B2Bでのチェックアウトとアカウント

B2B (ビジネス間) およびDTC (直接販売) のお客様は、オンラインストアで異なるお客様アカウントを持っています。B2Bのお客様がB2Bの注文を行い、オンラインストアに反映された価格表や、アカウント内の会社情報とロケーション情報にアクセスするには、新しいB2Bのお客様アカウントエリアにログインする必要があります。

B2Bのお客様のログインを設定する

B2Bのお客様は、新しいお客様アカウントを使用してログインする必要があります。このお客様アカウントのバージョンにおいて、お客様はメールアドレスに送信されるワンタイムコードを使用してログインします。DTCとB2Bのお客様の両方が、新しいお客様アカウントを使用してログインできます。顧客体験は、メールアドレスに関連付けられているお客様プロフィールの種類によって異なります。

  • お客様のメールアドレスがB2Bのお客様プロフィールに関連付けられている場合、お客様はB2Bの顧客体験にアクセスできます。
  • お客様のメールアドレスがDTCのお客様プロフィールに関連付けられている場合、お客様はDTCの顧客体験にアクセスできます。
  • お客様のメールアドレスが既存のお客様プロフィールに関連付けられていない場合、新しいお客様プロフィールが作成され、お客様はDTCの顧客体験にアクセスできます。

B2Bのお客様に新しいお客様アカウントへのアクセスを提供する方法は、ニーズと設定に応じて選択できます。

新しいお客様アカウントが使用されるよう、オンラインストアの設定を更新して、B2Bアクセスを提供する

新しいお客様アカウントを使用するよう設定を更新すると、その内容はDTCとB2Bの両方のお客様に対して適用されます。これにより、すべてのお客様が同じプロセスを使用してオンラインストアにログインできるようになります。

従来のお客様アカウントを使用する既存のDTCのお客様も、メールアドレスのみを使用して新しいお客様アカウントにログインし、新しいお客様アカウントで注文履歴を確認することができます。この設定を更新しても、従来のお客様アカウントが無効化されたり削除されたりすることはありません。従来のお客様アカウントは引き続き有効であり、お客様は従来のお客様アカウントのURLで、メールアドレスとパスワードを使用して今まで通りにログインできます。

現時点で次の機能は新しいお客様アカウントでサポートされていません。

  • マルチパスを使用したログイン
  • 従来のお客様アカウントに依存する外部アプリ
  • チェックアウト設定で、お客様アカウントページのスタイル、色、フォント以外のカスタマイズを行うこと

専用のB2Bストア、または前述の機能に依存しないB2BとDTCのお客様の両方から注文を受ける混合ストアに関しては、新しいお客様アカウントが使用されるよう、オンラインストアの設定を更新してください。

ストアがこれらの機能に依存している場合は、B2Bのお客様がログインできるように他のオプションのいずれかを選択することを検討してください。

手順:

  1. 管理画面から、[設定] > [チェックアウトとアカウント] の順に移動します。
  2. [お客様アカウント設定] セクションで、お客様にどこでログインしてもらうかを選択します。以下のいずれか、または両方を選択できます。

    • お客様がオンラインストアからログインしてチェックアウトできるようにする:このオプションを選択すると、オンラインストアにログインリンクが表示されます。リンクは通常、ストアのヘッダーに配置されますが、テーマによって配置が異なる場合があります。ログインリンクはチェックアウトページにも表示されます。
    • すべてのお客様に対してチェックアウト前にログインを要求する:このオプションを選択した場合、お客様はチェックアウト画面にアクセスする前にログインする必要があります。
  3. [ログインの手順] セクションで、[新しいお客様アカウント] を選択します。

  4. [保存] をクリックします。

  5. お客様アカウントを指定する外部ドメイン名に基づいてサブドメインを作成します。

オンラインストアのメニューにURLを手動で追加する

新しいお客様アカウントが使用されるようオンラインストアの設定を更新することなく、B2Bのお客様にオンラインストアでログイン画面を表示したい場合には、新しいお客様アカウントのURLをオンラインストアのメニューの別の場所に追加し、B2B専用のラベルを付けます。たとえば、新しいお客様アカウントにリンクするオンラインストアのフッターに卸売リンクを追加します。

手順:

  1. 管理画面から、[設定] > [チェックアウトとアカウント] の順に移動します。
  2. [お客様アカウントのURL] セクションで、[新しいお客様アカウント] のURLをコピーします。
  3. [新しいお客様アカウント] のURLを使用するオンラインストアのメニューにメニュー項目を追加します。

ログインURLをB2Bのお客様に直接共有する

ログインページへのリンクは、B2Bのお客様との直接的なやり取りや、お客様向けに作成したリソースを通して共有できます。

手順:

  1. 管理画面から、[設定] > [チェックアウトとアカウント] の順に移動します。
  2. [お客様アカウントのURL] セクションで、[新しいお客様アカウント] のURLをコピーします。
  3. B2Bのお客様にURLを共有します。

B2Bウェルカムメールを送信する

B2Bのお客様には、いつでもB2Bウェルカムメールを送信できます。このメールには、お客様がログインに使用できるリンクが含まれています。

注文する

お客様は通常通りカートに追加する商品を選択します。ただし提供される価格は、その会社に割り当てた価格表で指定した価格になります。

注文を行うために、お客様は以下の手順を実行します。

  1. オンラインストアに移動し、ログインボタンをクリックします。
  2. 自身のメールアドレスを入力します。メールで送信される6桁のログインコードを入力して、アカウントにアクセスします。
  3. アカウントで、[ストアに移動する] をクリックします。
  4. 購入先の会社のロケーションを選択します。
  5. オンラインストアで、お客様は商品を選択してカートに追加します。提供される価格は、その会社のロケーションの価格表で指定した価格になります。
  6. [チェックアウト] をクリックして購入を完了すると、決済ページに移動します。決済ページでは、会社プロフィールの情報に従って、配送先住所と請求先住所が事前入力されています。お客様は、決済の詳細以外の情報を入力する必要はありません。
    • 会社のロケーションの決済期間が [決済期間がありません] に設定されている場合、クレジットカード情報を入力します。注文を確認したら、[今すぐ支払う] をクリックして注文を完了します。注文を確認したら、[今すぐ支払う] をクリックして注文を完了します。
    • 会社のロケーションの決済期間が [支払い期間] に設定されている場合、[送信する] をクリックします。注文は [注文管理] ページに表示され、注文の決済状況[決済保留中] として設定されます。
    • 会社のロケーションの注文が、[チェックアウト時に下書き注文のみを許可する] に設定されている場合、お客様は [承認のために送信する] をクリックします。注文は [下書き] ページに表示され、下書き注文ページで [注文を作成] をクリックするか、請求書を送信した後にお客様が支払いを送信した場合にのみ完了します。

チェックアウトが完了すると、お客様は [注文状況] ページに移動します。会社のロケーションに期間が設定されている場合は、期日が表示されます。

注文を確認する

お客様が行った注文は、お客様のアカウントで追跡することができます。注文は、以下のパラメーターに従って絞り込むことができます。

  • 注文日付
  • ご注文番号
  • 注文状況

B2Bのお客様が決済期間を指定して注文を行う場合、お客様は請求書の期限前に支払うことを選択できます。

手順:

  1. オンラインストアに移動し、ログインボタンをクリックします。
  2. 自身のメールアドレスを入力します。メールで送信される6桁のログイン番号を入力して、アカウントにアクセスします。
  3. アカウントで、支払い予定の注文をクリックします。
  4. 注文ページで、[今すぐ支払う] をクリックします。
  5. 支払い情報を入力し、[今すぐ支払う] をクリックします。

アカウント情報を更新する

手順:

  1. オンラインストアに移動し、ログインボタンをクリックします。
  2. 自分のメールアドレスを入力します。ログインコードが記載されたメールを受け取ったら、6桁の数字を入力してアカウントページにアクセスします。
  3. アカウントページで [アカウント] をクリックし、次に [アカウント情報] をクリックします。
  4. お客様の名前を編集するには、[プロフィール] セクションの [編集] をクリックします。名前のみ更新できます。アカウントページから、お客様がログインに使用するメールアドレスを変更することはできません。
  5. 会社のロケーション情報を確認するには、[ロケーション] セクションのメニューからロケーションを選択します。
  6. 住所を編集するには、[住所] セクションの [編集] をクリックします。住所を編集するには、ロケーションの管理権限が必要です。権限、他のB2B購入者、選択したロケーションの決済期間が表示されますが、変更することはできません。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す