POSターミナル (POS Goのカウンタートップモード)

POS Go Dockと組み合わせると、POS Goは、モバイル版POSからPOS Terminalという専用のカウンタートップ決済端末に移行します。POS Terminalは、Wi-Fiまたはイーサネットを使用して別のPOSデバイスに接続されます。

必要事項

POS Terminalを使用するには、以下の要件を満たす必要があります。

  • POS Goデバイスを持っている
  • POS Dockを持っている
  • ストアの拠点がオーストラリア、カナダ、アイルランド、イギリス、またはアメリカにある
  • Shopifyペイメントがストアの決済サービスとして有効になっている
  • 実店舗のロケーションがストアの拠点となっている国と同じ国にある
  • WPA2 Wi-Fiネットワークまたはイーサネットケーブルを使用してネットワークおよびインターネットにアクセスしている
  • iOSデバイスでPOSバージョン8.16以降のShopify POSアプリを実行している
  • POS GoとiOSデバイスの両方が、同じPOSロケーションにログインされ、同じネットワークに接続されている

POS Terminalのネットワーク要件

POS Terminalは、WiFiまたは有線のEthernet接続を使用して、ネットワークおよびインターネットに接続できます。ルーターを使用する場合は、ルーターのマニュアルを参照し、必要に応じてネットワークの設定を再構成します。POS Terminalが正しく機能するには、以下の要件を満たす必要があります。

  1. ローカルネットワーク接続

    • Shopify POSとPOS Goの両方を、同じローカルネットワークに接続する必要があります。2つのデバイスをペアリングする前に、Wi-Fiとイーサネットを設定すると、どちらも利用できます。
  2. インターネット

    • ローカルネットワークにも機能するインターネット接続が必要です。
  3. ネットワーク上のピアツーピア通信

    • POSデバイスを、ローカルネットワークのIPを使用してPOS Goに直接接続します。この接続は、この種のP2P通信がルーター設定でブロックされていない場合にのみ可能です。ブロックされた場合、POSはQRコードのスキャン中にPOS Goとペアリングされません。
    • デバイス間の通信は、さまざまな方法でブロックされる可能性があります。
      • ルーター設定の「クライアントがプライベートIPにアクセスできないようにブロックする」というチェックボックスのチェックは外す必要があります。または逆に「ゲストがお互いを確認したり、ローカルネットワークにアクセスしたりできるようにする」にはチェックを入れる必要があります。
      • ファイアウォールまたはIPフィルタリングを実行する

- ローカルネットワークでP2P通信が無効になっている可能性のある場合は、ネットワーク管理者にお問い合わせください。

  1. ポートを開く

    • ポート番号は、インターネットプロトコルで異なるサービスを指定するために使用されます。ポート番号は、ネットワークのアドレス情報の一部であり、ネットワークメッセージをデバイスの正しいアプリケーションに送信するのに役立ちます。ポート番号4443、8080、27000、27001のブロックを解除する必要があります。これらのポートは、ローカルネットワーク上でPOSデバイスとの接続を確立するために、POS Goデバイスで開かれている必要があります。
  2. POS iOSのローカルネットワーク権限

    • Shopify POS iOSアプリをデバイスに初めてインストールする際、アプリに特定の権限を付与する必要があります。POS Goとの接続を確立するには、「ローカルネットワーク」権限が必要です。設定アプリで、リストの [Shopify POS] をタップすると、ローカルネットワーク権限の切り替え画面が表示されます。
  3. UPnPルーターの設定 (任意)

    • ルーターのUPnP (Universal Plug-n-Play) を設定すると、ネットワーク上のデバイスが相互に検出できるようになります。可能であれば、POSがペアリングされているPOS Goをネットワーク上で探し接続を自動的に修復できるよう、この機能を有効にしてください。

POS Goをドッキングする

カスタマーディスプレイモードを使用するには、POS GoをPOS Go Dockにドッキングする必要があります。

POS Goをドックに入れる前に、POS Goを設定する必要があります。

手順:

  1. POS Goケースがドックに取り付けられている場合は、取り外します
  2. USB-Aに対応している電源にPOS Go Dockを接続します。
  3. 任意:Wi-Fiの代わりに有線のデータ接続を使用する場合は、イーサネットケーブルの一方の端をドックのイーサネットポートに差し込み、もう一方の端をルーターに接続します。
  4. POS Goをドックに差し込みます。画面に表示されるQRコードと手順に従って設定を行います。

POS Goをドックから取り外す

POS Goをドックから取り外すには、力を入れてPOS Goを上向きに引っ張ります。

手でPOS Goをドックから上向きに引っ張っている画像矢印は上向きの力の方向を表しています。

ネットワークの優先順位

POS Terminalでは、可能な限りイーサネット経由での接続を優先します。POS TerminalをWiFi向けに設定していた場合でも、イーサネットケーブルでドックに接続すると、POS Terminalはイーサネット接続に切り替わります。ドックからPOS Goを削除すると、Wi-Fi接続に切り替わります。

カスタマーディスプレイモードを有効にする

POS Terminalをドッキングすると、カート情報と支払い状況を表示するお客様向けディスプレイとして使用できます。

手順:

  1. カスタマーディスプレイモードを有効にするには、POS Goをドックに挿入します。
  2. Wi-Fiに接続します。
  3. 対面販売を行うストアとロケーションにログインします。
  4. [続ける] をタップします。画面にQRコードが表示されます。QRコードが表示されない場合は、右から左にスワイプし、[POSへの接続をリセットする] をタップします。
  5. POSデバイスの設定で、POS Goと同じWi-Fiに接続されていることを確認します。
  6. POSアプリで、POS Goと同じストアとロケーションにログインします。POS Goを設定します。

    1. [さらに表示する] > [設定] > [ハードウェアを設定する] の順にタップします。
    2. [カードリーダー] > [POS Terminal] の順に選択します。
    3. 設定の操作指示を確認し、[次のステップ] をタップして移動します。
  7. タブレットまたはスマートフォンのカメラを使用して、POS Goに表示されているQRコードをスキャンして設定を行います。

  8. 正常に接続されると、POSデバイスに [POS Terminalに接続済み] というメッセージが表示されます。

  9. [完了] をタップします。

POS Terminalで決済を受け付ける

カスタマーディスプレイモードでは、POS Terminalがクレジット取引やデビット取引のデフォルトのデバイスになります。

手順:

  1. POSデバイスで、POSアプリのカートにアイテムを追加し、[チェックアウト] をタップします。
  2. POS Terminalの購入者向けディスプレイでは、カードをタップ、スワイプ、または挿入するようお客様に促します。お客様が別の方法で支払いを希望する場合は、POSアプリでお客様が希望するオプションを選択します。
  3. ヒントが有効になっている場合は、利用可能な決済方法からPOS Goのクレジットカードまたはデビットカード決済を選択すると、カード決済を求めるメッセージが表示されます。
  4. Shopify POSに [決済が承認されました] のメッセージが表示されると、取引は完了です。

POS Terminalの設定にアクセスする

POS Terminalの設定パネルには、接続に関する情報が表示され、設定に以下の変更を加えることができます。

  • ネットワーク設定を変更します。
  • QRコードを使用してPOSデバイスへの再接続を開始します。
  • ネットワークステータスを表示し、ネットワーク設定を変更します。

設定パネルにアクセスするには、POS Terminalの画面の右端から左にスワイプします。

POS Terminalの待機画面をカスタマイズする

POS Terminalの待機画面に表示される画像を選択できます。

手順:

  1. 管理画面から [POS] > [設定] の順に移動します。
  2. [カスタマーディスプレイモード] セクションで、[カスタマーディスプレイモード画面エディタ] を選択します。
  3. [画像] を選択すると、ディスプレイエディタが開きます。
  4. [画像を追加] をクリックし、画像を選択します。
  5. 画像が選択されている場合、[保存] をクリックします。新しい表示画像は、全ロケーションのすべてのPOS Terminalデバイスに自動的に表示されます。

POS Terminalに利用可能なカードブランドを表示する

利用可能な決済方法を待機画面に表示することができます。

手順:

  1. 管理画面から [POS] > [設定] の順に移動します。
  2. [カスタマーディスプレイモード] セクションで、[カスタマーディスプレイモード画面エディタ] を選択します。
  3. [決済オプション] を選択します。
  4. チェックマークを入れたり外したりして、利用可能な決済方法を表示します。
  5. [保存] をクリックします。利用可能な決済方法は、全ロケーションのすべてのPOS Terminalデバイスに自動的に表示されます。

POS Terminalに表示する決済後のメッセージをカスタマイズする

取引完了時にPOS Terminalに表示される、決済後のメッセージをカスタマイズして追加できます。

手順:

  1. 管理画面から [POS] > [設定] の順に移動します。
  2. [カスタマーディスプレイモード] セクションで、[カスタマーディスプレイモード画面エディタ] を選択します。
  3. [決済後のメッセージ] を選択します。
  4. テキストボックスに、カスタムメッセージを入力します。
  5. [保存] をクリックします。カスタムメッセージは、全ロケーションのすべてのPOS Terminalデバイスに自動的に表示されます。

トラブルシューティング

接続に失敗した場合、POS Terminalには「ようこそ」画面が表示され続けます。POS TerminalとPOSアプリ間の接続に問題が生じた場合は、以下のトラブルシューティング手順を試して再接続してください。

  1. POSデバイスでPOSアプリの最新バージョンを実行していることを確認します。バージョン8.16以降が必要です。
  2. 両方のデバイスが同じネットワークに接続されていることを確認します。

    • POS Terminalとタブレットの両方がWi-Fiに接続されている場合は、同じWi-Fiネットワーク上にある必要があります。
    • POS Terminalがイーサネットに接続されている場合は、ルーターを介してPOSデバイスと同じネットワークに接続する必要があります。
  3. 両方のデバイスで同じショップとロケーションにログインしていることを確認します。

  4. POSデバイスがロックされている、再起動している、またはPOSデバイスでPOSアプリを閉じると、両方のデバイスのペアリングが解除されます。POSアプリが実行中であり、画面に表示されている限り、接続は自動的に再確立されます。

その他のトラブルシューティング

使用しているPOSがPOS Terminalから切断され、QRコードが表示されません

POS Terminalで、右から左にスワイプして設定パネルを表示し、[POSへの接続をリセットする] をタップしてQRコードを画面に表示します。

アイテムのリストが長すぎてPOS Terminalディスプレイに表示されません

カート内のすべてのアイテムを表示するには、1本の指でリストを上下にスクロールします。

使用しているPOSとPOS Terminalは同じネットワーク上にありますが接続されません

両方のデバイスが同じネットワーク上でインターネットにアクセスし、POS GoとPOSデバイスでロケーションが同じであるにもかかわらず、QRコードのスキャンがうまくいかない場合は、ネットワーク要件が満たされていることを確認してください。

また、スマートフォンのWi-Fiホットスポットなど、両方のデバイスを別のネットワークに一時的に接続することもできます。接続が別のネットワークで成功した場合、ネットワークの設定がPOSとPOS Terminalの相互通信を許可していない可能性があります。

「DNSエラーによりネットワークがブロックされました」エラーが原因でPOS Goに接続できませんでした。

「DNSエラーによりネットワークがブロックされました」というエラーが発生した場合、DNSプロバイダーがローカルIP解決をブロックしている可能性があります。ネットワーク設定を変更して、ローカルIP解決をブロックしない以下のDNSプロバイダーのいずれかを使用します。

  • ルーターでDNSを変更します。この方法では、各デバイスのDNS設定は変更されません。ルーターでDNS設定を変更する手順の例はこちらをご覧ください。
  • デバイスでDNSを変更します。iPadで、[設定] > [Wi-Fi] の順に進んで、設定するWi-Fiネットワークの横の [i] ボタンをタップします。[DNS] で、[DNSを設定] をタップし、[手動] を選択します。[サーバーを追加] をタップし、以下の各サーバーを1つずつ追加し、すべて追加してから [保存] をタップします。
    • 1.1.1.1
    • 1.0.0.1
    • 8.8.8.8
    • 8.8.4.4

POS Goのドッキングを解除し、ストアに再度ログインする必要がありました。

そのような設計になっています。POS Goは、モバイルPOSではなくリーダーに変換されます。POSに再度ログインできますが、ドッキングし直すとログアウトされます。

よくある質問

POS Terminalで利用可能な決済方法は何ですか?

以下の主要なクレジットカードおよびデビットカードのブランドは利用可能です:Visa、Mastercard、AMEX、Discover、Diner's Club、およびInterac (カナダ)

POS Terminalでは、カードのタップ、チップ、スワイプによる決済、Apple PayやGoogle Payなどデジタルウォレットの決済を処理できます。

決済手数料、支払い、レポートに影響はありますか?

いいえ。POS Terminalでの決済は、Shopifyペイメントを通じて引き続き処理されます。つまり、決済手数料、支払い、レポートに影響はありません。

イーサネット接続なしでPOS Terminalを使用できますか?

はい。ストアにイーサネットが装備されていない場合は、Wi-Fi接続でPOS端末を使用できます。このオプションでも、BluetoothではなくWi-FiでPOS Terminalをタブレットに接続するので、安定性が向上します。

ドッキングされたPOS Goバーコードスキャナーを使用するにはどうすればよいですか?

POS Goがドッキングされていると、バーコードスキャナーは使用できません。デバイスをドッキングすると、カウンタートップ設定用の専用の決済端末に変換されます。つまり、お客様向けユーティリティのみ利用可能です。

ドッキングされたPOS GoでPOSアプリを実行できますか?

いいえ。POS Goがドッキングされている場合、お客様向けユーティリティのみ利用可能です。ドックを取り外すと、カスタマーディスプレイモードが無効になり、ストアにログインして、モバイルPOSデバイスとして使用できます。

POS Terminalは安全ですか?

はい。POS Terminalは、支払い処理のセキュリティに関する業界基準に準拠しています。すべてのShopifyカードリーダーはPCIに準拠しており、EMVのベストプラクティスに従っているので、カード所有者のデータは安全であり、支払いは暗号化されています。

POS Goがドッキングされていると、ストアデータとPOSユーティリティにアクセスできません。ドッキングを解除すると、カスタマーディスプレイモードが無効になり、Shopify POSにアクセスするにはスタッフのログインが必要になります。

他のカードリーダーをPOSと併用できますか?

はい。POS Terminal、タップ&チップ、WisePad 3など、複数のカードリーダーをPOSとペアリングすることができます。チェックアウト時に、決済に使用するカードリーダーを選択するよう求められます。

USBケーブルを接続する必要がありますか?

USBケーブルの接続は必須ではありません。ただし、POS Terminalをフル充電して、いつでも決済を受け付けられる状態にしておくことを強くおすすめします。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す