ストアを一時停止または無効化する

ストアオーナーであり、ストアが対象資格を満たしている場合、管理画面でストアを一時停止するか完全に無効化することができます。

Shopifyでの販売は一時停止するが、ストアでの作業を続行する場合は、Pause and Buildプランを使用することができます。

ストアを無効にする

サブスクリプションをキャンセルして、Shopifyストアを無効にすることにより、ストアを無効にできます。

無料体験中で料金プランを選択していない場合、アカウントを無効化するための措置を講じる必要はありません。無料体験中にストアを一時停止することはできません。

メールアドレスやパスワードが思い出せずにストアを無効にできない場合は、Shopifyのログイン詳細を復元できます。

ストアの一時停止または無効化の詳細については、Shopifyサポートにお問い合わせください。

ストアを一時停止する際の考慮事項

  • Shopify Capitalを通じて資金を調達している場合、ストアを一時停止すると、Capitalアドバンスの残高に影響します。詳しくは、Shopifyサポートにお問い合わせください。
  • Pause and Buildプランは、Shopify Plusプランのストアでは利用できません。
  • ストアで有料プランを利用している場合にのみ、[Pause and Build] プランを選択できます。
  • ストアを一時停止した後に請求が発生しないように、定期請求がある外部アプリをアンインストールすることを検討してください。

ストアを一時停止して作業を続行する

Pause and Buildプランでは、月額9米ドルの減額された費用でストアの運営を続けることができます。必要なときに管理画面にアクセスして商品を編集できますが、チェックアウトは無効になっています。つまり、お客様は商品を確認できますが、購入することはできません。

たとえば、ストアが季節限定であったり、特定の期間だけ開かれていたりする場合は、Pause and Buildプランが適切な選択肢となる場合があります。

Pause and Buildプランでは、以下の操作ができます。

  • Shopify Adminにアクセスする。
  • サイトのパフォーマンスに関する基本的なレポートにアクセスする。
  • オンラインストアフロントを表示する。

ストアが一時停止している間は、オンラインストアのチェックアウト、POS、ディスカウント、チェックアウト離脱リカバリー、ギフトカードなどの機能を使用したり、FacebookやGoogleなどの外部サービスを統合して商品を公開したりすることはできません。下書き注文の請求書を送信することはできますが、お客様はチェックアウトプロセスを完了することができず、下書き注文を実際の注文に変換することはできません。

手順:

  1. ストアオーナーとしてストアにログインします。
  2. 管理画面で [設定] > [プラン] をクリックします。
  3. [ストアを無効化する] > [Pause and Build] プランをクリックします。
  4. プランの詳細を注意深く確認し、[Pause and Buildに切り替える] をクリックします。

ストアは一時停止され、サブスクリプション料金は減額されます。商品の販売を再開する場合は、新しいプランを選択していつでもストアを再開できます。

Pause and Buildプランの期間中にストアで作業する

Pause and Buildプランの期間中、お客様は商品を引き続き確認できますが、購入することはできません。カスタマーエクスペリエンスを改善するために、テーマをカスタマイズして商品価格を非表示にし、[カートに追加する] ボタンを非表示にして、ストアの一時停止中にお客様が購入を試みないようにすることができます。

ストアの一時停止中に商品を表示したくない場合は、オンラインストアをパスワードで保護することができます。こうすると、ストアの一時停止中は、商品がお客様に表示されることはありません。パスワードページをカスタマイズして、ストアの一時停止中にお客様に表示するメッセージを作成できます。

ストアの一時停止後も、すべてのアプリは引き続き有効です。アプリを一時停止したい場合は、個別にキャンセルする必要があります。

一時停止して構築した後にストアを再開する

Pause and Buildプランを選択した場合、ストア公開の停止を解除すると、そのプランは無効となるため新しいプランを選択する必要があります。ストアを再開する準備ができたら、ログインし、最適な新しいプランを選択してください。

手順:

  1. ストアオーナーとしてストアにログインします。
  2. 管理画面から [設定] > [プラン] に移動します。
  3. [プランを選択する] をクリックし、希望するプランで [プランを選択] をクリックします。
  4. プランの詳細を注意深く確認し、[プランを開始する] をクリックします。

プランを選択すると、販売を再開できます。

一時停止中のストアのパスワードを設定した場合、オンラインストアのパスワードを削除できます。

サブスクリプションをキャンセルしてShopifyストアを無効化する

オンラインストアの運営を終了したい場合、いつでもストアを無効化することができます。ストアを無効にすると、Shopifyのサブスクリプションがキャンセルされ、管理画面にアクセスできなくなります。再度ログインしたい場合は、ストアを再有効化するために有効な決済方法を入力する必要があります。

ストアストアを無効にする前の考慮事項

ストアを無効にする前に、ストアの閉鎖に関連して起こりかねない問題を防止する方法について、以下の考慮事項を確認してください。

どのストア情報およびアセットを保持するかを考慮します。

  • オンラインストアを無効にする場合、同じmyshopify.comドメインを使用する新しいオンラインストアを開設することはできません。同じ名前の新しいストアを作成することはできますが、myshopify.comドメインは各ストア固有のものです。たとえば、Very Good Thingsという名前で、URLがvery-good-things.myshopify.comのストアを無効にしたとします。新しいストアを作成することにした場合、ストア名をVery Good Thingsにすることはできますが、URLvery-good-things.myshopify.comを再利用することがはできません。
  • CSVファイルをエクスポートして、ストア情報を保存してください。
  • テーマを購入した場合は、テーマのバックアップのダウンロードを検討してください。テーマは、当初購入した際のストアにのみ使用が許可されますが、Shopifyサポートに問い合わせて、あなたが所有する他のShopifyストアにライセンスを移行することができます。

債務をどのように清算するか検討します。

  • 取引手数料、配送ラベルの請求額、アプリのサブスクリプションなど、アカウントの未払い残高は、キャンセル時に請求されます。アカウントに未払い料金が残っていなければ、最終請求書は届きません。請求書の詳細については、「Shopify請求書について理解する」を参照してください。
  • 請求履歴をエクスポートして請求書を保存します。Shopifyペイメントを使用している場合は、記録用として支払い履歴と取引をエクスポートすることを検討してください。
  • Shopify以外に支払い情報がある外部アプリが存在する場合は、ストアを無効化した後に外部から請求されないように、それらのアプリでサービスをキャンセルします。
  • Shopify BalanceShopify CapitalShopify CreditなどのShopifyの財務商品を利用している場合、ストアを無効にするとそれらの商品へのアクセスや使用に影響が及びます。

未発送の注文がある既存のお客様への影響を考慮します。

  • ギフトカードを販売する場合は、未払いのカードを解決する必要があるかもしれません。未払いのカードを解決するために必要な情報が含まれているストアのギフトカードのCSVファイルをエクスポートすることができます。
  • サブスクリプションや予約注文などの購入オプションで商品を販売する際には、未発送の注文を解決する必要がある場合があります。返金に関して詳しくはこちらをご覧ください。
  • ストアが無効になっても、カード所有者がチャージバックを発行することができます。ストアを無効にすると、チャージバックが発生した場合、管理画面から追加の証拠を提出できなくなります。

カスタムドメインへの影響を考慮します。

  • Shopifyで購入したカスタムドメインがある場合は、それを外部ドメインプロバイダーに移管できます。
  • 外部サービスから購入したカスタムドメインがある場合、管理画面でストアからカスタムドメインを削除できます。Shopifyストアを無効化する前にストアからドメインを削除しない場合、他のウェブサイトでそのドメインを使用できない可能性があります。
  • 予期しない請求を回避するために、レジストラのウェブサイトでカスタムドメインの自動更新を無効にしてください。
  • ストアを無効化してドメインを新しいプラットフォームに移管する場合、ストアを無効化した後90日間は、ShopifyのHTTP Strict Transfer Security (HSTS) ポリシーがドメインで有効のままとなることにご留意ください。このポリシーにより、あなたのビジネスとお客様に関する情報が安全に保たれます。

ドメインを、HTTPSを使用する別のプラットフォームに移行する場合、追加の手順を取る必要はありません。

HTTPSを使用していないプラットフォームにドメインを移管してから90日間は、ドメインへのアクセスがあるたびにエラーメッセージがブラウザに表示されます。エラーメッセージには、そのサイトは信頼できないというメッセージや、証明書が有効ではないというメッセージが表示されることがあります。90日の期間が経過するまで待つか、HTTPSをサポートするプラットフォームにドメインを移管することを検討してください。

手順:

  1. 管理画面から [設定] > [プラン] に移動します。
  2. [ストアを無効化する] をクリックします。
  3. 該当する場合は、オプションを確認してPause and Buildプランに切り替えるか、新しいストアを開始します。
  4. 引き続き無効化にする場合は、[ストアを無効化する] をクリックします。
  5. 無効化の理由を選択し、[続行] をクリックします。
  6. パスワードを入力し、[今すぐ無効化する] をクリックします。

ストアの無効化を確認するメールが届きます。引き続きストアを再開したり、過去の請求書を表示したりすることができ、ストアの情報は2年間保持されます。また、ストアを再開してプランを一時停止することもできます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す