のカードとしてサポートされている国または地域のリストは、次のとおりです。

欧州の国と地域のリスト、および関連する国コード
国または地域 国コード
アンドラ AD
オーストリア AT
ベルギー BE
ブルガリア BG
クロアチア HR
キプロス CY
チェコ共和国 CZ
デンマーク DK
エストニア EE
フェロー諸島 FO
フィンランド FI
フランス FR
ドイツ DE
ジブラルタル GI
ギリシャ GR
グリーンランド GL
ガーンジー GG
法王聖座 (バチカン市国) VA
ハンガリー HU
アイスランド IS
アイルランド IE
マン島 IM
イスラエル IL
イタリア IT
ジャージー JE
ラトビア LV
リヒテンシュタイン LI
リトアニア LT
ルクセンブルク LU
マケドニア MK
マルタ MT
モナコ MC
モンテネグロ ME
オランダ NL
ノルウェー NO
ポーランド PL
ポルトガル PT
ルーマニア RO
サンピエール島・ミクロン島 PM
サンマリノ SM
セルビア RS
スロバキア SK
スロベニア SI
スペイン ES
スヴァールバル諸島・ヤンマイエン島 SJ
スウェーデン SE
スイス CH
トルコ TR
イギリス GB

オーストラリアではShopify ペイメント手数料にGST (物品サービス税) が含まれますか?

はい。Shopify ペイメントで処理されたすべての取引には、現在のオーストラリアGST率10%が課金されます。

Shopify ペイメントの手数料からどれくらいのGSTが徴収されているかは、どこで確認できますか?

支払ったGSTの額を示す取引のスプレッドシートをエクスポートすることができます。

Shopify ペイメントの手数料にヨーロッパのストアに課される付加価値税 (VAT) が含まれていますか?

Shopify ペイメントの手数料には、ドイツとスペインのストアに課される付加価値税 (VAT) は含まれていません。ストアがドイツまたはスペインにある場合、VAT申告書を作成する際に、地元で適用される税率でVATを報告する必要があるかもしれません。

アイルランドでは、Shopify ペイメントの手数料に加えてさらに23%のVATが課されます。

PSD2とは何ですか?

2019年9月14日現在、PSD2とも呼ばれる改訂された決済サービス指令は、欧州経済地域 (EEA) 内のすべての国で実施されます。関係する国のオンラインストアでは、PSD2に準拠するために18か月間の移行期間が予定されています。

PSD2では、不正注文のリスクを軽減するために、電子決済のための厳格なセキュリティ要件を導入します。統合された3Dセキュアチェックアウトで、Shopify ペイメントを使用する場合、PSD2に準拠することになります。

3Dセキュアチェックアウトとは何ですか?

3Dセキュアは、オンラインクレジットおよびデビットカードの取引に対する追加のセキュリティレイヤーです。ユーザーをカード発行元のドメインにリダイレクトし、オンラインストアのドメインに戻って決済を完了することで、オンライン決済の認証手順を追加します。決済サービスとしてShopify ペイメントまたはStripeを使用する場合は、3Dセキュアチェックアウトフローを自動的に使用します。

すべてのオンラインストアでは、前述のPSD2指令に準拠するために、3Dセキュアチェックアウトの統合が必要です。

購入と返金

  • Shopify ペイメントでデビットカードを受け付けることはできますか?
  • Shopify ペイメントを使用して、1つの注文で複数の決済を確定することはできますか?
  • 顧客が返金を受けるのにどれくらい時間がかかりますか?
  • 返金はキャンセルできますか?
  • どの程度の期間、返金を行う必要がありますか?

Shopify ペイメントでデビットカードを受け入れることはできますか?

アメリカでのビジネスでは、ビザ、Mastercard、アメリカンエキスプレス、JCB、ディスカバー、およびダイナースクラブのデビットカードとクレジットカードを受け付けることができます。

オーストラリア、カナダ、香港特別行政区 (中国)、アイルランド、イタリア、日本、ニュージーランド、シンガポール、スペイン、イギリスのビジネスでは、Visa、Mastercard、American Expressのデビットカードおよびクレジットカードを受け付けることができます。

デンマークのビジネスでは、Visa、Mastercard、American Expressのデビットカードやクレジットカードを受け付けることができます。MobilePayを使用して決済を受け付ける場合は、Shopifyの代替決済方法設定で代替決済のプロバイダーを有効にする必要があります。

ドイツのビジネスでは、Visa、Mastercard、アメリカンエキスプレスのデビットカードとクレジットカード、およびSOFORTとKlarna Pay Laterを使用した決済を受け付けることができます。

オランダのビジネスでは、Visa、Mastercard、アメリカンエキスプレスのデビットカードとクレジットカード、およびiDEALを使用した決済を受け付けることができます。

Shopify ペイメントを使用して、1つの注文で複数の決済を確定することはできますか?

いいえ。1つの注文で決済を確定できるのは1回だけです。決済金額がその注文でオーソリされた金額を上回ることはできません。つまり、お客様は既存の注文に追加することができません。お客様が注文した後に商品を追加したくなった場合は、新しく別の注文をする必要があります。

顧客が返金を受けるのにどれくらい時間がかかりますか?

およそ5`–10営業日。御社からの返金は直ちに顧客の銀行に送金されますが、顧客の銀行が返金を処理して口座に入金する必要があります。処理時間は銀行によって異なります。

承認期間内に、お客様が返金を受けた場合 (一部または全額)、当社は清算時に請求の確定金額を調整するため、払い戻しの明細書に項目が表示されない場合があります。期間が満了するまで、その請求は明細書に「保留」のまま表示されることがあります。

処理した返金の状態を確認するためにサポートが必要な場合は、Shopifyサポートに返金参照番号を問い合わせてください。

返金はキャンセルできますか?

いいえ。返金を行った後は、キャンセルできません。

返金したカードが期限切れまたはキャンセルの場合、払い戻しはお客様の新しいカードに入金されます。まれにお客様が新しいカードを持っていないケースでは、銀行は通常、お客様の銀行口座に払い戻しを入金します。

どの程度の期間、返金を行う必要がありますか?

ご注文から60日以内に返金をすることができます。

チャージバックと決済の拒否

  • チャージバックを私が返金することはできますか?
  • チャージバックごとに料金を請求されるのはなぜですか?
  • 顧客が、間違って異議を申し立てたと言いました。破棄することはできますか?
  • 回答を送信した後で、さらに情報を追加できますか?
  • 顧客の購入が拒否されました。なぜですか?
  • 拒否について詳しく知ることはできますか?
  • 請求が拒否される可能性を軽減するには、どうすればよいですか?

チャージバックを私が返金することはできますか?

返金は可能ですが、あなたが返金する必要はありません。チャージバックは、クレジットカードネットワークがあなたの費用で請求を返金した場合に発生します。クレジットカードネットワークがお客様に直接返金するため、異議を申し立てられた料金を手動で返金することはできません。

チャージバックごとに料金を請求されるのはなぜですか?

チャージバックが提出されると、異議申し立ての処理費用を補うために請求手数料の全額がShopify ペイメントから引き落とされます。あなたは異議申し立てを有利に進め、解決するために証拠を提出できます。異議申し立てにおいてあなたが勝利した場合、全額 (チャージバック手数料を含め) が返還されます。

顧客が、間違って異議申し立てを行なったと言いました。破棄することはできますか?

はい、顧客のみがそうできます。話し合いをして、異議申し立てを取り下げることに顧客が同意した場合は、銀行にチャージバックを取り下げる旨を連絡するよう顧客に伝えてください。また、あなたからも、申し立てを取り下げると顧客が述べた旨の文章を含む証拠を顧客の銀行に提出してください。次のような証拠を含めてください。

  • 注文をフルフィルメントした日時
  • 顧客が使用した請求情報
  • 注文に使用されたIPアドレスと国
  • 注文に関する配送および追跡情報

回答を送信した後で、さらに情報を追加できますか?

チャージバックの期日前ならいつでも、回答に対する追加証拠を送信できます。期日は、チャージバックまたは調査が行われてから7日から21日までさまざまです。チャージバックに対する証拠の表示と追加については、チャージバックと調査の管理をご覧ください。

顧客の購入が拒否されました。 なぜですか?

いくつかの原因が考えられます。顧客の銀行に請求を送るとき、銀行には請求を承認するかどうかを決定する自動システムがあります。このシステムは、顧客の消費習慣、口座の残高、有効期限やCVVなどのカード情報など、さまざまな信号を受け取ります。

これらの信号は絶えず変化するので、これまで成功していたカードが今後拒否される可能性があります。すべてのカード情報が正しく、以前の決済に成功したとしても、銀行の不正注文システムが新しい請求を拒否する可能性があります。

拒否について詳しく知ることはできますか?

拒否について顧客の銀行から受け取った情報を、できるだけ多く注文履歴に表示しています。ほとんどの拒否は一般的なものなので、請求が拒否された理由についてはあまり情報がありません。

カード情報が正しいと思われる場合は、顧客が銀行に連絡して詳細情報を求め、今後の請求を受け付けるように依頼するのが最善です。

請求が拒否される可能性を減らすには、どうすればよいですか?

顧客の銀行が取引を受け入れるかどうかを決定する際に使用する主な要因は、カード番号、有効期限、CVVの正確性です。あなたが収集する住所や名前などのデータによる影響は、カードのブランドによって異なります。たとえば、アメリカンエキスプレスは顧客の名前を対象とします。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す