マーケティングアプリのデータ共有

外部マーケティングアプリの一部はShopifyと統合されており、それぞれのマーケティングチャネルのマーケティングデータを共有します。このデータは、マーケティングキャンペーンのパフォーマンスを測定する際に、マーケティング属性レポートの正確性と完成度を高めるのに役立ちます。このデータには、以下の情報が含まれます。

  • キャンペーン名、費用、クリック数、インプレッション数、開始日、終了日など、マーケティングチャネルで掲載されている広告キャンペーンの詳細
  • お客様が表示またはクリックした広告
  • お客様が受信、開封、またはクリックしたメール
  • お客様が受信またはクリックしたSMSメッセージ

対応しているマーケティングアプリ

次のマーケティングアプリは、Shopifyとのマーケティングデータの共有に対応しています。

データ共有のためにアプリを接続する

外部のマーケティングアプリから管理画面にデータをインポートするには、管理画面にそのアプリをインストールし、マーケティングアプリのアカウントをShopifyに接続する必要があります。

KlaviyoMailchimpからのお客様のイベントデータを管理画面で共有するには、さらなる手順が必要です。

Klaviyoのデータ共有を設定する

ストアにKlaviyo: Email Marketing & SMSアプリをインストールしてから、Klaviyoのドキュメント「How to sync data from Klaviyo to Shopify」を参照して、お客様情報を同期し、データ共有を設定します。

Mailchimpのデータ共有を有効にする

Mailchimp: Email Marketingアプリをストアにインストールしてから、アプリの権限を更新して、データ共有を有効にします。

手順

  1. 管理画面から、[設定] > [アプリと販売チャネル] の順に移動します。
  2. [Mailchimp: Email Marketing][アプリを開く] の順にクリックします。
  3. [データアクセスを更新する] ページで、[更新] をクリックします。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す