Google広告のコンバージョントラッキング

Google広告コンバージョントラッキングを使用して、ユーザーが広告をクリックした後のウェブサイトでのアクションを追跡できます。たとえば、Google広告のコンバージョントラッキングが設定されていると、どのGoogle広告がオンラインストアで最も売上を生み出しているかを確認できます。

ShopifyでGoogleショッピングアプリを使用している場合は、ストアのコンバージョントラッキングが重複しないようにしてください。Googleショッピングアプリを設定すると、コンバージョントラッキングイベントがGoogle広告アカウントに自動的に追加されます。テーマコードの編集や外部のアプリを介してカスタムGoogleコンバージョントラッキングを設定した場合、ストアにコンバージョントラッキングイベントが重複している可能性があります。コンバージョントラッキングが重複すると、不正確なレポートデータや広告の最適化に関する問題が発生する可能性があります。カスタムトラッキングを設定すると、Google広告アカウントからの重複するコンバージョントラッキングイベントを無効にできます。コンバージョン設定の詳細については、Google広告ヘルプをご覧ください。

必要事項

このガイドに従って進める前に以下が必要です。

  • Google広告アカウントを持っている
  • Google広告を使用して広告を掲載している、または掲載予定

Google広告のコンバージョントラッキングを設定する

Google広告のコンバージョントラッキングを設定するには、コンバージョンアクションを作成し、グローバルサイトタグをインストールして、イベントスニペットを追加する必要があります。購入をトラッキングする場合は、購入額に基づいてコンバージョンの値を調整するためにイベントスニペットを編集する必要があります。

ステップ1: Google広告でコンバージョンアクションを作成する

Google広告のコンバージョントラッキングを設定するには、Google広告の説明に従ってコンバージョンアクションを作成します。

最も一般的な種類のコンバージョンアクションは購入を追跡することです。購入を追跡し、オンラインストアで売上を生み出す上でその広告がどの程度効果的かを確認するには、カテゴリーを購入または販売に設定し、値に各コンバージョンに異なる値を使用するを設定します。

コンバージョンアクションの作成が完了したら [作成して続行] をクリックします。

ステップ2: グローバルサイトタグをインストールする

コンバージョンアクションを作成したら、Shopifyテーマコードにグローバルサイトタグをインストールする必要があります。

手順:

  1. Google広告でタグを設定するに移動したら [自分でタグをインストールする] をクリックします。
  2. グローバルサイトタグセクションで、適用するオプションを選択します。生成されるコードは、選択内容によって異なります。
  3. グローバルサイトタグをコピーします。
  4. 別のブラウザーウィンドウで、管理画面を開き [オンラインストア] をクリックします。
  5. [アクション] > [コードを編集] をクリックします。
  6. あなたのtheme.liquidファイルを開きます。
  7. 初めてグローバルサイトタグをインストールした場合は、コピーしたグローバルサイトタグを<head></head>タグの間にペーストして、ストアのすべてのページにそのタグを適用します。
    コンバージョントラッキングステップ2b
    すでにインストールしたグローバルサイトタグを編集する場合は、グローバルサイトタグをtheme.liquidファイルに配置し、Google広告で提案されているコードを変更してください。
  8. [保存] をクリック

ステップ3: イベントスニペットをインストールする

グローバルサイトタグをインストールしたら、チェックアウトページにイベントスニペットを追加する必要があります。イベントスニペットは、広告がクリックされた後にオンラインストアのチェックアウトページがアクセスされるたびにコンバージョンを追跡します。

手順:

  1. Google広告のイベントスニペットセクションで [ページの読み込み] を選択します。
  2. イベントスニペットコードをコピーします。
  3. 別のブラウザーウィンドウで、管理画面を開き [設定] > [チェックアウト] をクリックします。
  4. 注文処理セクションの追記事項テキストボックスにイベントスペニットをペーストします。追記事項テキストボックスに既にコードがある場合は、既存のコード下の新しい行にイベントスニペットを追加します。
  5. お客様がチェックアウトページを再読み込みすると、Google広告で重複したコンバージョンが記録されることがあります。重複したコンバージョンを防ぐには、イベントスニペットの前後にタグを追加して、お客様ごとに1回トリガーするようにします。

    1. スニペットの前の行に{% if first_time_accessed %}をペーストします。
    2. スニペットの後の行に{% endif %}をペーストします。
  6. デフォルトの通貨はUSDです。アメリカドルで売っていない場合、イベントスニペットの'USD''{{ shop.currency }}'に置き換えます。

  7. デフォルトの取引IDは空白です。Google広告で重複したコンバージョンが記録されないようにするには、「transaction_id」の横の'''{{ order_number }}'と置き換えます。

    Google広告コンバージョントラッキングのイベントスニペット設定

  8. [保存] をクリック

ステップ4: コンバージョン値を動的にする

追跡しているコンバージョンアクションがオンラインストアでの購入の場合、各コンバージョンの値は異なります。

たとえば、明子さんがアパレルストアを所有していて、Google広告で、時計コレクション用とTシャツコレクション用の2つの広告を掲載しているとします。両方の広告がオンラインストアで同様のクリック数と売上をもたらしていますが、時計コレクションの広告をクリックしたユーザーによる購入金額がより高くなります。これは、その広告をクリックした後に購入される商品がより高価であるためです。明子さんは、この情報を使用して広告費用をどのように使うかを決定します。

コンバージョンごとに異なる値を追跡するには、各取引に固有の値を使用するようにイベントスニペットを編集する必要があります。

手順:

  1. 管理画面を開き、[設定] > [チェックアウト] をクリックします。
  2. 注文処理セクションの追記事項テキストボックスで、ステップ3: イベントスニペットをインストールするで追加したイベントスニペットを探します。
  3. value」で始まる行を以下のスニペットのいずれかに置き換えます。

    1. コンバージョンの額から税と送料を除外するには、以下のスニペットに置き換えます。
      「value」: {{ checkout.subtotal_price | money_without_currency }}、
    2. コンバージョンの額に税と送料を含めるには、以下のスニペットに置き換えます。
      「value」: {{ checkout.total_price | money_without_currency }}、

    行を置き換えると、スクリプトは以下の例のようになります。

    Google広告のイベントスニペット設定

  4. [保存] をクリック

タグが機能していることを確認するには、Google広告アカウントのコンバージョンアクションページでトラッキングステータスを確認します。コンバージョントラッキングタグが確認済みとして表示されるまでに数時間かかる場合があります。

リマーケティングを設定する

リマーケティングは、広告の対象を過去にストアに訪問したユーザーにするのに役立ちます。動的リマーケティングは、サイトで閲覧した特定の商品に基づいて、広告の対象をストアの訪問者とします。リマーケティングと動的リマーケティングの設定は、Google広告アカウントを通じてほとんど完了します。リマーケティング動的リマーケティングに関するGoogleの設定ガイドをご覧ください。

手順:

  1. 広告にログインします。
  2. [キャンペーン] をクリックします。
  3. [最初のキャンペーンを作成する] をクリックします。
  4. 左側のサイドバーの [共有ライブラリー] オプションをクリックします。
  5. オーディエンスセクションで [表示] をクリックします。
  6. [リマーケティングを設定する] ボタンをクリックします。コードのブロックが届きます。
  7. コードをメールで受け取るためにメールアドレスを入力します。
  8. コードを受け取ったら、それをコピーします。
  1. [theme.liquid] をクリックし、エディタで開きます。
  2. Googleから受け取ったコードを</body>HTMLタグ

    theme.liquidの下テンプレート
    上の空白行に貼り付けます。

  3. [保存] をクリックします。Narrative以外のShopifyテーマを使用している場合、手順はこれで完了です。Narrativeを使用する場合、次の手順を完了します。

  4. Narrativeテーマを使用している場合、Googleリマーケティングコードがウェブサイトのフォーマットに影響しないようにするために、いくつかのCSSを追加する必要があります。

    1. [アセット] フォルダーで、[theme.scss.liquid] をクリックします。
    2. ファイルの下部に以下のコードを貼り付けます。
iframe[name="google_conversion_frame"] {
   display:none;
 }

3. [保存] をクリック

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す