商品CSVの列の説明

商品のCSVファイルの列の説明。

プラス: トランスポーターアプリは、Shopify PlusのマーチャントだけがShopifyアプリストアで利用できます。

Transporterアプリを使用して商品をShopifyにインポートするには、このレコードタイプのみを含むCSVファイルが必要です。

CSVサンプルファイル

サンプル商品のCSVファイルをダウンロードします。products.csv

Transporterのコマンドラインツールを使用してこのCSVファイルを生成する、また後述のフォーマットに従って自分で作成することもできます。

列の説明

以下の表では、CSVファイルの列ヘッダーについて説明します。

説明
Handle
(必須)
商品の固有ID。読みやすい文字列をスペースなしで指定します。通常、ハンドルは小文字の商品タイトルで、スペースや特殊文字はハイフン (-) に置き換えられます。たとえば、titan-t-shirt)。ハンドルは、オンラインストアの商品ページのURLに表示されます (例: https://titan.plus/products/titan-t-shirt)。この列は必須です。
Title
(必須)
商品の名前。たとえば、タイタンのTシャツなど。この列は必須です。
Body 商品の説明。HTMLフォーマットタグをこの説明に追加できます。たとえば、「<綿100%> </ b>で作られたこのTシャツで注目を集めること間違いありません」
Vendor 商品の販売元の名前。デフォルト値はストアの名前となっています。例: Titan Incorporated
Type 商品タイプを自動コレクションの条件として使用したり、管理画面で商品を絞り込みやすくしたりするために使用することができます。商品には商品タイプが1つしかない場合があります。
Tags 絞り込みと検索に使用されるカンマで区切られたタグの文字列。カンマで区切られた各タグに255文字まで使用できます。例: "Emotive, Flash Memory, MP3, Music"。デフォルト値は""となります
Template Suffix オンラインストアフロントが商品とそのバリエーションを表示するために使用するLiquidテンプレートのサフィックス。デフォルトのテンプレートはproduct.liquidです。サフィックスはありません。このデフォルトテンプレートを使用するには、列を空白のまま残します。別のテンプレートを使用するには、テンプレートのサフィックスの名前を入力します。たとえば、product.mysuffix.liquidという名前のテンプレートを使用する場合、mysuffixを入力します。
Published Scope

商品がShopify POSチャネルで使用可能かどうかを示します。有効な値:

  • web - 商品はShopify POSチャネルでは使用できません。
  • global - 商品はShopify POSチャネルでは使用できます。これはデフォルト値です。
それぞれの値は、大文字と小文字が区別されます
Published 商品がオンラインストアで使用可能かどうか。有効な値:
  • true - 商品はオンラインストアで使用できます。
  • false - 商品はオンラインストアで使用できません (この列がfalseに設定されている場合はPublished Atに値を指定しないでください)。
それぞれの値は、大文字と小文字が区別されます
Published At 商品がオンラインストアで利用可能になった日時 (ISO 8601フォーマット)。たとえば、2007-12-31T19:00:00-05:00Publishedfalseに設定されている場合は、この列の値を指定しないでください。
Option1 Name カスタム商品のプロパティ名。たとえば、サイズ素材など。最長: 255文字。
Option1 Value カスタム商品オプションの値。たとえば、小さい、およびウール
Option2 Name サイズ、色、素材などのカスタム商品のプロパティ名。最長: 255文字。
Option2 Value カスタム商品オプションの値。
Option3 Name サイズ、色、素材などのカスタム商品のプロパティ名。最長: 255文字。
Option3 Value カスタム商品オプションの値。
Variant SKU ストアの商品バリエーションの固有ID。ストアがフルフィルメントサービス (つまり、Variant Fulfillment Serviceが含まれている) を使用している場合、この列が必要です。たとえば、IPOD2008PINK
Metafields Global Title Tag SEO目的に使用される商品の名前 (そのバリエーションを含む)。値を指定しないと、デフォルトTitle列の値が使用されます。Metafields Global Title Tagの値は、ストアフロントの商品ページのメタタイトルタグ (<meta name='title'>) に表示されます。商品にバリエーションが含まれている場合は、バリエーションに関する情報をこのタイトルに含めます (バリエーションには別のメタタグがないため)。最大: 70文字。
Metafields Global Description Tag SEO目的に使用される商品の説明 (そのバリエーションを含む)。この列に値を指定しないと、デフォルトでボディの列の値が使用されます。メタフィールドのグローバル説明タグの値は、ストアフロントの商品ページのメタディスクリプションタグ (<meta name='description-of-product'>) で使用されます。商品にバリエーションが含まれている場合は、バリエーションに関する情報をこの説明に含めます (バリエーションには別のメタタグがない)。最大: 320文字。
Metafield Namespace メタフィールドセット用のコンテナー。メタフィールドをインポートするには、以下4つのメタフィールド列に値を含める必要があります。Metafield NamespaceMetafield KeyMetafield Value、またMetafield Value Type。メタフィールドに対してカスタムネームスペースを定義して、それらがアプリやShopifyで使用されているネームスペース (デフォルトのglobalを含む) と区別できるようにする必要があります。最長: 20文字。
Metafield Key メタフィールドの名前。この列は、他のメタフィールド列が含まれている場合に必要です。最長: 30文字。
Metafield Value メタデータとして保存する情報。この列は、他のメタフィールド列が含まれている場合に必要です。
Metafield Value Type メタフィールドの情報タイプ。有効な値:
  • string
  • integer
  • json_string
それぞれの値の大文字と小文字が区別されます。他のメタフィールド列が含まれている場合、この列は必須項目です。
Variant Grams グラム単位での商品バリエーションの重量。この列を空白のままとする場合、その値はデフォルトで0に設定されます。この値には重量の単位 (g) を含めないでください。重量がグラム以外で測定される場合、代わりにVariant Weight列を使用します。この列でVariant Weight Unit列を使用しないでください。
Variant Inventory Tracker 商品バリエーションの在庫追跡方法を表します。有効な値は次のとおりです。
  • Shopify - 在庫数の変化をShopifyが追跡します。
  • fulfillment-service-handle - 在庫数の変化をShopify外でフルフィルメントサービスが追跡します。この列の値は、Variant Fulfillment Service列の値と一致する必要があります。
それぞれの値は、大文字と小文字が区別されます
Variant Inventory Qty 販売可能な商品バリエーションの個数 (正の整数) を表します。たとえば、5。デフォルトでは0です。この列を空白のままとする場合、その値は0に設定されます。Shopifyが在庫を追跡するのでなければ (つまり、Variant Inventory Tracker列がfalseに設定されていれば)、この列は空白のままとします。在庫数量はストアのデフォルトのロケーションに適用されます。異なるロケーションにおいての在庫数量の変更については、「CSVファイルを使用した在庫のエクスポートまたはインポート」を参照してください。
Variant Inventory Policy 在庫切れの際にお客様が商品バリエーションの注文をすることができるかどうか。有効な値:
  • deny - 在庫がない場合、お客様は商品バリエーションを注文できません。これはデフォルト値です。
  • continue - 在庫がない場合、お客様は商品バリエーションを注文できます。
それぞれの値は、大文字と小文字が区別されます
Variant Fulfillment Service 注文時に商品バリエーションをフルフィルメントするフルフィルメントサービス。有効な値:
  • manual - 商品バリエーションの注文を手動でフルフィルメントします。これはデフォルト値です。この列を空白のままとした場合、この値がデフォルトで割り当てられます。
  • フルフィルメントサービスのハンドル: フルフィルメントサービスは商品バリエーションの注文をフルフィルメントします。フルフィルメントサービスを使用する場合は、Variant SKUの列も含める必要があります。
それぞれの値は、大文字と小文字が区別されます
Variant Price 商品バリエーションの価格
バリエーションの価格を比較 商品バリエーションの比較または推奨価格。
バリエーション在庫の費用 商品のバリエーションにかかる費用の記録です。
Variant Requires Shipping バリエーションを配送する必要があるかどうか。有効な値:
  • true - お客様がこの商品のバリエーションを注文する際には住所を提供する必要があります。これはデフォルト値です。
  • false - お客様の住所はオプションです。
それぞれの値は、大文字と小文字が区別されます
Variant Taxable この商品バリエーションが売れたときに課税するかどうか。有効な値:
  • true - 課税されます。これがデフォルトです。
  • false - 課税されません。
それぞれの値は、大文字と小文字が区別されます
Variant Barcode 商品バリエーションのバーコード、UPC、またはISBN番号。
Image Attachment Base64のエンコードされた画像。
Image Src

商品画像のURL (例: http://titan.plus/images/product-image.png)。HTTPではないURLはサポートされません。Transporterアプリはインポート時に画像をダウンロードし、ストアにアップロードします。画像には.png、.gifあるいは.jpgフォーマットを使用できます。画像をアップロードした後にファイル名を変更することはできません。バリエーション特有の画像がある場合、Variant Imageの列に追加します。

単一の商品に対して複数の画像をアップロードするには、各画像用に新しい行を作成します。それぞれの行のHandle列に商品のハンドル、この列に画像のURLを入力します。その画像の他の情報 (位置など) を含めるには、関連する画像の列に情報を入力します。

Image Position ストアフロントの商品ページに表示する画像の順序を表す番号を入力します。たとえば、最初に表示する商品画像には1を入力します。
Image Alt Text 画像を簡単に説明する代替テキスト。何らかの理由で画像を読み込めない場合、代わりにalt属性がストアフロントに表示されます。SEOの検索エンジンのためにも、視覚障害のあるお客様に画像を説明するための支援技術としてもalt属性が使用されています。最大で512文字です。
Variant Image 商品バリエーションの画像のURL。商品バリエーションの行のいずれかで、商品バリエーションの画像URLをこの列に入力します。商品バリエーションで表示できる画像は1つのみです。
Variant Weight 商品バリエーションの重量。この列とVariant Grams列を併用しないでください。デフォルト値は0です。値に重量単位を含めないでください。Variant Weight Unit列を使用して、重量単位を指定します。たとえば、商品の重量が100ポンド (lb) で、Variant Weight Unitlbに設定されている場合、この列には100と入力してください。
Variant Weight Unit Variant Weight列で商品バリエーションの重量に適用される測定単位。有効な値はg、kg、oz、およびlbです。デフォルト値は、ストアのデフォルト測定単位となります。Variant Weight UnitVariant Grams列を併用しないでください。
Variant Tax Code 商品のAvalara税コードこのパラメーターは、Avalara AvaTaxアプリをインストールしたストアにのみ適用されます。たとえば、物品の税コードはP000000です。

備考

ファイル名

CSVファイルの名前には、productという単語 (含まれているオブジェクトタイプの名前) を含める必要があります。たとえば、myproducts.csvです。ファイルはUTF-8フォーマットである必要があります。

商品バリエーションが複数ある場合

複数の商品バリエーションがある場合は、各バリエーションを説明する行を作成する必要があります。

商品の行:

  • オプション名の列にオプション名を入力します (例: Option1 Name)。
  • 商品バリエーションの行でオプション名を繰り返さないでください。

商品バリエーションの行:

  • Handle列に商品ハンドルを入力します。
  • オプション値の列にオプション値を入力します (例: Option1 Value)。

次の例をご覧ください。

複数のバリエーションを持つ商品のスクリーンショット

複数画像

単一の商品 (バリエーションがない) に対して複数の画像をアップロードするには、各画像用に行を作成します。それぞれの行のHandle列に商品のハンドル、Image Src列に画像のURLを入力します。その画像の他の情報 (その位置など) を含めるには、関連する列に情報を入力します (Image Position列など)。

商品バリエーションを持つ商品の画像をアップロードするには、各商品バリエーションの行を作成します。各商品のバリエーション行で、Handle列に商品のハンドルを入力し、Variant Image列に商品バリエーションのURLを入力します。商品バリエーションあたり1つの画像しかインポートできません。

次の例をご覧ください。

複数の画像と複数の商品バリエーションを持つ商品のスクリーンショット

関連リンク

Shopifyで販売を開始する準備はできていますか?

無料体験を試す