さまざまなスタッフのスタッフの権限の選択

付与する権限のタイプは、スタッフのニーズによって異なります。ビジネスにおける典型的な職位の例と、その職位を保持しているスタッフに付与される可能性のある権限について、いくつか紹介します。これらの例を使用すると、スタッフの権限を選択するのに役立ちます。

一般スタッフの権限

このアカウントタイプは、ビジネスのニーズに応じて異なる可能性があります。スタッフに実行してもらいたい作業を決定することが重要です。たとえば、スタッフはメンテナンスを実施するか、ストアを管理するかを考えます。

スタッフが管理画面を頻繁に使用する場合は、スタッフに自身のアカウントを付与する必要があります。スタッフがShopify サポートに連絡して支援を要請する必要がある場合、スタッフ自身のアカウントにはストア内で有する権限が表示されるため、スタッフは、あなたが付与した権限に応じたサポートを受けることができます。支援を受ける間、ストアにログインするために、スタッフ自身のShopify サポート用アカウントが必要です。

たとえば、スタッフの主な業務がオンラインストアの更新である場合は、次に挙げる権限の付与を考慮できます。

  • 商品管理
  • 設定
  • テーマ
  • ブログ記事とページ
  • メニュー

販売担当スタッフ用の権限を設定する時は、代わりに次の権限の付与を考慮します。

  • 注文
  • 下書き注文
  • ギフトカード
  • 顧客管理
  • ブログ記事とページ

Shopifyのアプリのスタッフ権限

スタッフは自身のShopify資格情報を使用して、Shopifyモバイルアプリにログインすることができます。制限付きの権限を付与されたスタッフの場合は、Shopifyアプリの許可エリアのみを表示することができます。たとえば管理画面のホームページを参照する権限が付与されていない場合は、Shopifyアプリにホームボタンが表示されません。

管理画面の注文画面を表示するには、注文ページ以外の表示権限も必要です。注文画面の表示に必要となるスタッフ権限は次の通りです。

  • 注文
  • 商品管理

管理画面で上記の権限を付与されていないスタッフは、Shopifyのアプリにログインした場合も注文画面を参照することはできません。

Shopifyのアプリで販売チャネルを管理する

スタッフがShopifyのアプリ上にあるオンラインストアの一部を変更する必要がある場合、関連するオンラインストアの権限に加えてさらに権限が必要です。スタッフが販売チャネル内で変更を加えるには、特定のタスクに対する権限に加えて、ホームレポートアプリへの権限が必要です。たとえば、ブログ記事の作成や編集の必要があるスタッフには、次の権限が必要です。

  • ホーム
  • レポート
  • アプリ管理
  • ブログ記事とページ

管理画面で上記の項目に対する権限がないスタッフは、Shopifyのアプリにログインした際に、ブログ画面を表示できません。

開発者権限

開発者やコラボレーターなど、ストアの設計や設定に携わる人に付与できる権限の例は次の通りです。

  • 注文
  • 商品管理
  • テーマ
  • ブログ記事とページ
  • メニュー
  • ドメイン

一般的にこのアカウントタイプには、アカウントの詳細やストアの財務に関係する項目 (ホーム設定レポートなど) へのアクセス権を付与しません。開発者やデザイナーはコーディングを行う場所にアクセスできる必要があります (メニューテーマブログ記事とページなど)。開発者が決済サービスをテストする必要がある場合、注文にもアクセスできる必要があります。

開発者にアプリが必要になる場合がありますが、その場合は権限を事前に申請してもらうことにより、アプリの料金を知らない間に請求されないようにすることをお勧めします。同じ理由で、ギフトカードにアクセスするための権限を開発者から申請してもらうことをお勧めします。

会計担当者の権限

スタッフが必要な情報 (注文レポート、Shopify ペイメントへのアクセスを含む) を入手できるように、会計士にすべてのアクセス権を提供することを検討してください。

関連リンク

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す