待機

[待機] アクションでは、設定された時間が経過するまでワークフローの次のアクションまたは条件の実行を遅らせます。ワークフローが [待機] アクションに達すると、ワークフローにおいてそれ以降のすべてのステップは、待機期間が終了するまで遅延されます。

[待機] アクションを使用するアクティブなワークフローを変更すると、予期しない結果が生じる可能性があります。このアクションを使用してワークフローに変更を加える前に、[アクティビティ] ページを参照して、待機状態のワークフローがアクティブかどうかを確認してください。[待機] アクションのワークフローがトリガーされ、アクティブな実行が待機状態にある場合、以下のようになります。

  • 待機期間後にワークフローを編集して条件の実行やアクションを変更する場合、アクティブな実行が再開されると、元のバージョンではなく更新されたバージョンのワークフローが使用されます。
  • ワークフローを無効化または削除すると、待機状態のアクティブな実行が停止されます。ワークフローはキャンセル済みとしてマークされます。

ワークフローに関連するデータは、待機期間が過ぎた後に更新されます。ストアから取得された情報は、待機期間が終了した時点で正確な情報に更新されます。待機期間中にストアから取得された情報が変更された場合、ワークフローの再開時には、トリガーが最初にワークフローを起動した際に取得された情報ではなく、新しい情報が使用されます。

たとえば、注文が作成されると起動するワークフローにより、お客様があなたのストアで支払った合計金額が確認され、支払い額の合計が750米ドル以上の場合にはお客様タグが追加されるとします。ただし、トリガーと条件の間には [待機] アクションが追加され、7日間の遅延が指定されています。

支払い額の合計が700米ドルのお客様が、100米ドル分をさらに注文すると、ワークフローがトリガーされ、その新しい注文によってお客様の支払い額の合計は800米ドルに達します。それでも、支払い額の合計は待機期間が終了するまで確認されません。翌日、お客様が注文をキャンセルし返金を受け取った場合、情報は待機期間が過ぎた後、ストアから取得されます。お客様の支払い額の合計は700米ドルとなり、お客様タグは適用されません。

フィールド

[待機] アクションには、以下のフィールドが含まれます。

[待機] アクションで使用されるフィールド。
フィールド 説明
待機の長さ ワークフローが次のステップに進む前に遅延される時間。デフォルトでは、遅延は0秒に設定されています。時間遅延を設定するには、以下の手順を実行します。
  • 遅延する時間を入力します。この数値には、整数または2.5のような小数値を含む数値を使用できます。
  • 遅延する期間を選択します。

トリガー

[待機] アクションは、どのワークフローでも使用できます。

メールを送信する前に1日待つワークフローの例

このワークフロー例では、待機アクションを使用して、ワークフローの残りのアクションおよび条件の実行を1日が経過するまで遅らせます。1日後、注文が処理されていない場合は、メールが送信されます。

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す