設定

ニーズに合わせて、Stockyを更新してカスタマイズすることができます。

個人情報を更新する

手順:

  1. [各種設定] をクリックします。
  2. [プライバシー] をクリックします。
  3. [ショップオーナー] の名前を更新して、Stockyからのすべてのコミュニケーションが適切な宛先に送信されるようにします。
  4. [差出人のメールアドレス] を更新して、アカウント関連のアラートとレポートが正しいメールアドレスに送信されるようにします。

カスタムフィールドを有効にして名前を付ける

Stockyを使用すると、商品バリエーションごとに追加のカスタムフィールドを2つ作成できます。

手順:

  1. Stockyアプリで [各種設定] をクリックし、[カスタムフィールド] をクリックします。
  2. 日付フィールドを使用するか、テキストフィールドを使用するか選択します。
  3. チェックボックスをクリックして有効にするフィールドタイプを選択し、名前を入力します。たとえば、倉庫ロケーション
  4. [変更を保存] をクリックします。

カスタムフィールドを表示する場所を選択する

デフォルトでは、カスタムフィールドは [バリエーションレポート] ページに表示されますが、[注文書] ページと [注文書プランナー] ページでも表示するかどうかを選択できます。

これらのページでカスタムフィールドを有効にするには、[注文書] をクリックし、[表の列] セクションの追加フィールドを選択します。

税率

手順:

  1. [各種設定] > [税率] > [新しい税率] の順にクリックします。
  2. 参照用の名前を入力し、税率を割合で入力します。
  3. 注文書に表示するコードを入力します。

デフォルトの税率を設定することもできます。これはサプライヤー設定で税率が指定されない限り、新規で作成されるすべての注文書に適用されます。

注文書に税率を表示する

手順:

  1. [各種設定] > [注文書] の順にクリックします。
  2. [下書きPOの設定][確認済みPOの設定] の両方を選択します。
  3. [税率] をクリックします。
  4. [更新] をクリックします。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す