支払リマインダーを送信する

[支払リマインダー送信] アクションを使用し、[支払予定期日] ステップで、ワークフローを起動した支払予定の支払リマインダーを送信します。

トリガー

[支払リマインダー送信] アクションには、トリガーによって追加される非表示のフィールドがあります。そのフィールドである [支払予定ID] によって、支払リマインダーを送信する支払予定が識別されます。支払予定IDはデフォルトで設定されており、変更することはできません。

[支払リマインダーを送信する] アクションは、次のトリガーによって起動するワークフローで使用できます。

支払予定期日に、支払リマインダーを送信するワークフローの例

このワークフロー例では、支払予定期日に対して支払リマインダーが送信されます。

APIについての詳細

詳細については、「支払リマインダーを送信する」を確認してください。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す