お客様リストをインポートおよびエクスポートする

Shopifyで使用するお客様リストがある場合は、お客様CSVファイルに入力して、管理画面にインポートできます。お客様CSVテンプレートを使用して、新しいお客様リストを作成することもできます。

CSVファイルを開いて編集する方法について学びます。

お客様リストにすでに存在する複数のお客様情報を編集する場合は、代わりに一括編集を使用する方が簡単です。

1MB以下のお客様CSVファイルのみインポートできます。この制限を回避するには、複数のCSVファイルを使用してお客様情報をインポートすることができます。

お客様CSVテンプレート

Shopifyはテンプレートファイルを提供しており、これをガイドとして使用して独自のお客様リストを作成し、ストアにインポートできます。お客様CSVテンプレートをダウンロードして表示するか、お客様CSVファイルフォーマットを参照して、フォーマットについて確認することができます。

新しいお客様情報を追加せずにお客様CSVテンプレートをインポートすると、2つのデフォルトのお客様情報がストアに追加されます。

  • Jane Doeはメールアドレスだけを持つお客様の例です。
  • John Doeは、メールアドレスと配送先住所を持つお客様の例です。

お客様情報のCSVを使用して既存のお客様をインポートする

お客様情報をお客様CSVテンプレートに追加するか、独自のCSVファイルを作成して、管理画面でアップロードすることができます。

1MB以下のお客様CSVファイルのみインポートできます。この制限を回避するには、複数のCSVファイルを使用してお客様情報をインポートすることができます。

お客様の情報の一部は、プラットフォーム間で転送することができません。お客様CSVに関する制限についての詳細情報は、「お客様の一般的なCSV問題についてのソリューション」をご覧ください。

手順:

  1. 管理画面で、[お客様] をクリックします。

  2. [顧客情報をインポートする] をクリックします。

  3. [顧客情報をCSVよりインポートする] ダイアログで [ファイルを選ぶ] をクリックし、お客様CSVファイルを選択します。

  4. 既存のお客様を更新する場合は [同じメールを持つ既存の顧客情報を上書きする] をクリックします。

  5. [顧客情報をインポートする] をクリックします。

CSVに追加したレコードを持つお客様は、管理画面のお客様ページに表示されます。

既存のお客様レコードをCSVファイルにエクスポートする

ストアのすべてのお客様とその詳細、またはお客様の絞り込まれたリストとその詳細のCSVファイルをエクスポートできます。

エクスポートされたCSVファイルは、Excel、Numbers、Googleスプレッドシートなどのスプレッドシートアプリで開くか、Shopifyストアを外部のCRMシステムに接続するために使用できます。

エクスポートされたCSVファイルのサイズは1MBに制限されます。

エクスポートするお客様が1ページに収まる場合 (50人のお客様まで)、CSVファイルはブラウザーでダウンロードされます。1ページ分以上のお客様 (51人以上のお客様) をエクスポートすると、CSVファイルがメールで送信されます。ストアオーナーでない場合は、そのファイルはストアオーナーのメールアドレスにも送信されます。

手順:

  1. 管理画面から、顧客に移動します。

  2. [エクスポート] をクリックします。

  3. 以下のいずれかのエクスポートオプションをクリックします。

- ストアの管理画面で表示されているお客様をエクスポートする [現在のページ] - ストアのすべてのお客様をエクスポートする [すべてのお客様] - 選択したお客様をエクスポートする [選択したお客様] - 絞り込まれたお客様リストをエクスポートする [現在の検索]

  1. エクスポートするファイルフォーマットを選択します。

- お客様CSVでスプレッドシートプログラムを使用する場合は [Excel、Numbersなどのスプレッドシートプログラム用のCSV] を選択します。 - お客様のCSVでプレーンテキストエディタを使用する場合は [プレーンCSVファイル] を選択します。

  1. [顧客情報をエクスポートする] をクリックします。

お客様CSVファイルをフォーマットする

お客様のCSVの最初の行には、お客様のCSVテンプレートの中にあるリストのヘッダーすべてが含まれている必要があります。

First Name お客様の名。
Last Name お客様の姓。
Email お客様のメールアドレス。
Company 該当する場合、お客様が使用する会社の名前。
Address1 お客様の住所の1行目。
Address2 必要に応じて、お客様の住所の2行目。
City お客様が住む市区町村。
Province お客様が住んでいる都道府県または州。このフィールドに入力した場合は [都道府県コード] も入力する必要があります。
Province Code 都道府県または州のISOコード。ShopifyはISOアルファ2コードを使用します。
Country お客様が住んでいる国。
Country Code 国のISOコード。ShopifyはISOアルファ2コードを使用します。
Zip お客様住所の郵便番号。
Phone お客様の電話番号
Accepts Marketing

お客様がメールマガジンなどのメールマーケティングの登録に同意するかどうかを設定します。有効な入力ははい、または、いいえです。

この項目では大文字と小文字が区別されます。値には小文字で入力してください。

Total Spent お客様の総支出金額。通貨記号を有効な入力に含めることはできません。このフィールドは、お客様の詳細とともにインポートされません。
Total Orders お客様の総注文数。このフィールドは、お客様の詳細とともにインポートされません。
Tags お客様をタグ付けするために使用されるタグをカンマで区切ったリスト (たとえば、タグ1、タグ2、タグ3)。
Note お客様に関する追加情報。
Tax Exempt お客様が非課税であるかどうかを示します。

お客様情報をインポートする際、CSVファイルはUTF-8フォーマットである必要があります。ほとんどのスプレッドシートアプリでは、プログラムに応じて名前を付けて保存する...またはエクスポートコマンドを使用してCSVファイルをUTF-8フォーマットで保存できます。

テキストエディタを使用してcustomerのCSVファイルを編集する

スプレッドシートプログラムをお持ちでない場合は、テキストエディタを使用してCSVファイルを編集できます。

ほとんどのコンピューターでは、テキストエディタを用いてCSVファイルを開くことができます。AtomまたはSubmit Textなどのプログラムを使用して、CSVファイルを編集またはデバッグすることも可能です。

テキストエディタを用いてCSVファイルをフォーマットするには

  • 列ヘッダー (First Name,Last Name,Email,Company,Address1など) はカンマで区切る必要があります。
  • タグを列記する場合、"tag1,tag2,tag3"のように引用符で囲む必要があります。
  • 異なるレコードは改行で区切る必要があります。

Mailchimpからお客様レコードをインポートする

Store Importerアプリを使用して、Mailchimpからお客様情報をインポートすることができます。Shopifyに連絡先リストをインポートする前に、Mailchimpから連絡先リストをエクスポートする必要があります。Mailchimpからエクスポートするお客様グループを探してから、エクスポートするフィールドを選択して整理します。

詳細については、Mailchimpからお客様をインポートすることについてのガイドを参照してください。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す