USPSの配送料自動計算を有効にする

USPSアカウントを管理画面に連携させると、チェックアウト時にUSPSの計算済み配送料を表示できます。

アカウントを連携させると、USPSの商用料金がデフォルトでチェックアウト時に表示されます。USPSの商用料金は小売料金よりも安価ですが、ラベルをオンラインで購入する必要があります。より高い料金を表示する場合は、USPSの計算済み配送料を追加する際に、小売料金を有効にできます。

USPSの配送料自動計算を有効にするための要件

USPSで配送料自動計算を有効にするには、以下の要件を満たしている必要があります。

  • ストアで、プレミアムまたはPlusのプランに加入している必要があります。スタンダードプラン以下を利用している場合は、月額手数料を支払ってこの機能を追加するか、月単位の請求から年単位の請求に切り替えることができます。詳しくは、Shopify サポートにお問い合わせください。
  • アメリカに所在するフルフィルメントロケーションを所有している必要があります。

ステップ1:USPSアカウントを連携させる

  1. [配送業者アカウント] セクションで、USPSを配送業者として追加します。

    • 配送業者アカウントを追加していない場合は、[配送業者のアカウントを連携する] をクリックしてから、USPSの横にある [アカウントを連携する] をクリックします。
    • 既に有効な配送業者アカウントを追加している場合は、[配送業者を管理する] をクリックしてから、USPSの横にある [アカウントを連携する] をクリックします。
  2. [USPSと連携] ダイアログで、[USPSの商用料金] を選択して、交渉済みのUSPS料金を有効にします。USPSと料金交渉していない場合は、[USPSの小売料金] を選択します。

  3. [保存] をクリック

ステップ2:配送業者の計算済み配送料をテストする

外部サービスの配送業者のシステムを管理画面に接続した後、アカウントを統合できたかどうかテストし、管理画面内で特定のパッケージの種類、サイズ、配送先を入力して計算済み配送料をプレビューできます。

テスト中に表示される配送料はサンプル料金であり、チェックアウト時にお客様に表示される配送料とは異なる場合があります。

ステップ3:配送業者の計算済み配送料を設定する

USPSの計算済み配送料がチェックアウト時にお客様に表示されるように設定します。

USPSの配送料自動計算を無効にする

今後、USPSの配送料自動計算を使用しない場合は、管理画面から配送業者アカウントとの連携を解除することができます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す