Shopify Plusの公開チェックリスト

このチェックリストでは、Shopify Plusを公開する際の重要なマイルストーンに関するガイダンスとリソースを得ることができます。各トピックには、詳細内容とリソースのリンクが含まれています。このチェックリストを印刷するか、PDF形式でダウンロードすると、設定プロセス中に参照するのに役立ちます。

サポートが必要な場合は、Shopify Plusサポートチームにお問い合わせください。

開始する

管理画面の詳細を確認して、ストアにスタッフを追加します。

データを移行する

データを移行する前に、データ移行に関するドキュメントを確認してください。以下に示しているオプションを使用して、データを移行できます。

データ移行オプション
移行オプション 説明
CSVのインポート 管理画面から直接CSVファイルを使用して、商品お客様をインポートします。このオプションは、よりシンプルな商品カタログと小規模のお客様リストに最適です。
移行の外部アプリ データ移行の外部アプリを使用してデータを移行すると、CSVをインポートする際にフィールドマッピングについて試行錯誤する必要がなくなります。
移行サービス LitExtensionCart2Cartといった外部の移行サービスを使用すれば、データの移行をさらに迅速かつ簡単に行うことができます。移行サービスパートナーについて、詳しくはShopify Plus Partners Directoryをご覧ください。
カスタム統合 ShopifyのPlusストアを公開するために、エージェンシーや開発者チームに協力してもらっている場合は、Shopify APIを使用し、自社でカスタム移行ソリューションを作成することを検討してください。開発者が使用できるAPIは、RESTまたはGraphQLです。

商品、お客様、注文履歴のデータをインポートする順序は重要です。Shopifyでお客様の取引履歴すべてに必ずアクセスできるようにするには、以下にある移行順序のとおりに行う必要があります。移行された注文は、関連する商品およびお客様にも紐付けされます。

1. 商品を移行する

商品データを移行すると、すべての商品リスト、商品バリエーション、商品コレクションが、Shopifyに入力されます。商品をインポートする前に、Shopifyストアのコレクションの準備を整え、移行の際に適切なコレクションに商品を割り当てることを検討してください。

デフォルトの商品リストにはない情報フィールド (有効期限など) は、メタフィールドを使用して商品に追加できます。

2. お客様データを移行する

お客様データを移行すると、お客様の記録はすべて管理画面で閲覧できるようになります。お客様データには、お客様の連絡先情報、住所、マーケティングに関する希望内容などの情報が記録されています。

お客様プロフィールにデフォルトで記録されていない情報 (生年月日など) は、メタフィールドまたはタグを使用してお客様プロフィールに追加できます。

3. 注文履歴を移行する

商品販売およびお客様の購入履歴に関する情報は、注文データを移行することで、Shopifyストアに確実に移行されます。少なくとも、ストアの返品ポリシー期間内のすべての注文履歴を移行しておけば、まだ返品したり交換したりできる注文の注文履歴にお客様がアクセスできます。ただし、インポートする注文は過去2~5年間のものとすることをおすすめします。

ストアで新しい注文を受注するたびに、新規注文通知が届きます。注文をインポートした場合も、それぞれに対して新規注文通知を受け取ります。

大量の注文履歴をストアにインポートする際に、各注文に対して通知を受け取りたくない場合は、管理画面の [設定] > [通知] で新しい注文通知を無効にするか、Shopify Plusサポートに連絡して一時的に通知を無効にできます。外部アプリを使用して注文をインポートする場合は、手順についてアプリ開発者にお問い合わせください。

4. ギフトカードを移行する

以前のストアで使用できるギフトカードを移行する場合、Shopifyストアを公開する直前に、ギフトカードのデータをShopifyに移行する必要があります。Shopifyではギフトカードを編集したり、削除したりできません。そのため、ギフトカードのデータをインポートしてから、以前のストアでお客様がギフトカードを使用した場合、ストアオーナーはShopifyでギフトカードを更新することができません。

ギフトカードを移行する前に、以下の検討事項を確認してください。

  • ギフトカード番号は暗号化されています。ギフトカードを作成すると、管理画面には最後の4桁だけが表示されます。ギフトカード番号の記録を保存しておきたい場合は、外部データベースを使用する必要があります。
  • ギフトカードは無効にできますが、削除はできません。元のギフトカードが無効になっていても、後日そのカードと同じギフトカード番号を再び使用することはできません。
  • お客様のメールアドレスが割り当てられた既存のギフトカードをインポートする際にお客様に通知が届かないようにするには、Shopify Plusサポートに連絡して、ギフトカード通知メールを一時的に無効にします。

また、ギフトカード移行の外部アプリを使用して、既存のギフトカードすべてをShopifyに移行することもできます。

5. その他のデータを移行する

ビジネスニーズに応じて、その他のデータを移行する必要が生じる場合があります。移行に関するご相談は、Shopify Plusサポートチームにお問い合わせください。データ移行の外部アプリを使用して、ディスカウントやブログのデータを移行できます。

コンテンツを作成してアップロードする

ページやブログ記事などのコンテンツを作成し、ファイルと画像をアップロードします。また、メタフィールドとメタオブジェクトを使用して、Shopifyストアをカスタマイズします。

ページ

よくある質問、会社概要、お問い合わせなどのページを、オンラインストア用に作成できます。Shopify Theme Storeのテーマを使用している場合、Online Store 2.0のテーマを使用できます。このテーマによって、セクションとブロックを使用して独自のページテンプレートを作成できます。

ブログ

Shopifyにはコンテンツ管理システムがあるため、異なるブログそれぞれに、さまざまなブログ記事を掲載してブログを作成し、お客様と関わることができます。Shopifyには、ウェブページ上にメタタイトルや説明などを記載することができる機能もあります。以前のブログURLのリダイレクトを設定することもできます。

ファイルと画像をアップロードする

メディアとコンテンツがファイル要件を必ず満たすようにしてください。

メタフィールド

メタフィールドを使用すると、デフォルトでは管理画面に取り込まれない特定の情報を保存することができ、Shopifyストアの機能や外観をカスタマイズできます。メタフィールドを使用すると、内部追跡し、オンラインストア上で特定の情報をいろいろな方法で表示できます。

メタオブジェクト

テーマカスタマイザーでメタオブジェクトエントリーを表示するには、Online Store 2.0のテーマまたは互換性のある外部サービスのテーマが必要です。

通知

データを整理する

タグを使用して、お客様、商品、注文を整理します。コレクションを使用して商品をグループ化し、メタフィールドを使用して自動コレクションを作成します。

コレクション

コレクションで商品をグループ化して、お客様がカテゴリー別に商品を探しやすくなるようにすることができます。お客様用にオンラインストアで外部向けのコレクションを表示させるか、免税商品コレクションの作成など、ストアオーナーやスタッフ用に内部向けのコレクションを使用するかを選択できます。

お客様タグ、商品タグ、注文タグ

タグを正確に使用するために、大文字と小文字の書式とスペースを一貫して使用し、追加のタグが誤って作成されないようにしてください。

メタフィールド

APIまたはアプリを使用して、管理画面で直接メタフィールドの定義を作成して編集することができます。

管理画面を設定する

ストアの詳細を設定してスタッフを追加し、ストアを設定します。

ストアの詳細

オンラインストアの連絡先情報、法人名と住所、ストア通貨、デフォルトの重量単位を設定または変更します。

ユーザーと権限

スタッフアカウントを設定し、パートナーにコラボレーター権限を付与します。

決済方法

ストアで決済方法を設定します。ストアオーナーだけがShopifyペイメントを設定できます。

Shopifyストアを設定すると、ストアのサインインに使用するメールアドレスを使用して、PayPalエクスプレスチェックアウトアカウントが作成されます。このアカウントかご自身のアカウントを使用したり、PayPalエクスプレスチェックアウトを無効にしたりすることができます。

チェックアウトをカスタマイズする

チェックアウトのスタイルと仕組みをカスタマイズします。たとえば、チェックアウトの言語、およびお客様アカウントや特定のチェックアウトフィールドを任意または必須にするかどうかを選択できます。

チェックアウトのカスタマイズおよびチェックアウト・アカウントエディタに加え、チェックアウトの拡張機能を活用することによってもCheckout Branding APIを利用できます。

また、外部アプリを使用して、チェックアウトをカスタマイズおよび拡張することもできます。パートナーまたは開発チームは、ストア用にチェックアウトのアプリを構築できます。

お客様アカウント

配送と配達

複雑な配送要件がある場合は、Shopify App Storeで配送の外部アプリを使用できます。

税金と関税

ロケーション

Shopifyのロケーションとは、商品の販売、注文の配送またはフルフィルメント、在庫の仕入れを行うアプリや実際の場所のことを指します。

ギフトカード

デフォルトのギフトカードは、注文の支払い後にフルフィルメントを自動で行い、お客様に通知メールが送信されるように設定されています。フルフィルメント設定を変更して、ギフトカードを含む注文のすべてのアイテムのフルフィルメントを手動で行うようにすることができます。

注文のリスクレベルが中または高の場合、その注文内のギフトカードは自動的にフルフィルメントされません。注文の詳細ページで、ギフトカードのフルフィルメントを手動で実行することができます。

Markets

Shopify Marketsでは、販売を行う他の国を設定して、ビジネスを国際化させることができます。

お客様のプライバシー

販売する地域のデータ保護規制に従って、お客様のプライバシー設定を構成します。

アプリと販売チャネル

ストア設定の早い段階で、必要なアプリをインストールしてください。そうすることにより、ストアの公開前にテストを行う時間を十分に取ることができます。Shopify App Storeのアプリの使用を検討している場合、アプリの機能を慎重に確認してからインストールしてください。一部のアプリにはトライアル期間がある場合があります。不要な請求を回避するために、トライアル期間が終了する前に、アプリを必ずアンインストールしてください。

一部のアプリでは、テーマにコードが追加される場合があります。そのため、アプリを使用してテーマのコードに加えられた変更を文書化し、アプリをアンインストールするときには不要なコードを削除する必要があります。

以下のおすすめアプリを確認してください。

ドメイン

ピクセルとお客様イベント

ブランド

通知

通知のコンテンツとデザインをカスタマイズできます。Shopify Plusマーチャントは、Shopify Plusサポートにお問い合わせいただき、メール通知の無効化を依頼してください。これは、データをする場合、またはご自身のマーケティングオートメーションシステムから注文の確認や更新を送信する場合に役立ちます。

カスタムデータ

言語

多言語のストアフロントを構築する場合は、ストアに他の言語を追加できます。

ポリシー

返金ポリシー、配送ポリシー、利用規約、プライバシーポリシーなどのストアポリシーを設定できます。無料のプライバシーポリシージェネレーターも使用することもできます。

オンラインストアの設定

オンラインストアのテーマを選択し、オンラインストアの各種設定、メニューや絞り込みの設定を行います。

テーマ

Shopifyテーマストアでオンラインストアのテーマに関する詳細を確認できます。無料および有料のテーマから選択できます。テーマにはさまざまな機能があるので、大型や小型の商品カタログなど、特定のビジネスニーズにより適合させることができます。テーマのデモ版をインストールして、ご自身でテーマをプレビューできます。

ストアの要件を満たす既製のテーマが見つからない場合は、開発者やエージェンシーに協力してもらい、独自のテーマを作成することを検討することもできます。Shopifyテーマの作成ベストプラクティスの構築について、詳しくはこちらをご覧ください。

各種設定

メニュー

ストアフロントの絞り込み

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスの使用とベストプラクティスの詳細については、以下の資料をご覧ください。

Shopifyに対応しているアプリと統合

Shopifyが提供するアプリと販売チャネルの中から、オンラインストアを強化し、カスタマイズできるものを探します。

以下のShopifyアプリの使用を検討してください。これらのアプリは繰り返し実行するタスクを自動化し、チェックアウト機能をさらにカスタマイズするうえで役立ちます。

  • Launchpadは、販売、商品の発売、在庫の補充といったイベントのスケジュール、調整、公開を行うのに役立ち、その開始日と終了日を設定できます。
  • Shopify Functionsは、ディスカウント、配送、決済方法のカスタマイズに対応しています。
  • Shopify Flowは、ストア内やアプリ間でのタスクやプロセスを自動化するのに役立ち、コーディングの必要はありません。

Shopifyが提供するアプリと販売チャネルには、他にも以下のような例があります。

Shop Payの分割払い

Shop Payの分割払いを利用すると、外部サービスを必要とすることなく、お客様により多くの決済オプションを提供できます。Shop Payには分割払いが組み込まれていて、すべての分割払い決済がShopifyの支払いレポートに記載されるため、外部サービスから出力したレポートの照合作業を軽減できます。

Shopifyの税務エンジン

カスタム統合

利用できるアプリや統合を検討したものの、依然カスタムソリューションが必要な場合、Shopify APIを使用してカスタムアプリを構築するという選択肢があります。

Shopify APIのバージョニングによって、プラットフォームは継続的に改善され、開発者は今後どのようなアップグレードや廃止が行われるのかを予測できます。今後のAPI変更について、詳しくは開発者の変更ログをご覧ください。

独自アプリを開発するには以下の資料をご覧ください。

カスタムストアフロントの環境

Shopifyやパートナーが提供する販売チャネルやアプリのなかにあなたのビジネスモデルにふさわしいものがない場合は、開発者に協力してもらい、カスタムストアフロントの構築を検討できる場合もあります。

外部アプリと統合

外部アプリと販売チャネルはShopify App Storeからインストールできます。一部の外部アプリはShopify Plus Certified Appプログラムの対象になっており、これにはエンタープライズのソリューションとしてShopifyが強く推奨するアプリもあります。

多くの外部システムには、既存のコネクターアプリがあります。カスタム統合を作成する代わりに、Shopify App Storeで検索して、コネクターアプリがあるかどうかを確認してください。

カスタム統合の開発についてサポートが必要な場合は、「Shopifyに対応しているアプリと統合」をご覧ください。

エンタープライズリソースプランニング (ERP) 統合パートナー

さまざまな認定ERPアプリが、ShopifyのグローバルERPプログラム欧州ERPプログラムの対象になっており、Shopifyストアに直接統合できます。現時点でERPとShopifyを統合していない場合、ホスティング済みのコネクターをすぐに利用できる状態で提供している統合パートナーを利用し、ERPとShopifyを統合することを検討してください。

カスタム統合

Shopify APIを使用したカスタムコネクターを通して、外部サービスシステムへの接続を管理することをおすすめします。以下から、独自のアプリの構築開始に役立つリソースをご覧ください。

Shopifyは、APIのバージョニングによって、プラットフォームを継続的に進化させると同時に、開発者が今後どのようなアップグレードや廃止が行われるのか予測できるようにしています。今後のAPI変更について常に把握しておくためには、開発者の変更ログに従ってください。

カスタム統合の作成についてサポートが必要な場合は、ERP統合パートナーのリストを参照してください。

Shopify Marketsを設定する (国際化)

Shopify Marketsを設定して、越境販売を行い、ビジネスを他の国や地域にまで拡大することができます。Shopify Markets Proは、アメリカに拠点を置くビジネスのみが利用できます。

Marketsを作成して管理する

最大50か所のマーケットを設定できます。50か所を超えるマーケットがある場合、一部の国を1つのマーケットにまとめることができます。それ以外の場合は、Markets APIとの外部統合を行えます。

複数通貨向けのShopifyペイメント

チェックアウトの際に、複数通貨をいつも利用できるようにするためには、Shopifyペイメントを主な決済ゲートウェイサービスとして設定する必要があります。そのようにすると、各マーケットのお客様は、現地通貨で購入できます

配送プロファイル

翻訳とローカライズ

サブスクリプションを設定する

管理画面では、商品サブスクリプションを直接構築して管理できます。

サブスクリプションには、B2Bとの互換性がありません。

サブスクリプションを移行する

サブスクリプションを移行するには、Shopifyペイメント、Authorize.net、またはStripeを主な決済ゲートウェイサービスとして使用する必要があります。サブスクリプションの移行プロセスは、Shopifyではなく、外部アプリで行うように設計されています。そのため、移行プロセスはアプリごとに異なり、アプリ内で開始されます。

サブスクリプションアプリをカスタマイズする

チェックアウト用に独自のサブスクリプションアプリを作成することもできます。

サブスクリプションの管理

B2B on Shopifyを設定する

B2B on Shopifyは、オンラインストアを通じて、ビジネス間 (B2B) での販売を可能にするさまざまな機能です。この機能を使用すると、外部アプリや代替策を使用する必要がありません。

B2B on Shopifyに関する検討事項

B2B on Shopifyを使用する前に、以下の検討事項を確認してください。

  • B2B on Shopifyで有効なのは新しいお客様アカウントのみです。
  • サブスクリプションには、B2Bとの互換性がありません。
  • Shopify POSにはB2Bとの互換性がありません。

ShopifyのB2Bがあなたの卸売販売のニーズを満たすことができない場合は、サードパーティの卸売アプリをご検討ください。

会社を作成または移行する

B2Bカタログと数量ルールを設定する

会社に価格表を一括で追加できます。インクリメント、最小数量または最大数量などの数量ルールは、無料のShopifyテーマのバージョン8.0.0以降のみでサポートされています。

B2Bの注文履歴をインポートする

REST Admin APIを使用して、Shopify B2B以外の注文履歴をインポートできます。

ストアの公開に備える

ストアを公開する前に、ストアですべてが意図したとおりに機能することを確認する必要があります。また、URLのリダイレクトを設定し、注文のテストを行い、ドメインを設定してアプリとユーザーを確認する必要があります。

URLリダイレクト

円滑な移行を確保して、トラフィックとSEOに悪影響が及ばないようにするには、301リダイレクトを作成する必要があります。そうしないと、古いリンクで404イベント (デッドリンク) が表示されて、お客様が混乱し、検索結果に悪影響が及ぶことになります。

テスト注文

注文フローをすべて確認してください。ストアフロントでテスト注文を行い、その注文をフルフィルメントします。可能な限り多くのシナリオのテストを行います。たとえば、以下のようなシナリオでテスト注文を行います。

  • クーポンコード
  • お客様がログインした場合とログアウトした場合
  • 異なる決済方法
  • 異なる配送料
  • 異なる配送先住所 (税の計算方法には特に注意を払う)
  • 異なるデバイス
  • 取引の失敗

テスト注文を行った後、次のシナリオをテストします。

差分移行を計画する

「差分移行」とは、最初の移行用に設定した締め切り後に、古いストアに追加された新しいデータを移行することです。差分移行の実行方法は、最初の移行で使用した方法と同じです。ただし、以下の重要な要素を考慮に入れてください。

  • 差分移行のデータ量は、公開日から締め切り日までの間にどれほどの期間があるかによって異なります。2つの日付の間にどれほどの期間を設けるかについて、正解や不正解はありません。しかし、期間が短くなると、差分移行が容易になります。
  • 締め切りの後、古いストアで変更された内容については慎重に検討してください。新しい注文とお客様が存在しますが、新しい商品やコンテンツを追加した場合は、それらを新しいストアに追加し、301のリダイレクトを作成する必要がある場合もあります。
  • また、DNSの変更が反映されるまでに要する短い期間中に、古いストアで新しい注文が行われないようにすることもできます。この期間中、一部のお客様は古いストアに、また他のお客様は新しいストアに誘導される可能性があります。この期間中は、古いストアのチェックアウト機能を無効にすることを検討してください。

ユーザーと権限を確認する

公開する前に、ユーザーとコラボレーターのクリーンアップを行ってください。パートナーまたはユーザーがアクセス権を必要としなくなった場合は、公開前に削除する必要があります。

アプリを確認する

公開する前に、アプリを確認して、商品に使用されていないアプリを削除してください。たとえば、特定の機能を比較するためにいくつかの異なるアプリを追加した場合、使用しないアプリを削除します。

ドメイン

公開中にドメインの浸透期間を早めるには、公開前にドメインホスティングプロバイダーのTTLを300に減らしてください。公開する約1週間前にこれを行います。公開する準備ができたら、手順に従ってドメインを追加します。

Shopify SPF DKIMレコード

SPFとDKIMは、メールメッセージの署名を検証するために、メール送信サービスで使用されます。これにより、メールの配信率が向上し、なりすましやフィッシングのメール被害を受けにくくなります。

ストアのデータをバックアップする

Shopifyのデフォルト設定では、ストアのデータはバックアップされません。ストアを公開する前に、ストアのデータを手動でバックアップするか、外部アプリを使用してバックアップするかを検討してください。

オンラインストアを公開する

Shopifyストアを公開するには、管理画面で [設定] > [決済] に進み、Shopifyペイメントアカウントのテストモードを無効にし、以下のタスクを完了します。

オンラインストアの公開後

オンラインストアを公開したらすぐに以下の手順を踏んで、新しいストアにスムーズに移行できるようにします。

リダイレクトをテストして404エラーを修正する

サイトを公開したら、301リダイレクトを作成したリンクをテストして、404エラーが発生していないことを確認します。サイトに404エラーが発生した場合は、URLリダイレクトを作成してエラーを修正します。そうすればSEOランキングを維持することができます。

お客様アカウントの招待を送信する

注文履歴をインポートし、アカウント情報ページへのアクセスをお客様に許可する場合は、Shopifyストアで新しいアカウントを有効にし、新しいパスワードを設定するようお客様を招待する必要があります。

従来のお客様アカウントを使用している場合は、ストアでアカウントを作成する招待をお客様に送信できます。

Googleにストアのサイトマップを再送信する

ストアを公開した後、ストアのサイトマップをGoogle Consoleに再送信すると、Googleが新しいサイトの構造とコンテンツを特定し、インデックスを作成できるようになります。

Shopify Plusでビジネスを成長させませんか?

お問い合わせはこちらから