イタリアでのShopify ペイメント

イタリアに拠点を置くビジネスでは、Shopifyペイメントを使用してVisa、Mastercard、Maestro、アメリカンエキスプレス、およびUnionPayのデビットカードとクレジットカードを受け付けることができます。Apple PayGoogle PayShop Payからの支払いも受け付け可能です。

イタリアのビジネスは、BancontactiDEALを使用した決済も受け付けることができます。

イタリアでのShopifyペイメントの手数料

Shopifyペイメントの手数料はロケーションによって異なる場合があります。手数料に関する最も正確で詳細な情報を取得するには、イタリアのプランと価格のページにアクセスしてください。このページでは、選択したプランに基づいた、Shopifyペイメントに関連する料金と手数料の内訳を確認できます。

管理画面で決済手数料を確認する

すでにShopifyマーチャントである場合、ストアのロケーションおよび選択したプランに合った料金と手数料に関する情報を確認できます。

手順

  1. 管理画面から、[設定] > [決済] に移動します。
  2. Shopify ペイメントセクションで、[管理] をクリックします。
  3. さまざまな決済方法に適用される料金を確認します。

Shopify ペイメントの要件

Shopify ペイメントを使用するには、以下の要件を満たすことができるかを確認してください。

禁止されているビジネス

一部の種類のビジネスとサービスでは、Shopify ペイメントを利用できません。Shopify ペイメントを利用できるかどうか確認するには、イタリアで禁止されているビジネスの種類についてのリストを参照してください。

詳細は、Shopify ペイメントの利用規約 (TOS) に記載されています。

Shopify ペイメントの銀行口座要件

Shopify ペイメントと銀行口座を連携する前に、銀行口座が以下の要件を満たしていることを確認してください。

  • 銀行口座はEUまたはイタリアにある銀行の当座預金口座でユーロ建てです。
  • 銀行口座はSEPA送金に対応しています。
  • 銀行口座には、AT、BE、CH、DE、DK、EE、ES、FI、FR、GB、GI、IE、IT、LT、LU、NL、NO、PL、PT、SEで始まるIBANコードが設定されています。

Shopifyペイメントでは、電信送金だけを受け入れるように設定されている当座預金口座は機能しません。Shopifyペイメントは、普通預金口座、フレックス通貨口座、銀行口座を模倣した送金サービスに対応していません。Shopify以外の仮想口座には対応していますが、これらの口座では支払いの失敗リスクが高まる可能性があります。

お住まいの地域で、記述されている種類の振替を受け付けることができるかどうかを確認するには、銀行にお問い合わせください。

Shopify ペイメントの個人情報要件

さまざまな国の規制に対応するため、マーチャントは自身と自身のビジネスに関する情報を提供する必要があります。この情報は、Shopifyペイメントを使用するマーチャント (特定の法人の実質的支配者の情報を含む) を識別するために収集されます。この情報収集の目的は、マネーロンダリング、テロリストの資金調達、およびその他の金融犯罪の防止のために制定された規制要件に準拠することです。

現地の法律と規制が改正されるたびに、Shopifyとそのパートナーは、マーチャントとそのビジネスに関する追加情報を収集する場合があります。標準審査は、マーチャントとShopifyペイメントのアカウントが存続する期間中はいつでも実施される可能性があります。

Shopifyが収集しなければならない情報は国によって異なりますが、通常、以下に関する詳細が含まれます。

  • Shopify ペイメントアカウントを作成している個人
  • Shopifyペイメントアカウントに関連付けられているビジネス
  • 最終的にビジネスを所有または管理する個人 (ビジネスの法的署名権限を持つビジネス所有者または上級役員を含む)

ドキュメントを証拠として提供する場合は、認証プロセスを進めやすくするために、そのドキュメントが以下を満たしていることを確認します。

  • 記載内容をはっきり読み取れるサイズである
  • 正しく、有効である
  • 可能な限り最新の日付で更新されている
  • 完全な書類で、すべての詳細情報が確認されている
  • エラーや誤字がない
  • 提供された情報と一致する

イタリアで個人向け、ビジネス向けに認められたドキュメントのタイプには次のものが含まれます。

身元証明としてのドキュメント

  • パスポート
  • 運転免許証: 表面と裏面をスキャンしてください
  • IDカード: 表面と裏面をスキャンしてください
  • ボートの免許証
  • 武器の免許証
  • 年金手帳

住所証明としてのドキュメント

  • 居住証明書
  • 公共料金レシート
  • 銀行取引明細書

会社/法人証明としてのドキュメント

  • VAT登録
  • 登記証明書
  • 基本定款
  • 基本定款
  • 公認機関の登録と一覧
  • 財務諸表あるいはそれと同等のドキュメント

支払いを承認する

ビジネスが個人事業である場合、ほとんどの国では、Shopifyストアを作成してShopify ペイメントを有効にするとすぐに、主な決済方法すべてを受け付ける設定に自動的になります。カード手数料はストアで契約しているShopifyのサブスクリプションプランに基づいており、プランはいつでも変更できます。

イタリアを拠点とするビジネスは、Visa、Mastercard、American Express、UnionPayのデビットカードとクレジットカードを利用可能にすることができます。

イタリアのビジネスは、BancontactiDEALを使用した決済も受け付けることができます。

支払い期間

支払い期間とは、お客様の決済が確定された時点から、それらの資金が銀行口座に送金されるまでの期間を指します。お客様の支払いを確定するためのタイムスタンプは、協定世界時 (UTC) で記録されます。金曜日、土曜日、日曜日に確定された支払いは統合され、単一の支払いとして送信されます。

イタリアでの支払い期間は3営業日です。イタリアのShopifyペイメントのアカウントで支払いが可能な最低金額は、1ユーロです。この金額より少ない額の支払いは、より多くの資金が支払えるようになるまで保留状態となります。

Shopify ペイメントで決済を受け付けることについて、詳しくはこちらをご覧ください。

税務レポート

マーチャントとして、あなたは税務レポートを含むすべての適用される規制を順守する必要があります。管轄地によっては、Shopify ペイメントが販売を地方税務当局に報告する必要がある場合もあります。

Shopifyペイメントの手数料には、アイルランドを除くヨーロッパのストアに課される付加価値税 (VAT) が入っていません。VAT申告書を作成する際に、地元で適用される税率でVATを報告する必要がある場合があります。この情報を得るには、生成された請求書をダウンロードするか、取引情報が記載されたファイルをエクスポートしてください。

アイルランドでは、Shopify ペイメントの手数料に加えてさらに23%のVATが課されます。

生成された請求書をダウンロードする

毎月の請求書をダウンロードして、税申告を提出することができます。各請求書には、その月にストアで行われたすべての注文に対する取引手数料に支払われたVATの総額が含まれます。生成される請求書にはUTCが使用され、ストアのタイムゾーンとは異なる可能性があります。ストアのタイムゾーンを使用したレポートが必要な場合は、CSVファイルとしてストアの取引のリストをエクスポートできます。

毎月の請求書は翌月5日に生成されます。たとえば、6月の請求書は7月5日に生成されます。ある月にShopifyペイメントを使用した取引がない場合、その月には請求書は生成されません。

手順:

  1. 管理画面から [設定] > [決済] に移動します。
  2. Shopify ペイメントセクションで、[支払いを表示する] をクリックします。
  3. [ドキュメント] をクリックします。
  4. [税務書類] ダイアログで、ダウンロードする請求書の [PDFをダウンロードする] をクリックします。

取引をエクスポートする

ストアの取引のリストをCSVファイルとしてエクスポートできます。このCSVファイルには、ヨーロッパルのマーチャントのためにVAT列が含まれています。

手順:

  1. 管理画面から [設定] > [決済] に移動します。
  2. Shopify ペイメントセクションで、[支払いを表示する] をクリックします。
  3. [取引] をクリックします。
  4. [エクスポート] をクリックします。CSVファイルがブラウザにダウンロードされます。
  5. スプレッドシートエディタでCSVファイルを開きます。
  6. CSVファイルの最後の列には、各取引で収集されたVATの額が表示されます。
  7. SUMツールを使用して、収集したVATの総額を計算します。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す