QuickBooks Desktop会計ソフトをShopifyと統合させる

QuickBooks Desktop会計ソフトを使用している場合、QuickBooks DesktopアプリアカウントをShopify POSと統合させることができます。この操作により、販売や購入の情報などすべてのビジネスデータおよび会計データが、会計システムと同期されます。

統合を行う場合は、その前に、税の各種設定、アプリトークンの生成、アカウントのマッピングを行う必要があります。統合中に問題が発生した場合は、専用サポートにお問い合わせください。

QuickBooks Desktop会計ソフトをShopifyと統合する際の考慮事項

統合を開始する前に、以下の考慮事項を確認してください。

  • 固有のIDまたはプロモーションコードでShopifyアカウントを作成したことを確認する。
  • 最新版のQuickBooks Desktopアプリがデスクトップデバイスにインストールされていることを確認する。
  • 管理画面にQuickBooks Desktop Connectorアプリをインストールしていることを確認する。インストールしていないなら、Shopify App Storeに移動して、ストア用のアプリをインストールする。
  • QuickBooks Desktop会計ソフトの統合は、必ずQuickBooks Desktop POSを使用しているのと同じデスクトップデバイスで行う。
  • QuickBooks Desktop POSを使用している場合は、QuickBooks Desktop会計ソフトをShopifyに統合する前に、QuickBooks POSデータの移行を必ず完了させてください。
  • QuickBooks Desktopの代わりにQuickBooks Onlineを使用している場合、QuickBooks Desktop Connectorアプリを使用してデータをShopifyと統合する必要はありません。QuickBooks OnlineアプリをShopifyストアにインストールしてデータを統合します。
  • 統合は1度しか実行できず、やり直しはできません。統合処理をリセットする必要がある場合は、専用サポートにお問い合わせください。

ステップ1:税金の各種設定を行う

統合する前に、QuickBooks Desktop会計ソフトで税金の各種設定を行う必要があります。

手順:

  1. デスクトップデバイスで、QuickBooks Desktopアプリを開きます。
  2. [編集] > [各種設定] の順にクリックします。
  3. [物品税を請求しますか] セクションで、[はい] を選択します。
  4. 以下のように、物品税が課されるアイテムを選択または追加します。

    • 物品税が課される一般的なアイテムがある場合は、[物品税が課される一般的なアイテム] フィールドでそのアイテムを選択します。
    • 物品税が課されるアイテムを新たに追加する場合は、以下の操作を行います。
      1. [物品税が課されるアイテムを追加する] をクリックします。
      2. [物品税名] に、物品税が課されるアイテムの名前を入力します。
      3. [説明] フィールドに、「物品税」と入力します。
      4. [税率 (%)] フィールドに、「0%」と入力します。
      5. [OK] をクリックします。
  5. [OK] をクリックします。

ステップ2:アプリトークンを生成する

税金の各種設定を行った後、QuickBooks Desktop会計ソフトでアプリトークンを生成する必要があります。

手順:

  1. デスクトップデバイスで、QuickBooks Desktopアプリを開きます。
  2. [ファイル] > [アプリ管理] > [ウェブアプリを管理する] の順にクリックします。
  3. [アプリを検索する] フィールドで「Shoppinpal QBD connector」と入力して検索します。
  4. [アクション] 列の [設定] をクリックします。
  5. [トークンを生成する] をクリックします。
  6. [クリップボードにコピーする] をクリックします。

ステップ3:アカウントをマッピングして統合を開始する

管理画面でQuickBooks Desktop Connectorアプリを使用して統合を開始するには、アプリトークンを追加し、QuickBooksのデータフィールドとShopifyカテゴリーをマッピングして、Stocky APIキーを追加する必要があります。

また、QuickBooks Desktop会計ソフトウェアとデータを共有する方法を選択する必要があります。以下の2つの同期モードから選択できます。

  • サマリーモード:QuickBooks Desktop会計ソフトウェアに要約されたデータを送信します。QuickBooks DesktopのProまたはPremierバージョンを使用し、結合されたデータが14,500行を超える場合は、サマリー同期モードを選択する必要があります。
  • 詳細モード:QuickBooks Desktop会計ソフトウェアに正確な名前と説明を送信します。

QuickBooksとShopfiyのデータマッピングについて詳しくはこちらをご覧ください。

手順:

  1. 管理画面から、[設定] > [アプリと販売チャネル] の順にクリックします。

  2. [アプリと販売チャネル] ページで、[QuickBooks Desktop Connector] をクリックします。

  3. [アプリを開く] をクリックします。

  4. QuickBooks Desktop Connector アプリで、[統合を開始する] をクリックします。

  5. 物品税の各種設定に関する指示を確認し、[アプリトークンを生成して次へ] をクリックします。

  6. [D. トークンを入力する] セクションでアプリトークンを追加し、[次へ] をクリックします。

  7. [アカウントマッピング] セクションで、Shopifyカテゴリーに一致するQuickBooksフィールドを選択します。たとえば、[COGSアカウント] カテゴリーは [商品販売費用] フィールドと一致させます。

  8. [同期スケジューラー] セクションで、手動同期モードまたは自動同期モードのいずれかを選択します。

    • 任意:自動同期を選択する場合、同期を実行する時刻を選択してください。(自動同期は15分の時間枠で実行されます。手動同期はいつでも実行できます)。
  9. [同期モード] セクションで、[お客様][在庫]、および [販売元][サマリー] 同期モードまたは [詳細] 同期モードを選択します。

  10. [Stocky APIキーを入力して同期を開始する] セクションに、Stocky APIキーを入力します。

  11. [統合を開始する] をクリックします。

QuickBooks Desktopの会計ソフトウェアから財務データや売上情報を同期するには、統合後にQuickBooks Desktop Connectorアプリを管理画面にインストールする必要があります。アプリ内でデータの手動同期をいつでも行えます。また、毎日の自動同期を設定して、同期のスケジュールが実行される時刻を指定することができます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す