Shopifyストアの開店準備をする

ストアを公開する前に、いくつかのテスト注文を行って、チェックアウトプロセスの仕組みを確認します。準備が整ったら、ストアのパスワードを削除して、ストアを公開します。

テスト注文を実行する

テスト注文を行うことで、ストアで以下の部分の設定が、正しく機能していることを確認できます。

テスト注文には請求が発生しません。ストアの設定中に、または決済設定を変更するたびに、テスト注文を少なくとも1回行う必要があります。

このセクションでは、Shopify ペイメントを使用して行った注文をテストする方法について説明します。Shopify ペイメントを使用していない場合、以下の2つの方法でテスト注文を行うことができます。

テストモードを使用

手順:

  1. Shopify ペイメントセクションで、[編集] をクリックします。

  2. [テストモードを使用] をクリックします。

  3. 保存をクリック

成功する取引シミュレーションを行う

手順:

  1. オンラインストアに移動します。

  2. カートに商品を追加します。

  3. 商品を購入するお客様と同じようにストアのチェックアウトプロセスに従います。チェックアウト中にクレジットカードの詳細情報を要求される場合、以下の情報を使用します。

  • カード名: 少なくとも単語を2つ入力します。
  • 有効期限: 将来の日付を入力します。
  • CVV: 任意の数字を3桁入力します。
  • カード番号: 以下の番号を使用します。
クレジットカードの詳細をテストする
カードタイプ テスト番号
Visa 4242424242424242
Mastercard 5555555555554444
American Express 378282246310005
Discover 6011111111111117
Diners Club 30569309025904
JCB 3530111333300000

失敗する取引のシミュレーションを行う

チェックアウト中にお客様に表示されるクレジットカードのエラーメッセージを確認する場合、以下のように複数の異なる取引失敗シミュレーションを行うことができます。

  • クレジットカード番号4000000000000002を使用すると、カード拒否のメッセージが生成されます。
  • クレジットカード番号4242424242424241を使用すると、不適切な番号のメッセージが生成されます。
  • クレジットカード番号4000000000000259を使用すると、異議が申し立てられた取引のシミュレーションを行います。
  • 13などの無効な有効期限の月を使用すると、無効な有効期限の月のメッセージが生成されます。
  • 過去の有効期限の年を使用すると、無効な有効期限の年のメッセージが生成されます。
  • 2桁のCVV番号を使用すると、無効なCVVのメッセージが生成されます。

オンラインストアのパスワードを削除する

ストアを公開する準備ができたら、オンラインストアのパスワードを削除することができます。

手順:

  1. 管理画面から、[オンラインストア] > [各種設定] に移動します。

  2. パスワードページセクションで、[パスワードページを有効にする] オプションのチェックを外します。

  3. 保存をクリック

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す