支払予定期日

支払予定期日に達すると、[支払予定期日] トリガーによってワークフローが起動します。

アクション

次のアクションは [支払予定期日] トリガーによって起動するワークフローで使用できます。

支払予定期日に、支払リマインダーメールを送信するワークフローの例

このワークフロー例では、支払予定期日に、支払リマインダーメールが送信されます。

支払予定期日トリガーをテストする

このトリガーによって起動するワークフローをテストするには、決済条件に領収書の期日を指定したテスト注文を作成します。[請求書を送信] をクリックすると、支払予定に期日が設定され、ワークフローが起動します。

APIについての詳細

[支払予定期日] トリガーを使用すると、支払予定Graphql APIオブジェクトでアクションを実行できるようになります。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す