不正注文の防止

お客様が承認していない取引のことを不正な取引と呼びます。不正取引は、チャージバックを発生させ、金額的な損失を生み出す可能性があります。Shopifyには、疑わしい注文に対して注意を払えるよう、機械学習アルゴリズムの組み込まれた不正解析機能が組み込まれています。ここでは、疑わしい注文かどうかを調べるいくつかの方法をご紹介します。

IPアドレスを確認する

注文が行われたIPアドレスは、疑わしい注文であるかを特定するうえで信頼できる指標になります。

  • IPアドレスの所在地が、お客様がチェックアウト時に提示した住所の地域と異なっていますか?
  • ウェブホスティング会社のIPアドレスですか?
  • IPアドレスはプロキシーサービスのIPアドレスですか?

上記のいずれかの質問に1つでも当てはまった場合、お客様に連絡を取り、注文の信憑性を確かめる必要があります。

特定のIPアドレスについての位置情報、ISP、その他の情報を調べるには、以下のような無料ツールが役立ちます。

注文の詳細ページの不正解析セクションで、注文に関連付けられているIPアドレスを見つけることができます。

注文の際に提示された電話番号に連絡をする

疑わしい注文を確認するうえで最良の方法は、お客様に電話をかけることです。また、411.comなどのサービスも有用です。このサービスでは、電話番号の市外局番と請求先住所の所在地が同じであるかを確認することができます。不正注文に使用される電話番号はたいてい無効な番号です。電話に応答があった場合は、注文に関する簡単な質問をして反応を確認します。お客様は注文に使用した住所、電話番号、メール、名前をご存じだったか、お客様は簡単な情報を提示することに手間取っていたかを確認してください。

メールアドレスを検索する

不正行為で使用されたメールアドレスであれば、Googleやその他の検索エンジンでメールアドレスを検索するとその不正記録が表示されます。また、顧客とメールアドレスを関連付けるソーシャルメディアの投稿やその他の情報を探すことも有用です。

請求先住所と配送先住所が一致していることを確認する

不正注文には、たいてい請求先住所とは異なる配送先住所が使用されます。Googleマップを使用して地図上で住所を表示すると、2つの住所の位置関係を視覚的に確認することができます。2つの住所が大きく離れている場合 (異なる大陸など) は、不正注文であるといえます。なお、2つの住所が異なっていても不正注文ではない場合もあるので注意が必要です。たとえば、ギフトの注文や代理の注文がこれにあたります。

異なる請求先住所を使用している複数の注文の配送先住所が同じであるかを確認する

複数の注文で同一の配送先住所を指定しているものの、異なる請求先住所 (州名、名前など) が使用されている場合は、通常、不正注文にあたります。この場合は慎重に手続きを進める必要があり、チェックアウト時にこういった住所を提示したお客様には連絡を取って確認をしてください。

高額な注文を確認する

通常よりもかなり高額な注文を受けた場合は、お客様の身元確認を行ってください。

不正注文の防止アプリをインストールする

不正注文が行われる機会を減らすためのアプリも豊富にあり、インストールしてお役立ていただけます。アプリストアでは固有の目的に見合ったさまざまなアプリを扱っています。

繰り返し不正注文を試みるユーザーをブロックするには、Shopifyの不正注文フィルターアプリをご活用ください。

ワークフローを作成する

Flowを使用してワークフローを作成すると、疑わしい注文が作成されたときに通知を受け取ることができます。詳細はShopify Flowをご覧ください。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す